忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5

相月(あいつき)のお寺に一昨年他界した父親の三周忌に行ってきた。
IMG_2471_R.JPGIMG_2470_R.JPG
 


お墓参りをし、お寺に続く階段を上って行く、時間がまだ早いので和尚さん夫婦とお話をしていた。

奥さんの昔嫁いできたころの話、湯谷温泉の話、横吹(よこぶき)の話・・・など。

10時過ぎ、父親の三周忌の法要が始まった。

念仏を唱え、私たち親子の心が癒されてくる。

緑花木の好きな父親だった。
IMG_2474_R.JPGIMG_2475_R.JPG
 


春になり、庭に父が植えた花々を見るたびに、思い出す。

拍手[0回]

PR

私には13歳年上の兄がいる。いや居た。

1997年(平成9年)私38歳の夏、中部のお祭りで酔っ払って騒いでいた時に電話がかかってきた。

母親からだ。
母:「政彦が転勤先で吐血して入院したらしい」

俺は営業の仕事で気を使い、胃潰瘍にでもなったのかもしれないと思って。
私:「胃潰瘍かなんかじゃない?」

母:「どうもそうではないらしい・・・・」

次の日、兄の奥さんが二人の子供をつれ佐久間の私の家に来たのだった。

何が何だかわからないまま、私の車で私、義理兄、義理姉、父、4人で兄(政彦)の入院している埼玉の獨協病院に行ったのだ。

高速道路を走る車の中で、どうも兄は癌という病気にかかているのでは、そんな話になっていた。

病院に着くと、兄が入院している病棟に行き面会をした。

点滴の注射をつけてはいるが、笑顔さえ見せて話す兄を見ていると・・・・まさか・・・そんなわけがっと思った。

そんなことを思っているときに、主治医から話があるので親戚の方は来てくださいとの話がある。

私は、主治医の話を聞くことはやめた。

兄と話をしていたかった。

13歳も年上なので、小さいころ遊んだ思い出はないけれど、母親から話はよく聞かされていた。

「政彦はよく勉強していた」「政彦は本ばかり読んでいた」

私は小さいころ勉強が嫌いで遊んでばかりいた、そんな俺を母は叱るときいつも。

「政彦はよく勉強したが お前は・・・・」

と、怒られた記憶が多くある。

兄はベッドで眠り始めたので、私は車に戻っていくと、主治医の話を聴きに行った義理兄が来た。

義理兄:「癌だそうだ、胃、肝臓にまで転移しているそうだ」「もって3か月だそうだ」

兄は転勤族で、静岡から東京・八戸・青森・(その間子供も男の子ばかり4人恵まれた)そして今の山梨県甲府市に来た。子供も大きくなったので単身赴任で埼玉に行っていた その矢先の病気だった。

酒は飲まないけど、タバコやコーヒーは好きな人だった。

8月の半ばに告知され、10月16日この世を去った。

兄51歳の秋だった。

今思えば、もっと話をしておけばよかったと思う、過ぎたことを悔やんでも何もならないかもしれない。

今 弟の俺は、その兄より一つ年上になった。
420547_162337350553378_100003313417010_232466_501285112_n.jpg
 



人生にはゴール(死)がある、それは何時 どのようにして来るのか誰もわからない。

これかの人生、生きていることに感謝し、亡き兄の分まで人生を楽しまなくては。

合掌

 

 

 

 

拍手[0回]

最後の夏休み、庭の植木の選定、家の周りの草取り、などをやり一日中忙しく汗をかいた。

夕方は家内と二人、とうえい温泉に行く事になった。

我が家から、とうえい温泉までは30分程度、4時半に出かけ、前買った5時からの割引券を持って車を走らせた。

温泉に入り、身体を洗い、疲れを取って、休憩室でストレッチ。

100円のマッサージ器で体をもんでもらい、とうえい温泉を出た。

今日はプチ贅沢「山のレストラン さかた」で夕飯を食べから帰ることにした。

私は"味噌カツ定食"
DSC_0289.jpg




家内は"山かけ弁当"

DSC_0288.jpg
 



今年の夏休みは、こんなもんです・・・すいませんm(__)m

 

 

拍手[0回]

今年咲いたツツジの花が枯れ、今日はそのツツジの刈り込み作業をしていた。

今日は佐久間は真夏日、汗をかきかき作業していた・・・そんな時、母親がお世話になっている特養「さくまの里」から電話だと、事務の人から呼び出しがあった。

電話では「○○さんが意識が無くなり今 佐久間病院に運ばれました・・・」「今検査しています・・・」そんな内容だった。私は「昼間様子を見に伺います」と言って受話器を下した。

如何したのだろう? あまりの暑さに・・・・いや~な予感・・・・。

昼前に家内からメール「休みを取ったので、オバアチャンの看病に行きます」

早めに昼食をとり、佐久間病院に向かった。

佐久間病院の処置室に行くと、オバアチャンが寝ていて隣で家内が椅子に座っていた。

家内の言う事には、元気だョ、今までいろいろ話して今ちょうど寝たところ、検査の結果は悪い所は今のところないそうだョ。

点滴のにつながれ、酸素を鼻から吸って静かに処置室で寝ていた母親。

特養「さくまの里」にお世話になったのが81歳の時、認知症になり徘徊がひどく警察・消防団・警察犬・ヘリコブターでの捜索も、父親の日々の仕事が母親さがしだった。

今 そんな母親が、佐久間病院の処置室で横になっている・・・。


私 「オバアチャンは今 84歳・・・かな」

家内「85歳だよ、今日が誕生日 息子でしょ 母親の誕生日ぐらい覚えときな!!!」

私 「・・・・・・・・・」

そうか~、今日が誕生日か~~~。

今年も佐久間は暑くなりそうだ、体に気を付け無理をせず、私も私なりに齢を重ねていこう。

 


 

拍手[2回]

息子が大学を卒業し、今日アパートの引っ越しの手伝いに行ってきた。

引っ越した所は、海のすぐそば。

東日本大震災で津波の様子をテレビで見てから、大丈夫なのかと心配した。

しかし、そんな土地に暮らしている人は沢山いる。
f21bb52f.jpg




 

今日は、そこに行っても富士山は見えなかった。
 

拍手[0回]

いろいろなことがあった2010年、ありがとうございました。
2011年もよろしくお願いします。
お酒も入っているので、今日はここまで。
来年は頑張っ書いていきたいと思っていますので、こうご期待。
以上

拍手[0回]

色々なことがあった今年 11月に浜松駅から遠山郷まで90kmを走って翌日から腰痛になった。

その腰痛も大分よくなり、今朝は5km走ってみた、なんとか走れる、しかし無理は禁物、今日はここまで。

年末の大掃除の合間を縫って、午後からお墓参りに行ってきた。

去年の今頃は父と二人でお墓参りに行ったのだが、5月に父の癌が見つかり74歳でこの世を去った。

もっと 色々なことを話しておけばよかったな~ 。

生前 父は「お墓は、あまり綺麗にしていると不幸がよくある家だと連想させるから」と言っていたのに。
あるときテレビで細木数子が「お墓は綺麗にしておかないと、その家は不幸になる」そんなことを聞いてから、お墓を綺麗に磨くようになった。

バケツに、お墓を磨くための、たわしを入れて。半場からお墓のある相月に私の愛車 軽トラで出発。

ここ”ほくえん”は朝から寒く、相月に向かうとき見えた竜頭山は真っ白だった。

そんな竜頭山に、こんな日も登っているのか車が2台、登山口に駐車してあった。

相月の墓地で、去年父がしたように、今年は一人お墓の掃除をした。
枯葉取り、お墓磨いた。中腰での作業は腰にはよくないが父のやってたことだから。
花を祀り、線香に火をつけようとしたら、雪が降ってきた。

今年の年末は寒い、天気予報でも、山間部は雪だといっている。

竜頭山に登っている人たちは 大丈夫だろうか。

拍手[0回]

5月16日 今は亡き親父に、自宅で床屋をやってもらった。
http://hokuen.blog.shinobi.jp/Entry/240/#comment
その坊主頭の髪の毛が伸びてきた。

親父の部屋を片付けていたら、「柳家ポマード」が出てきたので、髪の毛に付けてみた。
14064e17.JPG











ポマードなんか付けたの何年ぶりかな~。

C型肝炎だった親父が、肝臓癌になり。
病院の親父の主治医から電話が有り、呼び出され、余命宣告された。
俺は親父に「髪の化が邪魔くさくなったで、バリカンで坊主してくれ」っとたのんで刈ってもらった。
坊主頭。

今日はその髪を切ろう。
仕事の帰りに地元の「ヘアースタジオカズ」へ寄った。
d36de5ec.jpg

 










やっぱり、人相悪いかな~(#^.^#)

拍手[0回]

今日は、佐久間から浜松イオン志都呂店へ行く。

浜松に住む、娘と浜松イオンで待ち合わせなのだ。

今年、高校を卒業した娘は、進路を自分の好きな絵やデザインの専門学校にした。

今日は、買い物 目的での、イオンモール浜松志都呂店に行こうと言う話だと思っていたら。

そこで、「志都呂アートギャラリー」をやっているとのことだった。
 9caabb45.jpg










数人の専門学校の生徒が、壁に絵を描いていた。

徐々に出来上がっていく作品、完成した瞬間はきっと感動するだろう。

若者よガンバレ。

拍手[1回]

今日は会社に休みをもらい、親父の35回忌で相月(あいづき)のお寺に行った。

お寺に入る前にお墓に、トウバを供え、残りのトウバを持って、御寺入った。

お経をあげてもらい、7月の四九日のお話を和尚様を話し合った。

b03c6959.jpg











それから、浜松に向った。

親父名義の土地の相続登記の話を聞きに、浜松にある法務局に行くのだ。

途中、浜北の「五味八珍」で昼飯、浜松合同庁舎に着いたのが1時半かな。

浜松合同庁舎の6階、静岡地方法務局(浜松支部)の受付に聞き、登記相談窓口に。私の登記相談受付番号は25番だった。

お金もないし、出来るなら手間がかかっても、自分で相続登記をとここに来たのだ。

登記相談で登記事項要約書を貰ってくるように言われ、5階の窓口に、登記事項要約書を貰って、これからのことを聞いたら。

まあまあ、色々な手続きが多くありそうで。司法書士に頼んだ方が良いのではないかとの結論になった。

「司法書士の人に持っていき、どのくらいかかるか聞いてみた方が良いのでは」と言う話になった。

登記相談窓口の人は、私の言い分を親身になって聞いてくれ、本当に優しい対応だった。

一日、暑い中、軽トラックでアッチに行ったりコッチに行ったり。

疲れた一日だった。

拍手[0回]

プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
59
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
2
3 4 7 8
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
忍者ブログ [PR]