忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

最近、マラニック・ユックリジョギングばかりなので、疲れた~。。。
 
豊根村役場前を十時スタート。
豊根村にある豊根ダムのみどり湖を往復する大会だ。
秋の紅葉の季節、エメラルドグリーンのダム湖と紅葉が素晴らしいロケーションの中でハーフは疲れたけど楽しかった21㎞だった。

記録は
1時間49分02秒
順位
400人中
30位
ま、50分を切れたので良しとしよう。
 
閉会式でとよね・みどり湖ハーフマラソン
実行委員長の○藤○さんが
「来年もみどり湖マラソンに、来てくれるかな?」
そんな挨拶があったので、思わず
「お!」
と叫んだ。
来年も再来年も参加したくなる大会だ。

拍手[5回]

PR

朝晩寒さが増して、山々の紅葉も綺麗になってきた。
11月11日(土)
に、チャレンジ明神山がある。
今日は、その試走に行ってきた。
いや、今日明神山のコースを走りたいという人が、いや明神山に登りたいという人が居たので、試走をやるようになった。
 
豊橋からの人が一名電車で東栄駅に来る。
愛知県碧南市の人が車で二名とうえい温泉まで来る。
朝の8時、とうえい温泉の駐車場を出発した。
 
今日は走らない歩く。
無理はしない。
尾籠(おろう)の村に行く。そこから登山道。岩山、覗き岩からの展望が素晴らしい。
岩山から明神山までが、先週先々週の台風の影響だろうか、登山道の不可解なところが数か所、リボンをつけ進む。
岩山から1時間ぐらいたったころから天候があれだし風も強くなる、気温も下がる。
山頂には11時45分くらいか、展望台の上で昼食。曇り空で寒かった。
 
下山は三ツ瀬方面。
天気が回復してきて、気温も上がりジャンバーでは暑さを感じる。
とうえい温泉駐車場には3時半。
温泉に入り、湯上りに食事して、解散した。

紅葉もこれから、来週には今以上に素晴らしいと思います。
来週参加の皆さん楽しみにしてください(^O^)/
チャレンジ明神山2017試走
動画↓

ご苦労様でした。
来週の本番もいい天気になると、いいナ~

拍手[7回]

中学生の兄に抱かれ無邪気に笑う自分がいた。
 
私の人生のスタートは
昭和35年、
静岡県磐田郡佐久間町相月
横吹(よこぶき)
で始まった。
父親・母親・兄・姉に見守られて育っていった。
 
その兄は、今はもういない。
横吹から半場に引っ越してきて数年たった夏、中部のお祭りの時に緊急入院の連絡が来た。
出張先で吐血して救急車で運ばれた。
医者に余命宣告され、残りの命を燃やしてこの世を去って行った。
 
今、自分は生きている。
兄が命を燃やしたつくした時よりも長く生きている。
兄が生きたかった道を進んでいる。
 
未来へススメ
今日は愛知県奥三河の山
明神山
に走りに行く。

拍手[3回]

高血圧は放置すると心血管病を起こすことから、「サイレントキラー(沈黙の殺人者)」とも呼ばれる怖い病気。
健診で血圧が高いと言われても、「別にどうもないし、普段何にも感じないし・・・」と思ってしらないふりをする人が多い。
自分もその一人、検診で高血圧と診断され近くの病院の主治医にクスリを処方されたが、飲んだり飲まなかったりしていた、挙句の果ては月に一回の診察も行かなくなってしまった。
血圧も計らなくなっていた。
 
先日NHKの番組
血圧サージが危ない
そんな番組をみた次の朝、自分の血圧をはかると、な・なな何と高血圧だ~。。。。
早速、次の日の昼に近くの病院に電話し主治医の予約を水曜日にした。

高血圧の原因として
◆塩分の多い食事
◆毎日の飲酒
◆毎日の喫煙
◆ストレス
◆疲労
◆睡眠不足
◆イビキ
◆遺伝
◆糖尿病や腎臓病の合併症
◆ホルモン異常
などがある。
ショッパイの好きだからナ~。
酒も、
でもタバコはやめた。
ストレスはあるナ~、少し。
疲労、睡眠不足、無いナ~。
イビキ、寝言はよく言うと他の人に言われたことがある。
遺伝、母親がたぶん高血圧だと思う。
糖尿病・肝臓病・ホルモン異常、どうかな~。

みるからに太い人でも血圧高くない、そんな人もいる。
運動しているのに、私のように高い人もいる。
人それぞれだ。

処方されたクスリはアジルバ錠、ネットで検索したHPで、こんな言葉があった。
薬には効果(ベネフィット)だけではなく、副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。
リスクとベネフィット
こんなブログを書いたことがある。
 
良いこともあれば。 悪いこともある。
楽しいこともあれば。 泣きたいこともある。

拍手[5回]

若い奥さんが、いうことを聞かない我が子にスマートフォンを向けて
「鬼が来るゾ~」
そんな光景を見た。
今日も昨日もその前も。
何だろう?
鬼・躾・でググってみた!(^^)!
でた~
【iPhoneアプリ】鬼から電話(音声あり)

子育てで困ったときの、子育てサポートアプリだそうだ。
昔、子供たちがゆうことを聞かないとき「鬼に言いつけるよ」「お化けが来るよ」などと言われて子供を叱った。
今は、スマートフォンでリアルに電話が来る。
世の中、子育ても変わってきたもんだ。

また、こんなのもあった。
悪い子はどこだ

凄すぎる~。恐ろしい(((。・´ω`・。)))オォ怖~
ションベンチビル~~~。。。
そう言えば、秋田のナマハゲというのもある。
「悪い子は何処だ~」と、人の家にまで入って鬼が脅かす風習。

話は変わるが、遠山での「チャレンジマラニックin遠山郷」後夜祭の時
佐久間から参加したとの私に話に来た人が、佐久間町中部の出身の人で
「中部のお祭りで鬼のジャジャに追われたことが忘れられない」
と話していたことを思い出す。

小さいころの恐ろしい体験は、脳裏を離れない。
今どきの子供は、スマートフォンの鬼の話をわたしたちのような中高年になったとき、思い出として話すのだろうか。

拍手[5回]

プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 9
10 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
忍者ブログ [PR]