忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

日本の年金制度は、若い世代が支払う保険料を財源として高齢者世代に年金を給付する仕組みになっている。
世代間で支え合う仕組み、これを賦課方式という。
賦課方式では高齢者世代の生活の不安を取り除き、若い世代の今後の老後の不安や年老いた親への仕送りの心配を取り除く役割を果たしている。のだそうだ。
また、年金の運用の仕方には「賦課方式」と「積立方式」とがありそれぞれのメリット・デメリットが説明してあった。
税金・社会保障教育HP
https://www.mmea.biz/column/

半場に越してきたころの夏、消防団で盆踊りの警備をしたときの話し、私より五つくらい年上のある方が高齢の人に向かって「年金もらっている奴がエラソウコクじゃない!!」と怒鳴っている場面を目の当たりに見た。
横吹から引っ越してきた私には考えられない行為だった。高齢者は労わるものだと思っていた。町だと様々な人がいると思った。
それから数年たって、その五つくらい年上のある方は病気で亡くなった。その高齢の人は施設に入ったが元気に今も暮らしていると聞いている。

NHKの討論番組があった。団塊の世代、第二次世界大戦直後の1947年(昭和22年)~1949年(昭和24年)に生まれた人たちが60歳になり多くの人が定年退職を迎える。そんなとき。
その団塊の世代の人と団塊ジュニアの人たちとの討論番組だったと記憶する。人口ピラミッドの頂点の人たちが退職し日本はこれからどうなるのか、子を産み育てる若い世代はワーキングプアとか引きこもりなど様々な問題がある。そんな問題を若者と高齢者の間で議論する言葉のバトルだった。
多くの意見の中を割ってアナウンサーが「ちょっと待ってください」と話を遮り、あるビデオを見せた。定年退職を迎えた年代の人が豪華化客船で船旅をするシーンだ。若者の間でため息が漏れていた。
ビデオが終わり、議論が始まり、若者から非難の声が出ているときに、団塊の世代の中から女性のある人が手をあげて指名された。その人は。
「私たちは戦後の復興で多くの苦労をした、自分の金でそのような事をやって何で悪い」と、言ったのだ。場内はシーンとした。
その人の胸には教師と書いた名札が着けてあった。

今日からできる、誰にでもできる!「60歳を人生のピークに持っていく法」そのまんま東の本がある。そのまんま東の本は他に「芸人学生」も読んでいる。自分の波乱万丈の人生を面白おかしく書いてある良い著作だ。
その「60歳を人生のピークに持っていく法」の一部を抜粋する、p38中ほどから
そんな日本再生のカギは、60歳から70歳の世代の方たちが握っている。この方たちが「もう僕らは年金なんていらない。そんなのアテにしなくても、若い世代をアテにしなくても、自活して行けるよ」と言えるくらい心身共に健やかであるなら、日本もかつての勢いを取り戻していけるのではないだろうか。ほとんど破城している公的年金。この不安感が高齢者予備軍の方たちに翳りを落としているのだろうか。僕は社会人の責務として、今の高齢者を支えるために年金を納めているけれども、僕が受給者の年齢になってきてもきっと受け取ることはないだろうと思う。

昭和10年生まれの父親は60歳で年金を貰い始めた。しかし、病気ぎみの父親は佐久間病院に行き、せっせと病院にその金を納めた、病院友が沢山いた。大正15年生まれの母親は会社勤めの父親のおかげで年金をもらえていたと思う。がしかし、派手な買い物はしなかったと記憶する。私たち大家族を支える食料品の買い物の時に半額は母親が負担してくれた。

公的年金は、老後の生活の大きな支えとなるもの、日本の年金制度は賦課方式で、若い世代が支払う保険料を財源として高齢者世代に年金を給付する仕組みになっている。
働けるうちは働いて、保険も税金も納めるようにしたいものだ。

拍手[1回]

PR

近江の国とは今の滋賀県琵琶湖近くの場所を言う。近江商人とは江戸時代に大阪商人・伊勢商人とならんで全国的に活躍した商人である。
その近江商人の「三方よし」という、考え方があることを知っているだろうか。
「売り手よし」「買い手よし」「世間よし」
近江商人は、この「三方よし」の考え精神を基に商売をしてきた。自らの利益のみを求めることなく、多くの人に喜ばれる商品を提供し続け少しずつ信用を獲得していったのです。

この「三方よし」の考え精神は、多くの経営者の中でも受けつがれている、今もその精神で経営を進めている企業が日本にはある、いや世界にもある。
三方よし研究所
http://www.sanpo-yoshi.net/study/idea.html
こんなHPがある。

5月に佐中還暦同窓会を企画している。
「主催者よし」「集まる同級生よし」「会場のホテルよし」
そんな還暦同窓会になるようにしたい。
が、しかし、、、、。

拍手[5回]

今日は休みだったので天竜の針鍼灸医院に行こうと思った。


何時もはマスクはしていなかったが、テレビでも騒いでいるのでマスク着用で車に乗った。


長時間運転すると左のお尻の奥と腿の奥が痛くなる。


鍼灸医院で治療してもらうと楽になる。

街に出たついで、杏林堂によって買い物を、、、。


買い物途中、マスク姿から覗いている目が観たことのある人が。


「久しぶりです。○○さんです?私○○です」


ところが、その人は何かに怯えたような。


一歩退くように。


「はあ」


と。


周りを見ても、何時もの賑わいわなく、マスク姿の人が閑散としている。


二人は、少し離れて会話した。


「大変なものが流行って・・ネ」


「針鍼灸医院に来て腰を治療中です」


「まだ走ってるんですネ」


「ハイ」


「ボートはやっていますか」


「春になれば」

帰りの車の中、お尻の痛みはやわらいだ。


コロナウイルス、多くのものが自粛と大変な時期だ。

朝、布団の中で、甲府の病院の先生からのFBがあった。

イタリア新型コロナ:休校中の校長先生が送った手紙が秀逸

何処の国でも大変、だと思った。

早くコロナが治まって、いつもの春が待ち遠しい、です。

拍手[7回]

五年前の冬、原田橋は新原田橋の建設途中に崩落した。


佐久間駅伝の6日後の大惨事だった。


55歳の自分は当時、原田橋を渡り下川方面に走っていた。

新原田橋の建設進捗を見ながらのラン、過疎の町の希望の橋だった。


崩落した橋は取り除き、新々原田橋として下流に工事が新しい橋の工事が始まった。


長いながい工事期間を経て、完成した新々原田橋、60歳の自分は今朝走って渡った。

 

原田橋には歴史がある。物語がある。初代原田橋は原田さんの寄付で作られた。


原田久吉翁の足跡を訪ねるPDF


多くの事故もあった、犠牲者も多くいる。


もう終わりにしてほしい。


都会も山間部もライフラインは保障してほしい。

原田橋が・・・・無くなった(涙)
2015/01/31のブログ

拍手[4回]

昨日の山行、宇連山~鳳来寺山に向かう時、年配の男女のハイカーに出会った。ご夫婦であろうか?

向こうの方から声をかけてくれた。

「どちらに行きますか?」

「鳳来山から湯谷温泉に下り、そこから県民の森まで」

「そこに車を置いている、から」

「それは、まだ、ありますネ」

「お宅は」

「私たちは、クロセまで、すぐそこです」

そんな会話を、相手の旦那さんと、私の師匠と話していた。

クロセ、すぐそこ、クロセを知らない私は分からない?

道に詳しい師匠は、分ったみたいだ。

宇連山~鳳来寺山は上りあり下りあり階段ありで険しいルートだ。

すれちがったハイカーもこの道を歩いてきた。

年配の男女のハイカー。ご夫婦であろうか?そんな人に。

奥さんらしき人は、後方でニコニコしていた。

都はるみの「夫婦坂」の歌のように、自分達の人生をなぞるようにして鳳来山の方から坂道を上ったり下ったりして来たのだろうか。

後ろ姿が、印象的だった。

拍手[6回]

2月今日で、走行距離35㎞
腰痛のため走れない日が続いた。
久し振りに本日朝ラン10㎞

ワルツを踊るように走る。byミッキーさん

12・12・12・・・・・・・

右足・左足・右足・左足・右足・左足・右足・左足・右足

こんなふうに走ると、身体のバランスにも良いと教えてもらった。

いつも左側のお尻の奥が痛い。座骨神経痛ではないだろうか?

去年から、膝が痛くなったり、腿の裏が痛くなったり、今はお尻の奥が痛い(涙)

そこで今朝は、ミッキーさんい聞いた「ワルツを踊るように走る」を参考に、

りがとう。りがとう。りがとう。りがとう。

と、言いながら走るようにした。

「あ」のところで、少し前に出る。

ありがとう。ありがとう。ありがとう。

久し振りに走ることができ「ありがとう」

こんなに素晴らしい環境で走ることができ「ありがとう」

ありがとう。ありがとう。ありがとう。

ありがとう。ありがとう。ありがとう。

こんな言葉を繰り返していたら、いつの間にかお尻の違和感も気にならなくなってきた。

 

「ありがとう」は魔法の言葉


そんな言葉を実感した朝ランだった。


(人''▽`)ありがとう☆

拍手[2回]

人間の悩みは全て対人関係の悩みである。
自己啓発の本、アドラーの教え「嫌われる勇気」「幸せになる勇気」に書いてある。
全ての悩みは対人関係だと。

それならば、対人関係の悩みを解決すれば、悩みが無くなると言うのか。

大切なことは、他人は仲間である、そのように考えること。

同じ、この世に生まれてきた仲間。

また、「幸せになる勇気」の本の中で、中学校の先生になった青年の子供と先生の関係についても語っている。

皆同じ、褒めても行けない、叱っても行けない。

相手を尊敬し、同じ道を歩いていく、と。

拍手[3回]

「おもいやり」という言葉がある。

他人の気持ちになり、考えること。同情。

そんな意味だ。

こう考えれば、もう少し、がんばれる

池谷直士さんの本に出合った。

そして、池谷さんの講演をラン友と聞きに行った。

人は見方によって、不幸にもなるし、幸せにもなる。

そんな、池谷さんの話しだった。

「自分は何て幸せなんだろう」

と思えば、幸せなんだ。

人は、大きな脳を持っている。
その脳に、様々な記憶が蓄積されていく。
そして、自分の経験したことで、自分の行動を考えていく。

「おもいやり」

遠くから思うこと。想像。推量。

思いめぐらすこと。思慮。考え。

人は、様々な経験をする。良いこともあれば、大変なこともある。

大変なことを経験し「おもいやり」の心いっぱいの人がいる。

そんな友達に囲まれて、私は幸せだ。

拍手[5回]

12・12・12・・・・・・・

右足・左足・右足・左足・右足・左足・右足・左足・右足


走るときに、ワルツのリズムで走ると良いのだそうだ。


12・12・12・・・・・・・

と、3歩目で少し蹴りを強くする、と良いという考えだ。

ワルツのリズム、三拍子だと、丁度右足と左足が交互に強く蹴りだす足になる。

ミッキーさんは、こんな走りで故障知らずだそうだ。

自己啓発の源流「アドラー」の教え。

「嫌われる勇気」「好かれる勇気」で、生きるということを、山登りで例えていることを否定して、アドラーは踊るように生きるのだと言っていた。

人生のパートナーを見つけ、二人で踊るように生きるのだと。

夢中で踊っていて、知らぬ間に辿り着いたという世界、そんな感じだ、と。

昨日の夜ラン

12・12・12・・・・・・・

右足・左足・右足・左足・右足・左足・右足・左足・右足
 
私も、ワルツのリズムで走ったが、座骨神経痛なのか?

お尻の奥の方が痛い(涙)

拍手[6回]

チョットした意見の違いで、些細な口喧嘩がおこる場合がある。

バカにされたとか、バカにしたとか、笑い話で終わることもあれば、深く傷つくこともある。

山草人著の本「時が輝くとき」そんな本に、韓国の青年からスマホの画面を向けられた場面がある。

そこには

尊敬

と書いてあったそうだ。

自己啓発の源流「アドラー」の教え。

「嫌われる勇気」「好かれる勇気」で青年が中学校の教師になり学級での指導に苦慮している場面がある。

叱る教育 褒める教育

大声で叱っても良いのか? 生徒の好いところを褒めて伸ばす方が良いのか? と。

哲人は、アドラーの教えは、褒めてもダメ、叱ってもダメ。

お互いが「尊敬」し合うのが基本だと。

相手を「尊敬」しなければ、自分も「尊敬」されることは無い。と。

国家間の争い、戦争も同じだ。

上から目線で、他の国を批判しただけでは争いは尽きない。

拍手[4回]

プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
忍者ブログ [PR]