忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6


家族とは?
今年の2月に行った
まちむらリレーション市民交流会議
そのとき講演した
熊本大学名誉教授 徳野貞雄
 「『集落ドクター』から見た地域再生:世帯と家族は違う。子供は近場にいる」
その録音を聴きながら朝のジョギングをした。そこに
家族とは?
との問いが出ている。
行政は住民台帳で、その地域の人口を調べ減った減った大変だ村が無くなる地域が無くなると騒いでいる。

家族とは?
あなたの家族は誰ですか?
その問いに
「今現在一緒に暮らしている人」
と、ほとんどの人が答える。

嫁に行った娘は家族ではないのですか?
単身赴任で東京に住んでいる夫は家族ではないのですか?
答えに杞憂する我々。。。

家族とは?

◆家族とは「綿たっぷりの掛布団」である。重たいけどあったかい。決して羽毛布団ではない。
ゴンタ選手さん

◆愛し合っていた妻と、愛しているのに無視する娘と、両想いの犬。
うたまるさん

◆いちばん「ありがとう」を伝えるべきなのに、いちばん「ありがとう」って言いにくい人たち。
Ike Hiroさん

◆私が私でいられる存在。
pinkcatさん

◆大人になるにつれ、その尊さを理解できる存在。
柱くだるさん

◆喧嘩をしてもご飯が用意されていたり、られても決して見捨てることをしない者のこと。どんなことがあっても自分の味方でいてくれる存在のこと。
ふうちゃんさん

◆無償の愛をくれる大切な存在。
大根さん

◆迷った時も、寄り道した時も、嵐にあった時も、長い旅に出た時も、どんなときでも、いつも最後に迎え入れてくれる港。
papankoさん

◆生まれて初めて出逢う最小単位の社会。その単位は必ずしも血縁者や人類に因らず、共に生きる、住む、心を通じ合わせる生物も含む場合がある。
ゆうこさん

◆時々面倒で、近くに居すぎて大切さに気付きにくいもの。
aiaiさん
デジタル大辞泉から引用
こんなページがヒットした。

家族とは?
共に生きる、住む、心を通じ合わせる生物も含む場合がある。
私の家には文鳥が一匹いる、それも家族
我が家の先祖には戦争に行って帰ってこれなかった家族もいる。

熊本大学名誉教授 徳野貞雄先生も言っていた。
亡くなった親兄弟その他の人も、心に残っている家族だと。

拍手[6回]

PR

母がまだ若いころ僕の手を引いて
横吹(よこぶき)の坂を登る度 いつもため息をついた。

母の生涯、
大正15年生れの母親
昭和初期 幼少のときには戦争の時代を生きた。
戦争が終わり、20歳代で横吹に嫁にきて、横吹という斜面集落で若き時代を暮した。
母親が35歳のとき私が生まれ
先に書いた記憶があるのは、母親が40歳代のときだろう。

人の一生は
重荷を負うて、遠き道を行くがごとし
急ぐべからず
不自由を、常と思えば不足なし
徳川家康人生訓

幼少の頃
歩いた無縁坂
他の人には関係ないことかもしれないが、母親との思い出がつながっている無縁坂

時代は廻る。

拍手[5回]

今年も多くの人たちに暑中お見舞いを頂いた。
その中の幾つかのハガキが富士山頂からの暑中お見舞いだった。

富士山頂には山頂郵便局があり、そこからの暑中お見舞いが我が家にも来たのだ。

そんなハガキを見て、残暑見舞は山頂郵便局から・・・と心に決めていた。

富士山頂郵便局 (ふじさんちょうゆうびんきょく)
http://map.japanpost.jp/pc/syousai.php?id=300123999000

同窓会が終わり、慰霊祭にも行ってきた。

家に帰って、息子と一緒に富士山に向かった。

富士山頂往復のコースを今回は、助手席の車窓から眺めた。

水ヶ塚公園に着いたのが夕方の6時。

シャトルバスの往復切符を買い富士山五合目に向かうバスの中で、先ほど頂いた案内を見ていると・・・・。

そのパンフの上の方に

山頂郵便局 開設時間6:00~14:00 7月12日~8月24日午後2時
今年度は御殿場口頂上での開設

え~・・・・。

今日は8月24日、、、時間は夕方6時。

山頂からの残暑お見舞いは、、、できない(泣)

気分を取り直して、今回は登山だけだ、曇り空の中、五合目で仮眠をとり。
富士山に登り始めたのは、八時半。

六合目から七合目までの登山の時には、空には星が見えていた。

それが、七合目から登り始めると霧雨が降ってきた。

もうすぐ八合目という所で雨が降り風も出てきた。

八合目の山小屋の前は深夜だというのに登山客が多くいた。

それにしても寒い。

そんな時に、萩田さんかメール。

「オーストラリアに来て20日になりました。ゴールのケアンズまで後150キロぐらいです。走行距離も一万キロになりそうです。体調もいいです。萩田」
私から震える指で返信した。
「今、富士山八合目、雨降りです(寒)」

隣の人で雨宿りをしている人は北海道から来たという、小雨になったとき山頂に行くと出て行った。

私たちは今回は諦めた、下山することにした。

五合目に着いたのは4時、シャトルバスは6時半だ。

6時には売店が開いた。

シャトルバスに乗り、水ヶ塚公園駐車場に戻り、

富士宮で朝食。

富士市の鷹の湯で疲れた身体を癒し、佐久間に帰ってきた。

下界は昨日までの寒さが、嘘のような暑さだった。

byしんしん

PS
昨日、富士山頂で送るはずだった残暑お見舞いのハガキ、
今朝、佐久間郵便局に行って出してきた。
局長に、
あれこれ、説明して佐久間郵便局の風景印を押してもらうことにした。

残暑お見舞い、、、。
涼しい富士山頂郵便局より、熱い暑い佐久間郵便局の方が残暑見舞いらしい・・・かも(^^;

拍手[1回]

今日は13歳年上だった私の兄の17回忌だった。

あれは、16年前の夏、中部のお祭りの時に、家から電話が来て兄が転勤先で吐血して病院に運ばれたとの話が合った。
 兄(政彦)の話 

兄の横吹(よこぶき)での生活は学校から帰ってくるとランプの掃除、近くの井戸からの水汲みだったそうだ。
世の中は変わった。

今の自分より若くしてこの世を去った、兄。
人生の無常を感じる。

  
人が死んだ後に残るものは

 集めたものではない。

与えたものである」

                               ジェラール・シャンデリ


兄から与えられたものは数知れず。

 

拍手[0回]

佐久間の家を朝早くに出発!!

三遠南信を通れば、一時間チョットで浜松に到着。

今日は、パパ、ママに用事があるので私たちが この子と一日一緒にいる。


最初のうち、機嫌が良いのだが・・・・・。

こんなふうに、泣いてしまうことも。

夕方、五時前にはパパが帰ってきた・・・・今泣いていた子もパパのを見ると泣き止んだ。


泣いても、笑っても、孫と言うものは可愛いものだ(^^)

拍手[0回]

プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
59
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
2
5 9 10
15 16 17 18
25
26 27 28 29 30 31
カウンター
忍者ブログ [PR]