忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

天竜浜名湖鉄道(天浜線)が湖西の知波田駅に到着、○藤さんと○野さんはこのまま列車に揺られ忘年会会場に行くそうだ。
わたしは知波田駅から湖西市鷲津を目指す。
○田さんの指名したコースどおり(入出方面のコース)に行くと忘年会には間に合わないので国道301号のショートカットで湖西市鷲津を目指す。
青年時代車でよく走った道だ。

花の山ゴルフセンターがある。ビボーンテニスクラブがある。湖西中学校がある。
前方から爆音を轟かせてピンクのオートバイの集団が来る。
日ノ岡の坂を下り、東海興産があったところだ。昔富士鐵工所で働いていたとき夜勤明けは何時もココ東海興産で愛車を洗車したもんだ。
喫茶店「ピノキオ」のところを脇道に、しばらく行くとブルーとグリーンのマラニックの人の後ろ姿が見えてきた。
下さんとサクラさんだ!
やっと追いついた。┐(´д`)┌ヤレヤレ
と思ったが。
ガンバってネ
の言葉で鷲津駅を目指しまた走りはじめた。
お~。鷲津駅だ
例の歌だ。
わーしづのええきを南ゆき~♪。ドンドン歩くと見えてくる。
ゆこ~。ゆこ~。フジテッコーへ~フジテッコいいとこ良いところ~。
なんとかオマンマ食えるとこ~。。。
ここ ゆこ~。ゆこ~の所、左手は腰、右手を突き上げる。

先輩に、こんなふうに教えてもらったッケ。

湖西高校の正門前を走り次の突き当り。右だっけ?左だっけ?
何回も走っているが、間違えて左に行った。
直ぐ間違えにきづき、右方向に行く。
二人連れのマダムに道を尋ねる。
「湖西のイオンは如何いくの?」
丁寧に
「真っ直ぐ行って高架の陸橋の所を左に行くと見えてくるョ」
と答えてくれた。
「あそこの交差点を左に曲がって突き当りを右に曲がっても行けるラ~」
なれなれしく。言ってしまった。
「そうそう、そっちでも行ける。詳しいジャン」
「ありがとうございます。感謝です」
そう言って頭を下げてマダムを後にした。
マダム: 「ガンバて~」
なんか嬉しかった。

湖西のイオンの横を通り過ぎ、遠くに黄色いジャンパーが、友さんだ。
二人で走っていたら、前方にヒロボーさんだ。

新居の関所でヒロボーさんが写真を撮ってくれた。
「ダーっとやって足を開いて」
と、言ったのでやってみた。
何だろう?
後で聴いたら、朝ドラのヒロインのやるポーズだそうだ。
上手く撮れたかな~?
知っていたらもっとダーっとやったのに。

財布を落とした話をした。
「お騒がせしました。無事に見つかりました」と。
ヒロボーさんも何回も落としたと言っていた。
そのためズボンのポケットにマジックテープで蓋ができるようにしたと。
ヒロボーさんの工夫を凝らしたハーフパンツを見せてくれた。

新居駅を過ぎるとゴールである弁天島はもうすぐだ。

今年も2018年もいろいろな事があったナ~。

富士山頂往復には参加できなかったこと。

地割れ花火マラニック
佳江さんは荷物を一杯さげて参加してくれた。

浜松縦断マラニック。
復路のときに自動販売機で500mlのペットボトルを買って、飲みきれないからと佳江さんは私に差し出した。
えっと思ったが何食わぬ顔で(我慢して)飲んでしまった。

チャレンジマラニックin遠山郷。
ノルデックウォーキングの前にみんなで遠山郷に十月桜を植樹したっけ。

植樹が終わってから、遠山の御蕎麦屋で昼ごはん。
村木さん身体のケアーをしてもらっていたネ。

浜名湖一周100㎞
佳江さんの待つ知波田のエイドに着いたときは満身創痍だった。
やはり最後まで走れず鷲津駅で電車に乗った。
オマケにゴールでは脱水で足が攣って散々だった。

「新間さんは偉いネ~」と、良く言ってくれた佳江さん。
褒められると調子に乗る私は、そんな言葉が嬉しかった。

浜名湖の三番の橋を渡り、遠くに弁天島の橋が見えてくる。
ヒロボーさんに残り一キロの距離表示を教えてもらう。
二番の橋を渡り、弁天島の駐車場に入り、ホテルの裏玄関から入ろうとしたらヒロボーさんがゼロ地点まで行こう。っと、誘われ二人でゼロ地点の印にタッチした。

おわり

拍手[0回]

PR

ギョエ―ーーーーー!!!
財布がない。。。。。
ポケットをまさぐった。アッチもコッチも。
大きいものが、これはチンチンだ。
ウソ小さい。

日本のサイダーを買った自動販売機に行った。
無い無い。ボケた頭をフル回転、待合室で座ったところは?
上りの天浜線に乗る人だろうか待合室のは二人いた。
辺りを見渡して、長い椅子の隅っこの看板と椅子の陰に落ちていた。
茶色の二つ折の財布は床の色と同化してまるで茶色の蛾が敵に見つからないように隠れているようだった。
あった~。心の中で叫んだ。ガッツポーズ。
よかったホ~。
天浜線はランナーを乗せてデイセルの音を響かせて行った後だった(泣)
それでもよかった~。見つけてよかった~。私の愛しい財布チャン。
思い起こせば、7年前亡くなった父から貰った財布だった。父上が天国から教えてくれてたのかもしれない(涙)グスン
 

気賀駅に一人残されたランナー。
12時20分の列車は行っちゃった。次の列車は13時18分
48分何しようか?
ラーメンでも食おうか。ビールでも飲もうか。
それでも知波田から走りたいしナ~。お腹いっぱいになると走れないし。
路線図を見て、次の駅が西気賀駅だと知る。その駅がプリンス岬の所だとわかった。
そこまで走ろう。
一人で西気賀駅を目指した。

14時には西気賀駅の到着。列車は14時24分だ。
西気賀駅にも待合室に併設された洋食「八雲」なる食堂があった。
プリンス岬を紹介する案内板もある。
地域の人が守っている。そんな感じが漂う古風ある駅であった。
ひとり寂しく天浜線を待ち時間がって天浜線の列車が西気賀駅に到着した。
デイゼル音が響く車内、ふと見ると、同じ格好の人が二人、○藤さんと○野さんだ。
お~。よかった仲間に会えた。
天浜線は僕らを乗せて寸座駅・浜名湖佐久米駅と走った。
浜名湖佐久米駅は、静岡県浜松市北区三ヶ日町佐久米にある天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線の駅で。 毎年12月から3月にかけてユリカモメの大群が当駅にやってくるため有名な駅だ。
私たちランナー三人は、浜名湖側の席に移動しユリカモメを見に行った。
今年は会えないと思ったユリカモメ。天浜線に乗ってであうことができた。
去年、カッパえびせんをあげたユリカモメもいるだろうか。
去年のブログ
浜名湖半周忘年ラン2017

天浜線は線路上に舞うユリカモメを追い払うため警笛を鳴らし三ケ日方面に出発した。
車窓からはユリカモメが欄舞する姿が優雅に見えた。
天竜浜名湖線の旅もいいもんだ。
つづく。

拍手[5回]

浜名湖リゾート&スパ ジオーシャンに早く着き○田さんに出会い、世間話をして受付を手伝ってと言われた。
OKとばかりにやるようになった。
昨日書いたように顔は見たことがあるが、名前が、、、、。
そんなことがある。
自分の夢Tシャツの事もあるので、ほんとうは誰かにやってほしかった。
が、いつもお世話になっている○田さんのオネガイだ。受付を優先にしなければならない。

大○さんが申込書にハンコが無かった話がでる。
「私のはハンコを押してほしい」
大○さんは大○さんで言いたいことはある。
「わかったわかった、これから気を付ける」
大○さんがそう言って受付である私に参加誓約書を渡した。
その誓約書にはハンコが無かった。ガックシ。わかっているのかナ~。
朝のあわただしい時、自分のやりたいこともある。
観て見ぬふりをして、黙って受け取った。
忘年会が終わって○田さんが参加誓約書を確認して後で叱られるかもしれない。と思った。
が、そのときは、私はこう判断した、そのときは黙っていた。
「わかったわかった、これから気を付ける」
と言った大○さんにコッソリ伝えた。
私 :「ハンコなかったョ。気をつけて走ってネ」
大○:「えっ無かった。如何しようか~出すのヤメル」
○田さんに言われたら忘れたと言って謝っておく。
○田さんの気持ちは痛いほどわかる。大○さんの気持ちもわかる。

そんなこんなで時間が経って、スタート会場へ

2018年
浜名湖半周忘年ラン参加メンバー
女性15人 男性24人

わたしは先週の袋井クラウンメロンマラソンの残念な結果を払拭するように前を走った。
といってもマラニック、お話ししながら走った。
世間話をしながら走るのがマラニックの良いところ。
トモゾウさんと竹○さんと、ウッチャンがバカ速い 凄い人だと話をしていた、すごいナ~っと。
浜名湖を眺めながらのジョギング、すると、後ろからきた、元気100倍のウッチャン。
今日はヨッピーのリックを背負っての参加だそうだ。

左からトモゾウ・カッちゃん・ウッチャン

マラニックはこのスタイル。
リックに必要な物を詰め込んで走る。
その必要な物は自分で考える。他の人に聴くのもいい。それを参考に自分で考えて必要な物をそろえる。
なにか大切なものを忘れた時、他の誰かが持っていて助かる場合もある。例えば絆創膏や痛み止めなど。
基本は自己責任。いつも誰かが助けてくれるとは限らない。

舘山寺に着きコンビニで買い物。○崎さんは缶ビール。美味しそうだった。
去年までだったら舘山寺から遊覧船で瀬戸港まで行くのだが、台風24号の被害により営業を中止しております。と、なっており。天竜浜名湖鉄道の気賀駅まで走ることになる。
舘山寺から浜名湖100㎞のコースだと思い初参加の女性ランナーと一緒に気賀駅を目指した。
ところが、○田さんがメールで添付したコースは違っていたそうだ。
(添付のコースマップは見ていない、どうせ一緒だとかってに思い込んでいた)
また○田さんに叱られる(泣)

○田さんには悪いが、浜名湖100㎞のコースの方がわかっているし、浜名湖沿いだから景色も良いから、指定した道から外れ浜名湖100㎞のコースを選んだ。
後ろから佐久間で市町村駅伝が縁で知り合った○出さんが「コースどっちですか?」と尋ねてきた。
男性二人が正規のコースを行くので、私たちは浜名湖100㎞のコースに行きます。男性二人が行くコースが正規のコースです。と答えた。
ついでに
「ちなみに男性二人は独身です」
と冗談を言ったら、隣の女性が笑った。

初参加の女性と二人走っていたら前方に初参加の人と一緒に来たという女性が走っていた。
初参加の女性が言うには、彼女は奥の細道、芭蕉の通った道を走ったという。
その女性に追いつき、その話を聞くと
芭蕉の句を一句
「蚤しらみ馬の尿する枕もと」
 芭蕉が一夜を過ごした家に行ってきた話をしてくれた。感動したと話してくれた。
女性が一人で奥の細道 全行程600里(2400キロメートル)を走ったのか~。
日本は治安がいい。世界に誇れる国だ。
(税金は高いが)

気賀の関所に着いた。
ココは去年の浜名湖一周100㎞で、城西小学校5・6年生のときの担任の先生にウン十年ぶりに出会ったところだ。
去年のブログ
ぐるっと浜名湖一周エンジョイ・マラニック2017

気賀駅は気賀の関所のすぐそばだった。
わたしの娘のアパートが近くにあるので届け物を持っていく。
帰って来て気賀駅に着いたらみんなビールを飲んでいた。
俺もと思ったが、自動販売機の日本のサイダーで我慢した。

気賀駅で集合写真、気賀駅は直虎ブームの面影があった。
酒飲んでいなかったけど酔っ払い状態だった。
電車が来て、天浜線に乗り込もうとしたら。ポケットの中にあるはずの財布がないのにきずいた(汗)

つづく。

 

拍手[14回]

今年は行かないようにしよう。
そう思ったけど、二度目の お誘いで参加するようにした忘年ラン。

昨日の日曜日、中部天竜駅から始発の電車に乗った。
今回は乗客は二人だった。

話しは変わるが、川村カネトの合唱劇を観たことがある。
昔、NPOがんばらまいか佐久間の活動委員会に入っていた頃だ。
そんな物語があったとは知らなかった。
遠山郷の観光協会の会長と知り合って、様々な事を話すようになった。
「何時かは飯田線も奥三河から廃線になるかもしれてない。」
「そうならないように飯田線を利用する企画の考える」
遠山郷の人たちで豊川稲荷へ行ってきたと言っていた。
また、浦川の知り合いから、こんな話も
PTA会長だった彼は合併時に中高一貫だと浦川中学校と佐久間中学校を統合させた時に、通学時に不便だった飯田線のダイヤを改正してくれないかと豊川駅までPTA役員とでかけたそうだ。
その時、丁寧に対応してくれたJRの人に、このように言われたそうだ。
「ところで今日はココまで何で来ました?」
「車です」
「こんな時は飯田線を利用してほしかった(笑)」


飯田線にゆられ豊橋駅について、東海道線の浜松行の電車に乗った。
大きいリックだったので出入り口の所で立ってスマホを見ていた。
鷲津駅を過ぎたのは気付いたが、スマホに夢中で次の駅で降りてしまった(泣)
一駅手前の新居駅(汗)
寒いホームで二十分待って次の電車で一駅前の弁天島の駅に行った。
中部天竜駅~弁天島駅まで1660円

浜名湖半周忘年ランの集合場所は弁天島駅前の浜名湖リゾート&スパ ジオーシャン
そこに8時には到着。
ロビー内のにあるカウンターでラーメンを食べた。
冷えた身体に温かいラーメンは美味かった。
欽ちゃんヌードルだけど。。。

そのうち呼びかけ人である○田さんが来た。
受付を頼まれる。
参加者名簿の人たちは知っている人が多い。
しかし、顔を見ても名前が出てこない。
名前は思い出しても、苗字は何だっけ
そんな状態だけど、○田さんは違う。出会うと瞬時に名前を呼ぶ。
素晴らしい。
この人の頭はどうなっているのだろう。
長年付き合って分かったことは、頭の中が整理整頓されている、こと。そう思った。
鍵山さんの本「掃除道」を読んでも、整理整頓されている。
その人の身の回りの整理整頓が、同じように頭の中も整理整頓されているのだナ~っと、思った。
自分は、昨日酔っぱらって帰って来て、脱ぎ散らかした服がある。
あ~あ。
頭の中も、こんなのか。な。

つづく。
 
写真はウッチャンから お借りしまし(笑)

拍手[13回]

佐久間町に帰って来て職場の人から佐久間駅伝に誘われて走りはじめた。
20歳代の後半
今もヨタヨタだが走っている。
いろいろあったが続けてきて良かったと思っている。
 

志ネットワークの上甲晃さんも到知の対談で続けてきたことが一番良かったと書いてあった。
あなたの志は何ですか?

佐久間町が合併して自治地区として消滅したときから地元の人で立ち上げた佐久間中学校の同窓会も毎回参加している。

三日坊主
続けることは難しい。
なかなか出来る事ではない。
最近「掃除道」という本を買った。
日本を美しくする会
鍵山秀三郎さんの本だ。
徹底した掃除の本だ。

掃除か~。
なかなか難しい。
とりあえづ今朝、茶碗を洗ってみた。

拍手[3回]

プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
58
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
6 7
9 13
19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
忍者ブログ [PR]