忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1]  [2
筑前城下の作    <廣瀬淡窓>
ちくぜんじょうかのさく       <ひろせたんそう>


伏敵門頭 浪天を拍ち             當時の築石 自ずから依然たり
ふくてきもんとう なみてんをうち                 とうじのちくせき おのずからいぜんたり

元兵海に沒せし 蹤猶在り           神后韓を征せし 事久しく傳う
げんぺいうみにぼっせし あとなおあり            しんこうかんをせいせし ことひさしくつとう

城郭の影は浮かぶ 春浦の月          絃歌の聲は隱る 暮洲の煙
 じょうかくのかげはうかぶ しゅんぽのつき         げんかのこえはかくる ぼしゅうのけむり

昇平象有り 君看取せよ            處處の垂楊に 賈船を繋ぐ
しょうへいしょうあり きみかんしゅせよ            しょしょのすいように こせんをつなぐ

先週、竜頭山に登った時に、山頂で楓橋夜泊を一人吟じた。

身体いっぱいに自然を感じた。

拍手[0回]

PR

今日は詩吟の日だ。

仕事が6時半に終わり、家に帰ってご飯を食べ、歩いて30分かけて修行改善センターに行った。

メンバーの中では私が一番若い、今日もそんな仲間と、声を張り上げて吟じてきた。

何かを学ぼうとする時、年齢は関係ない。

メンバーの中に80歳になる人がいる。

その人は、他にも習字・健康体操など、脚が痛いとか忙しいとか言いながら、いろいろ習い事をしている。

そんな、人生の先輩、何かの縁で巡り合えたのだ。
 

拍手[0回]

今日の佐久間の夜は寒いです。

コタツでお酒でも飲んで・・・とも思ったのだが。

詩吟に行こう。

今日も歩いて、就業改善センターまで、寒さに負けず星空の下を歩いて行こう。

 

拍手[0回]

今日は、詩吟の練習日だ。

佐久間地区文化発表会で発表する詩吟を生徒や先生の前での練習をやるのだ。

私は、佐久間地区文化発表会で「楓橋夜拍」をやる予定だったけど・・・・。

長男の大学の卒業式と引っ越しがあり、行けなくなった。

今日の詩吟の日、80才女性の生徒が吟じた詩吟

子等を思う歌の反歌  山上憶良

銀(しろかね)も金(くがね)も玉も何せむにまされる宝子にしかめやも

【通訳】
銀も金も玉さえも如何程のものだろうか、それより価値のある宝子に及ぶはずも無い。

何時まで経っても、子供は子供、親は親。私にも84歳の親がいる、そんな風に聞いていた。

子を思う、憶良の気持ちがこもった感動する詩吟であった。3月20日「佐久間地区文化発表会」、この佐久間の憶良が吟じる詩吟も聞いてみる価値があると思う。

 


拍手[0回]

久しぶりに、詩吟に行った。

浜松縦断 夢街道90kmを走って腰を痛めてから行ってないから、もう3か月くらいのご無沙汰だ。

少し遅れて教室に入ると。
70歳代の男性二人に女性二人が、3月20日に行われる「佐久間町文化祭」に向け練習をしていた。

もう辞めようかと思っていたけど、みんなの顔を見るともう少し続けようかとも。

先生に、文化祭では何を吟じるかと問われ、・・・少し考えて「楓橋夜拍(ふうきょうやはく)」と答えてしまった。

「楓橋夜拍(ふうきょうやはく)」とは、↓
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/09/html/d42821.html

中唐の詩人・張継(ちょう けい)が中国の寒山寺(かんざんじ)で作った漢詩。

その寒山寺は静岡県の舘山寺と友好関係があり、舘山寺に行くと楓橋夜拍の石碑がある。

今度、マラニックで舘山寺に行ったら、そこに行って楓橋夜拍を吟じてみたいものだ。
 

拍手[2回]

プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 12 14 15
18 19 20
23 26 27 29
30
カウンター
忍者ブログ [PR]