忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8

最後の夏休み、庭の植木の選定、家の周りの草取り、などをやり一日中忙しく汗をかいた。

夕方は家内と二人、とうえい温泉に行く事になった。

我が家から、とうえい温泉までは30分程度、4時半に出かけ、前買った5時からの割引券を持って車を走らせた。

温泉に入り、身体を洗い、疲れを取って、休憩室でストレッチ。

100円のマッサージ器で体をもんでもらい、とうえい温泉を出た。

今日はプチ贅沢「山のレストラン さかた」で夕飯を食べから帰ることにした。

私は"味噌カツ定食"
DSC_0289.jpg




家内は"山かけ弁当"

DSC_0288.jpg
 



今年の夏休みは、こんなもんです・・・すいませんm(__)m

 

 

拍手[0回]

PR

今年咲いたツツジの花が枯れ、今日はそのツツジの刈り込み作業をしていた。

今日は佐久間は真夏日、汗をかきかき作業していた・・・そんな時、母親がお世話になっている特養「さくまの里」から電話だと、事務の人から呼び出しがあった。

電話では「○○さんが意識が無くなり今 佐久間病院に運ばれました・・・」「今検査しています・・・」そんな内容だった。私は「昼間様子を見に伺います」と言って受話器を下した。

如何したのだろう? あまりの暑さに・・・・いや~な予感・・・・。

昼前に家内からメール「休みを取ったので、オバアチャンの看病に行きます」

早めに昼食をとり、佐久間病院に向かった。

佐久間病院の処置室に行くと、オバアチャンが寝ていて隣で家内が椅子に座っていた。

家内の言う事には、元気だョ、今までいろいろ話して今ちょうど寝たところ、検査の結果は悪い所は今のところないそうだョ。

点滴のにつながれ、酸素を鼻から吸って静かに処置室で寝ていた母親。

特養「さくまの里」にお世話になったのが81歳の時、認知症になり徘徊がひどく警察・消防団・警察犬・ヘリコブターでの捜索も、父親の日々の仕事が母親さがしだった。

今 そんな母親が、佐久間病院の処置室で横になっている・・・。


私 「オバアチャンは今 84歳・・・かな」

家内「85歳だよ、今日が誕生日 息子でしょ 母親の誕生日ぐらい覚えときな!!!」

私 「・・・・・・・・・」

そうか~、今日が誕生日か~~~。

今年も佐久間は暑くなりそうだ、体に気を付け無理をせず、私も私なりに齢を重ねていこう。

 


 

拍手[2回]

息子が大学を卒業し、今日アパートの引っ越しの手伝いに行ってきた。

引っ越した所は、海のすぐそば。

東日本大震災で津波の様子をテレビで見てから、大丈夫なのかと心配した。

しかし、そんな土地に暮らしている人は沢山いる。
f21bb52f.jpg




 

今日は、そこに行っても富士山は見えなかった。
 

拍手[0回]

いろいろなことがあった2010年、ありがとうございました。
2011年もよろしくお願いします。
お酒も入っているので、今日はここまで。
来年は頑張っ書いていきたいと思っていますので、こうご期待。
以上

拍手[0回]

色々なことがあった今年 11月に浜松駅から遠山郷まで90kmを走って翌日から腰痛になった。

その腰痛も大分よくなり、今朝は5km走ってみた、なんとか走れる、しかし無理は禁物、今日はここまで。

年末の大掃除の合間を縫って、午後からお墓参りに行ってきた。

去年の今頃は父と二人でお墓参りに行ったのだが、5月に父の癌が見つかり74歳でこの世を去った。

もっと 色々なことを話しておけばよかったな~ 。

生前 父は「お墓は、あまり綺麗にしていると不幸がよくある家だと連想させるから」と言っていたのに。
あるときテレビで細木数子が「お墓は綺麗にしておかないと、その家は不幸になる」そんなことを聞いてから、お墓を綺麗に磨くようになった。

バケツに、お墓を磨くための、たわしを入れて。半場からお墓のある相月に私の愛車 軽トラで出発。

ここ”ほくえん”は朝から寒く、相月に向かうとき見えた竜頭山は真っ白だった。

そんな竜頭山に、こんな日も登っているのか車が2台、登山口に駐車してあった。

相月の墓地で、去年父がしたように、今年は一人お墓の掃除をした。
枯葉取り、お墓磨いた。中腰での作業は腰にはよくないが父のやってたことだから。
花を祀り、線香に火をつけようとしたら、雪が降ってきた。

今年の年末は寒い、天気予報でも、山間部は雪だといっている。

竜頭山に登っている人たちは 大丈夫だろうか。

拍手[0回]

プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
9 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
忍者ブログ [PR]