忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12


昔の書物ではないが(作者はまだ生きている)優れた地域おこしだと思う。
今日、職場の仲間に紹介された本
「ローマ法王に米を食べさせた男」
を、途中まで読んだ。

この本は、2015年7月19日から9月20日まで毎週日曜日21:00~21:54TBS系の「日曜劇場」のテレビドラマ
「ナポレオンの村」の原案となった本だ。
過疎の村を救ったスーパー公務員(高野誠鮮)の話なのだ。

今日は第二章まで読んだ。
最後まで読んでからと思ったが、内容が素晴らしい、のでココで一部 紹介させてもらう。

高野誠鮮(たかの じょうせん)とは
氷見市地方創生アドバイザーで、科学ジャーナリスト、日蓮宗僧侶、立正大学客員教授、1994年から2006年3月31日まで金沢大学理学部大学院等の講師も務めた。
羽咋市役所勤務時代に限界集落を蘇らせ、『スーパー公務員』と言われた。元・羽咋市教育委員会文化財室(歴史民俗資料館)室長(館長)。
ウィキペディアから

~はじめに~
最近の会社員、特に大企業に勤めている人は、公務員化しているようです。いざ新しいプロジェクトを始めようとすると、失敗を恐れてはじめの一歩が踏み出せず、前例ばかりに縛られて・・・・・。会議は何回も何十回も開き、企画書を作りたがる・・・・。
けれど私は聞きたいのです。実際に動き出すのは何時ですか?誰ですか?
たとえば天井の電球が切れていたとする。それをみんなで下から見て、あーだこーだ騒いでいたところで灯りはつきますか?誰かが電球を取り替えないと明るくはならないのです。
(本文から一部抜粋)

 

第一章
否定する。ーーーそして限界集落の惨状の本質を見抜く
第二章
人を動かす。---たった60万円で限界集落から脱却させる
第三章
伝え、広める。ーーー空前絶後。神子原米のブランド化PR作戦
第四章
人を巻き込む。ーーー「UFOで町おこし」を本当に実現!
第五章
くつがえす。ーーー腐らない米 を武器にTTPに勝つ!
第六章
最後も、やらかす。---定年前に、世界を相手に真剣勝負!

新聞やテレビを上手に利用し、限界集落というネガティブなイメージを変えさせる、すごいスーパー公務員の話。
中でも、学生を村に宿泊させる企画を「旅館業法にひっかかります、食品衛生法にもひっかかります。なんの許可申請もしてませんよネ」との話に
「わたし達がやっているのは烏帽子親制度なんです。『平家物語』を読んだ・・・・・・仮であっても親子関係なのだから、不特定多数の人間を泊めているわけではない」
なんという屁理屈、しかし、このような公務員がいるのかと感心というか、呆れた。。。ビックリポンだった。痛快だった。。。
その他、目から鱗の話が満載。。。

多くの人に、多くの過疎地域に暮らす人に読んでもらいたい一冊だと思う。
まだ途中だけど、、、、、。
byしんしん

拍手[5回]

PR

「元旦は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし」
トンチで有名な一休宗純の作とされています。

人生を旅に例えると、一つ年をとるということは
人生という旅が、少しづつ終わりに近づいているということ。

新年、お正月 元旦、門松のお飾りに、一休さんはそんな思いを抱いたのです。

人間とはなんと愚かな者。

めでたくもありめでたくもなし
この内容は、元旦の夕暮れ、水窪の知人からのメールで知った。
わたしより一周り年上の知人は、娘も孫も今は水窪には暮して居なく別居生活だという。

昨日の初詣ラン
「おめでとうございます」
の挨拶も複雑に感じた自分だった。
しんしん

拍手[3回]

わたしにとって毎年恒例になっている新城強右衛門久楽部が企画する
田峰観音初詣ラン約42㎞
に参加してきた。
愛知県新城市の新城運動公園を朝の8時に出発
愛知県北設楽郡設楽町田峯にある田峰観音に初詣に行って帰って来る初詣ラン

地図


距離は約42㎞

新城強右衛門久楽部との付き合いは、20年くらい前になるだろうか、湯谷温泉にあるゆ~湯アリーナでトライアスロンの練習を一人でしたいた頃、新城強右衛門久楽部のメンバーの人と出会ったのが始まりだ。
新城強右衛門久楽部の練習会が新城運動公園であると言われ、参加したのがきっかけだ。

去年の写真

昨日メールで参加したいとの連絡をして、今 朝7時に佐久間の家を出発した。
新春、会う人に会う人に
「おめでとうございます」との新年の挨拶

今年は写真のランナーが田峯観音を目指す。
初心者もいるということで、スピードは控えめに遅いランナーが先頭で誘導しながら走る。

長楽エイド約6.5㎞
車が先回りをして飲食類を用意してくれていた。

その他、エイド車は新城サイクルターミナルなどで待っていてくれ私たちランナーに補給水食を提供してくれた。
感謝です。

豊川沿いを走っていると、変わった お店に出会った。

この旅館は営業しているだろうか?
チョット宿泊するには勇気がいりそうだ。

 ココの分岐を豊川沿いにコースをとって国道257号を山の奥に進んでいく。
新段嶺トンネルを抜けると伊那街道との三差路を右折する。
直ぐ先から、田峯観音までの急登が約2㎞始まる。

11時半到着、去年よりだいぶ早い。
後続のランナーを駐車場で待つ。

全員集まったところで、観音様に礼拝。
今年も無事に走れることを祈願する。

去年の写真

そして、毎年恒例の 甘酒をいただきエネルギーを蓄える。

本堂前で集合で写真

帰りは、下っていくだけ。
皆さん足取りも軽くなる。

県道に出たら、右折。
伊那街道を新城方面に進む。
最初に出てきたのが
稲目トンネル1510m
これが長い。長く感じる。
トンネルを抜けるとユルイ下り坂が続く。
暫くすると海老という地域に。

エビモータースがあった(^O^)

最後のエイド
やまびこの丘
懐かしい、ココで昔マラソン大会があった。
愛知県の国体で山岳競技がありクライミングタワーがあったはずだが、今はどのようになったのだろうか?

やまびこの丘もサイクルターミナルも、新城に鳳来町が合併して不の財産と言われるようになった感じがした。
どちらもあまり使われて無いようだった。

ココから新城運郷公園まで約10㎞
先頭の人はペースが上がってきた。
それも、コースをよく分らない初めてこのコースを走る人ばかり。
なんとか食らいついてコースを教えようとするが、力及ばず、着いていけない(;_;)/~~~

新城運郷公園に入り、わんぱく広場の坂をヒーヒー言いながら登り。
ゴール地点に着いたときには2時30分だった。

今回、2017年の田峯観音初詣ランにはラン友のシャツで走った。

頭頂部が寂しかったので、ペイントソフトで黒く塗った(*^-^*)

ランナーのみなさん。
同級生のみなさん。
FBの友達
本年も宜しくお願いします。
byしんしん

拍手[2回]

ノンフィクションライター沢木耕太郎の本
深夜特急新潮社
第三便 飛光よ、飛光よ
を読んだ。
 
たまたま、出会った、この本
トルコ・ギリシャ・地中海からの手紙・南ヨーロッパⅠ・南ヨーロッパⅡ・終結飛光よ、飛光よ」

飛光とは、日月の光
「飛光よ、飛光よ、汝に一杯の酒をすすめん 」
李賀(中国、唐の時代の詩人)の詩

去年の春。
一人で名古屋から金沢を目指した時を思い出す。
真夜中 月光に照らされひるがみ高原を進んだ路、満身創痍でたどり着いた荘川桜
 
また、夢街道90㎞
まだ、多く人が走らないころ、ヒロボーさんがさくら道遠足の練習にと真冬走った月明かりの水窪の町。
私はヒロボーさんと城西から遠山郷まで付き合い、極寒の青崩れ峠を経験した。

この世界に足を踏み入れた第一歩だった。

 

右へ行くのも、左へ行くのも、自分次第。

旅は人生そのもの。

ノンフィクションライター沢木耕太郎の本
深夜特急新潮社
第三便 飛光よ、飛光よ
を読んだ。
  

第三便を読んだので、第一便 第二便も読みたくなった。
知りたくなった。
ネットに深夜特急動画があった。

深夜特急1
深夜特急2
深夜特急3
深夜特急4
深夜特急5
深夜特急6

世界は広い。

拍手[4回]

2013年、「限界集落株式会社」という本を友達の紹介で知った。
2015年、年の初めから、その「限界集落株式会社」はNHKでドラマ化されて夜9時から放送が始まった。

TBSのナポレオンの村
は、その放送があった翌年から始まった。
どちらも限界集落がテーマだ。
TBSの「ナポレオンの村」
なんかコメディーぽくって、最後まで見なかった。
限界集落をバカにしたような感じに見えたから。。。

今日、そんな「ナポレオンの村」で検索して
ナポレオンの村【TBSオンデマンド】
で、最終回を観た。

主人公、唐沢寿明が演じる浅井栄治の言葉
「限界集落を立て直すにはマニュアル通りにはいかない」
最後に浅井は、公務員の役割を全国の公務員に向かって訴えていた。
「役にたってこそ、役人」

この物語が伝えたかった事

「受け継がれるのは、マニュアルじゃなくて、精神」

如何に便利になるか、より、如何にここで(佐久間)で楽しくここで暮らせるか。

ココに必要な物
勇気希望

勇気のようなものである。育てるには、希望が必要だ」

希望はまだ、旧佐久間中学校の正門にある!

拍手[3回]

プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 12 14 15
18 19 20
23 26 27 29
30
カウンター
忍者ブログ [PR]