忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11

台風22号接近により外は雨模様。
図書館で借りてきた「ルーズヴェルト・ゲーム」池井戸潤著書を読むことにした。
ルーズヴェルト・ゲームとは?
「点を取られたら取り返し、8対7で決着する試合」を意味し、野球を愛した第32代アメリカ合衆国大統領のフランクリン・ルーズベルトが1937年1月に、ニューヨーク・タイムズの記者に宛てた野球記者協会から招待されたディナーを欠席することを詫びた手紙の末尾に記された「一番おもしろいゲームスコアは、8対7だ」という言葉に由来する。
ウィペディアから。

2014年TBSテレビ日曜劇場で放送され、あまりにも有名らしいが自分はテレビは観ていなかった。
青島製作所の社会人野球部の話と、その製作所のライバル会社からの吸収合併の話から始まる。

会社経営も野球の試合も、波乱万象の方が面白いのか?
また、人生も。

ルーズベルト・ゲームをネットで検索すると。
TBSテレビで放送された話が載っていた。
豊橋でロケをやり、市民もエキストラ募集で参加していたみたいだ。
野球場は豊橋の豊橋市民球場をつかっていたみたいだ。

丁度、今晩のTBSテレビ「東芝日曜劇場」
陸王
これも豊橋でロケをしたときく、知り合いもエキストラで参加した人がいる。
先週観なかったので、今日から観ようと思う。
陸王
も、池井戸潤の書いた小説だ。
楽しみだ。

拍手[4回]

PR

コース
ルートラボ
https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=18203a3b375c68136d37dab192c2d068

去年の動画

今年で第3回目になる、
峠の国盗りマラニック
金曜日の朝、峠の国盗り綱引き合戦は天候悪化の恐れがあるために中止しますの案内が来た。
ラインで走る人に連絡、せっかくの「峠の国盗りマラニック」もテンション↓↓↓(/_;)↓↓↓
 
しかし、マラニック
峠の国盗りマラニック2017は中止にはしなかった。
来てくれる人が一人でもいれば、やろう。
そんな思いが通じたのか。

雨の中、みさくぼにき着てくれた人が居た。

今年の動画です↓

最後の言葉
遠山郷観光協会から少し抜粋しました(^O^)/
http://tohyamago.com/experience/tsunahiki/

たまたま車の中にあった
峠の国盗りマラニック2017
参加していただき、ほんとうにありがとうございました。
集まった仲間の綱引きに、マラニックの仲間の温かなを感じた一日だった。

拍手[9回]

水窪祭りで出会ったのが運の付き。
名刺を頂いて、電話して、西浦公民館に用事で行ったときの帰り、草をむしっている人が、その原さんだった。
話すとなが~い何時までも話している。
最後に
「水曜日の夜、実践塾みさくぼをやってるで、是非きて~ネ」
そんな言葉で、行ってみた。
みさくぼ実践塾

場所は、永福寺。
佐久間から車を飛ばし、みさくぼに着いたのが7時。
間に合った。
もう数台の車が、駐車場は満車だ。
 
原さんのこの塾のことは
静岡新聞で読んで知ってはいた。
水窪盛り上げ 知恵生かす 「脱・限界集落」テーマに塾
住んでいるところは水窪ではないが、誘ってくれたので顔を出してみた。
同じ北遠、過疎高齢化に苦しむ浜松の北の隅っこの地域だから、気にはしていた。
 
参加者に35歳の名古屋から来た青年がいた。
子供を連れて水窪に移り住んでみようかと言っていた。
そんな青年に、地元の人が興味を示した。
 
このような活動で、地域を世に知ってもらい、出会いがあって、過疎地域に人を呼び込むことができるかもしれない。
可能性はゼロではない。
まずは、実践してみること。

過疎だ過疎だと嘆いているより、まずはやってみること。
「おもしろき こともなき世を おもしろく すみなすものは心なりけり」
平谷村の蕎麦屋「侍」
やったらどうか?
ではなく、実践してみるから答えがでるのだ。

拍手[4回]

10月15日(日)
「中村館」で朝6時半に朝食、7時に「国盗り」で水窪役場前で待ち合わせだというので行ってみた。
 
水窪のNPO山に生きる会に入って今年で4年目になる。
佐久間からはチョット遠いので、自分のやりたいこともあるので、なかなか活動には参加できなかったが、今回浜松市ギャラリーモール ソラモでやる「山フェス」の参加の依頼が来たので行ってみることにした。

山に生きる会の会員になって、黄色いジャンパーをもらい、事務局長から「活動の時にはこのジャンパーを羽織って来てください」と言われたのだが、登山・ハイキング・山の道造りでは持っていくの忘れたり暑くて必要なかったりで着たことが無かった。
今回、初めて山に生きる会の黄色いジャンパーにそでを通した。

山に生きる会では「つる籠づくり」「木工工作」など。
水窪から浜松駅まで約二時間、大きくなった浜松市の隅っこから黄色いジャンバーを着てやってきた。
 
あいにくの雨降り、屋根の下の作業で助かった。
 浜松市ギャラリーモール ソラモ
浜松市では一等地、そんな場所の雨もしのげる場所、一等地の中の一等地での出店。
 
こんなチャンスはめったにない話。
チャンスを生かさないと、田舎、何もないとこかもしれないが、何かをつかむチャンスは与えられている。

拍手[7回]

森町三倉での勉強会・読書会を早くに終わらせてもらい、次なる予定「ユニバンス水窪事業所同窓会」会場である水窪に車を飛ばした。
萩田氏の
「横断幕持った!」
の言葉に、シマッタ忘れてシマッタ。
夕方6時の予定までには時間があるので、直接水窪には行かないで佐久間の家まで帰って忘れ物を持ってから水窪に向かった。
途中、相月バイパスの切開(キイナマ)三叉路で車が横転している事故発見!!!
小雨降る中の運転でスリップしたのだろうか、乗っている人が心配な事故現場だった。

ユニバンス水窪事業所同窓会
今年で3回目になる。
1回目2015年は23名
2回目2016年は 8名
そして今年
3回目2017年は10名
の参加者が集まった。
勉強会で読書会で教えられた、おかげさま、10名もの人が来てくれ、ほんとうにありがたいことだと思っている。
しかし、今回で終わりにしようと会の最後に、みんなに言おうと思っていた。

ユニバンス水窪事業所同窓会の会場は「中村館」
5時15分ごろ到着
会場に持って行ったものは去年の集合写真

ユニバンス水窪事業所同窓会の横断幕、これは萩田氏に書いてもらったものだ。
メンバー表
一人5000円の会費
10名×5000円=50000円になる。
一人二人と集まって来る。
定刻の夕方6時、まだ二人の人が来ていない。
電話をしたら7時と間違えた人、日にちを勘違いしてた人。

1年ぶりに再会して、それぞれの近況を話し、懐かしみ合い笑い酒を飲んだ。
「今日は、ありがとう」
「タクシーを呼んであるで先に帰るで」
と言って帰った人が居た。
「時間が来たので、中締めしたほうが」
そんな話が出た。
そうだ、横断幕で集合写真を撮らなければ。
 
パシ!!。
フジユニバンス水窪事業所同窓会2017年の集合写真だ。
残念なことをした。
先に帰った人を一緒に写さなかった。
いろいろ不手際の多い幹事でスイマセンでした。
 
会が終わり。
森町三倉から帰って来る時に、この飲み会も今年いっぱいで辞めようと思っていたが
そんな考えは自分の頭から消えて無くなっていた。
フジユニバンス水窪事業所同窓会
一人でも喜んでくれる人が居る限り、続けていくのが自分のやるべきことだと思っている。
そう思うようになってきた(*^^)v

拍手[9回]

プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 9
10 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
忍者ブログ [PR]