忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

飯田線、相月駅、
そこの
水窪川の向こうの山の中腹にあるのが横吹(よこぶき)
しんしん少年が生まれたところだ。


1960年(昭和35年)の冬
産声を上げた。
 

 1956年(昭和31年)
佐久間町は3村1町(佐久間村・城西村・佐久間村・浦川町)が合併して出来た町だ。
その当時、佐久間町は東洋一と言われる佐久間ダムが完成し、好景気に浮かれたいた。
私の生まれた横吹は城西地区。
城西村の村長は、議員の人たちは佐久間町への合併を選んだのだろう。
 

町立幼稚園が出来、私は城西幼稚園一期生だ。
横吹の山の中腹にある家から、一円玉でくるんだハンカチと定期券を首にブル下げて幼稚園に送り出したと、昔、母親が言っていた。
無事に家に帰ってきたときにはホットシタとも言っていた。


横吹は山の中腹の村だが、当時は子供も多く、楽しい毎日だった。
しんしん少年は、城西小学校に入学した。
一年生のときは木造校舎。二年生の時に鉄筋コンクリートの今の校舎になっている。
城西地区では、町民大会(町民大運動会)を、毎年やっていた。
城西地区のなかでも山奥の横吹の人たちは、町民大会では大活躍をしていた。


小学校低学年までは、横吹にもお店があった。
テラクボ(苗字は久保)
駄菓子やクジなどを売っていた。
店にはハンというオバアサンが店番していた。
久保ハン
耳の遠いオバアサンだったが、悪口を言うと返事をした。
横吹の山の上の店に、商品を運ぶ時がある。
山の麓(国道152号)で商品をサクドウ(ゴンドラのような物)に乗せ山の中腹の村に運ぶのだ。
村の子供はエキサイトした。

そんな時期に、村に道路を造る話が合いをしに父親が村の集会所に行くようになった。
「これからは車の時代だ」
父親が言っていた。
また、こうも言っていた。
私の家があったところの街道は、チョンマゲを結った人が歩いた道。
その下の街道は、大八車が通った道。
水窪川沿いの国道152号線、車が通る通。
そう、これからは車の時代だ!
 
 しんしん少年、佐久間中学校へ行く。
今まで飯田線 相月駅から水窪方面に電車に乗っての通学だったのが、これからは佐久間方面へ行くのであった。
途中、長い峰トンネルを行けると空気が変わった。
佐久間中学校を卒業してくる子供は、城西小学校の児童とは違うように見えた。
キラキラと輝く都会の子供に見えた。
クラスは三クラス。
A組・B組・C組
一クラス30人での授業となった。
中学校から英語の授業が始まる。
先生は爬虫類のような顔つきで背広の肩には何時も白い粒が着いていた。
「デスイスア・・ペン」

つづく。。。

拍手[4回]

PR

今朝、仕事中に着信があった。
050・××××・○○○○

不審な電話番号。

何者。

仕事が終わって、恐る恐る電話をしてみた。

やけに明るい声で
「イトウヤスオだよ~」
と言ってきた。

苗字が聞き取りにくかった。
イトウヤスオに知り合いがいない。

ムラタヤスオだったら知っている。

「ヤスカ~」
こちらの方から言ってみた。

なんか違うらしい。

この前、城西郵便局から送った
同窓会のDVDの話をしている。


そんな話を電話でしていると。
ひらめいた。
イトウヤスオって、小学校6年生のときの担任の先生だった(≧▽≦)

急に声色を変えて、頭を下げ、頭をカキかき話し出した。

「先生、お元気ですか・・・・・。」

それにしても、電話のむこうからの先生の声は若々しかった。

晩酌の途中で、会話も滑らかだった。

3年後、また水窪で同窓会を行うので、是非、来たくださいと言って電話を切った。

後で
050とネットでググッタらIP電話だと知った。
IP電話とは
IP電話とは インターネット網を使用した電話サービスです。
光電話との違いがよくいわれますが、光電話は光ファイバー網を利用して電話します。
それに対して IP電話は インターネット網を利用して 通話しています。
光電話は NTTや電力会社などのインフラを持った回線事業者が提供していますが、IP電話は 主にプロバイダが提供しているサービスだといえます。

拍手[8回]


そして、こんどは
ドラマスペシャル永遠の0
http://www.tv-tokyo.co.jp/tx_drama_eienno-zero/cast/
を観た。

今を生きる若者が、自分の本当の御爺ちゃんの戦争のときを生きた実像を知り、
今を生きる若者が、自分のこれからの生き方が変わっていく、物語。

東京で雑誌の編集の仕事に就くのが夢だった佐伯慶子が、初恋の人、藤木秀一の田舎の鉄工所の女房になる覚悟をきめた。。
司法試験に何回も落ち、弁護士の夢を諦めかけた佐伯健太郎が、また自分の夢に向かって挑戦しはじめた。


人生は、人の一生は、オギャ―と生まれて、何年か経ち心臓の鼓動が止まって臨終の瞬間が来るのかもしれないが、その後、自分の生き方が他のだれかに影響を与えるのかもしれない。

拍手[4回]

同窓会参加者、私を除いて15名。
今回参加できなかった恩師。
そんな人に、今回の同窓会のDVDにしたのを送ろうと思っている。


今回の同窓会のときに、誰かが
「次は、三年後、東京オリンピックのときに、私たちが還暦のときに・・・集まろう!」
そんなことを言ったような気がする。

今回、私たち昭和46年度の卒業生にハガキを出したところ
メールや電話・ハガキなどで、参加できない旨を連絡してきた人が数人いる。
そんな人には
その、DVDを、住所を連番で書いて、順番で回してもらうようにした。


高校の同窓会、中学校の同窓会、小学校の同窓会
いろいろ参加してきたけど、ヤハリ、小学校の同窓会は格別だ。

私は城西地区は出た者だけど、この城西小学校同窓会は続けていこうと思っている。
三年後は、今回より、もっと賑やかな楽しい同窓会にしたいと思っている。

拍手[5回]

土曜日の昼、滋賀県長浜市余呉町
天女の羽衣伝説ウルトラマラソン71㎞を走ってゴールして、ウッディパルまでの送迎バスの中で携帯を見ると、佐久間の珍しい人からの着信があった。
何の用事かと電話すると
住み慣れた佐久間を引っ越すという連絡だった。


その人は80才、佐久間で一人で暮らしている。いや、いた。
昔は山が好きで、方々の山を登ってきたと話してくれた。
今は御婆ちゃんになったから、息子が危ないから登るなとい言われていると言っていた。
その人が私の所へリックを持ってきた。45Lのリックだ。
 

今回、私が余呉に担いでいったリックは、その人から頂いたものだ。

その人は、私が暮らす、佐久間町半場の市営住宅に暮らしていた。
浜松市として古くなった市営住宅に暮らす人に、新しい住宅に移ってほしいとの提案があったそうだ。
その人は、佐久間からは離れたくないのだが、佐久間には希望の住宅は無いとの話だった。

また、息子が街にいるので近くに越してくれる方が安心だと言われている、とも話してくれた。

新しい住まいは、舞阪だそう。
舞阪、、、、。
浜名湖一周のスタート・ゴール 弁天島のすぐそばジャン。


今年は、その人を、浜名湖一周ウルトラマラニック100km
ゴールボランティアに誘おうと思う。

拍手[8回]

プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 12 14 15
18 19 20
23 26 27 29
30
カウンター
忍者ブログ [PR]