忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11


10月2日は
「ぐるっと浜名湖一周エンジョイウルトラマラニック」
前日にウェルカムパーティーがあるので
それも参加。
せっかく街に出るのだから、思い出深い湖西市に行くのだから、FBで友達になった、昔勤めていた会社の上司に会おうと思い約束した。
場所は新居町「小松楼まちづくり交流館」

10月1日朝
遠鉄電車で浜松に向かう途中
隣の席に座っていた人に声をかけられた。
「新○さんですよネ~」
その人は、「たつやま凸凹マラニック」でお世話になっている○木ち○子さんだった。
最初、声をかけられたときには、誰だったのかわからなかったが思い出した。そして名前もそのときに出て話をした。
新浜松駅に着き、階段を下りると水窪の幟が目についた。
丁度いい、水窪名物「栃もち」を購入した。
私が所属しているNPO「山に生きる会」の人たちも一区画のブースで何やらやっていた。
今日は「山フェス」浜松市として山間部をアピールしようとの企画なのだ。
マラニックがあるため、今回は私参加することはできなかった。
その旨を事務局の人に伝え、東海道線で新居駅に向かう。

「小松楼まちづくり交流館」をグーグルマップで案内してもらい、新居駅から会館までは徒歩。
着いたぞ~。。

懐かしい人に出会った。。。
「小松楼まちづくり交流館」
は、その昔は芸者や遊女を抱えている家「置屋」だったそうだ。
そこで、先輩は地域の老人の写真展をしている。
74歳
まだまだ元気、やることがイッパイあるそうだ。
様々な地域の大役を背負っているそうだ。
昔、私がフジユニバンス水窪事業所に勤めている時
職場のリーダーで、多くの嘆きを言ったことがある。
そのとき、山間部の会社で働く人を年寄りばかりだからと嘆いたときがある。
そんな時
「年齢が上だから何もやらない、そうではない若くても何もやらない人はいる、また逆に齢を重ねてもイキイキと頑張っている人もいる」
そんなような事をリーダの前で話したことを覚えている。

そんな懐かしい昔話に花を咲かせ、「小松楼まちづくり交流館」を後にした(^O^)/

夕方になり、
「ぐるっと浜名湖一周エンジョイウルトラマラニック」
のウェルカムパーティー
を待っているとき
私の動画を観ているらしい人から声をかけられた。

ボランティアで夏の「富士山頂往復マラニック」でもサポートをしてくれた人らしい。
大変ありがたいことです。

またまた
「ぐるっと浜名湖一周エンジョイウルトラマラニック」
を走っている途中に
三ケ日駅前のコンビニに入ってガリガリ君を買って出てきたときに
若い40歳代の男性に
「新○さんですよネ~」と声をかけられた。
「え」如何して?
男性:「私もトレランやっている」
男性:「私は龍山出身だから」
男性:「嫁は佐久間」
 私:「佐久間は何処」
 嫁:「中部」
 嫁:「ヨシアキの娘」
え、え~。
なんという出会い。
知り合いの知り合いは知り合いだ(^O^)/

今回の
「ぐるっと浜名湖一周エンジョイウルトラマラニック」
で、多くの出会いがあった。
人は一人では生きてはいけない。
自分では感じない出会いを感じた二日間であった。。。

拍手[9回]

PR

交通インフラの整備で、日本は爆発的に成長する!!!
三橋貴明さんが言っているの事の一つ
そこで思い出すのが
「日本改造論」田中角栄の頃の話。
いま

利益誘導・土建政治
とかいう人がいますが、
山間部の人にもしっかしとした医療サービス・行政サービスをとの願いを届けたい。
と、語ってくれる人がいた。

が、民主党が政権をとった当時のマニフェストで
「コンクリートから人へ」
といい、公共事業が進まなくなり、山間の希望の光であった三遠南信道路の事業がストップしたことがある。
これ以上、緑豊かな故郷をコンクリートで固めていいのだろうか?
と。
 
過去の
「チャレンジマラニックin遠山郷」
のスタート前に、遠山郷観光協会の会長が
関東方面から来るランナーに向けて
「数年後にはリニアが飯田市まで来ます。東京は方は三時間ほどで遠山郷に来ることができるようになる」
そんな挨拶をした。
そのとき、仲間のランナーが(太平洋沿岸に暮らす)人が
「リニア、南アルプスにトンネルを掘ることは環境破壊だ」
と静かに呟いた。
周りの多くの人が、そうだそうだとうなずいた。
そのように見えた。

三遠南信自動車道

中央新幹線リニアモーターカー

険しい山に囲まれた山間の里
遠山郷北遠に暮らす者にとっては希望の光だ。
 
佐久間町の希望の前で(^O^)

いま日本に必要なのは強いリーダ―

日本に暮らす、どこの町でも、暮らしやすい国づくりを考えていた
田中角栄
日本列島改造論は、今なお進んでいる。
三橋さんが言っている
交通インフラの整備で
日本は爆発的に成長する!
も、同じだ。
 
交通インフラの整備で、日本は爆発的に成長する!!!
三橋貴明さんが言っているの事の一つ
有難い事だと思う。
これからの日本で大切なことだと思う。

拍手[3回]


広域合併をした浜松市は
日本で二番目に広い市になった。
(一番は岐阜県高山市)
その浜松市は2007年4月1日、政令指定都市になった。


浜松市の北部は北遠は
いや、北遠も政令指定都市浜松市の一部


この環境とは
日本で二番目に大きい市
政令指定都市浜松市の山奥の地域に暮らしている環境のこと。

その環境で暮らしている者が切磋琢磨して地域を盛り上げる。
切磋琢磨努力に努力を重ねること。また、 友人どうしで励まし合い競い合って向上すること。

天竜区のそれぞれの地域が
天竜・春野・龍山・佐久間・水窪
地域どうしで励まし合い競い合って向上すること。

切磋琢磨して地方創生

地方創生→人口減や雇用減に苦しむ地方自治体の活性化を目ざすこと。
ここの地方自治体が、というところが問題。
北遠は佐久間・水窪・龍山などは、もう政令都市浜松市の一部だから(/_;)グスン
でも、その環境は変えることはできない。
その環境でやるしかない(;_;)/~~~

「生き残れるのは、変化に対応できる者」

拍手[6回]

今読んでいる本
三橋貴明
全国民が豊かになる
最強の地方創生
交通インフラの整備で日本は爆発的に成長する!

第一章
東京一極集中で見えてくる
日本の弱点
第二章
安倍政権の「偽りの地方創生」では
日本は破滅する
まで読んだ。

第二章の中の
安倍政権の地方創生は助け合いの精神を捨てた「競争政策」
その中の一文
そもそも、安倍政権の地方創生策は、各地方に「総合計画」の策定を求め、それを霞が関が「評価」し、予算を配分するという仕組みになっている。すなわち、各地方に「競争」を求めているのである。
競争とは「勝者と敗者」に区別すること
日本人が好きな「切磋琢磨」とはまったく意味が違う。地方が互いに競い合い、ともに伸びていくことを目指すのであれば、それは切磋琢磨になる。
安倍政権の地方創生は、各地方を勝ち組と負け組に区分する「競争」政策なのである。
原文まま

昔、明治の時代、日本人は欧米列強に追いつき追い越せと「切磋琢磨」してきた。

大正・昭和、
昭和の時代には戦争があった。
昭和20年、終戦を迎え、日本は復興に向けて「切磋琢磨」した

日本は先進国になり平和で裕福な国となった
平成の時
2005年(平成17年)平成の大合併があった。

今、日本では地方創生
まち・ひと・しごと創生本部
地方が成長する活力を取り戻し、人口減少を克服する。
 
国では様々な事をやり地方を応援してくれる。
そう思っていた。

本では、今のままの地方創生ではダメだと言っている。
東京は便利で地方は不便
勝ち組、負け組の世界ではダメだと。

この前、水窪の旅館に泊まった時に
そこの若女将さんが言っていた
「出てった人が勝ち組で、残った者が負け組みみたいでカナンゾ~」と。

町に住もうと田舎に暮らそうと、同じ浜松市の市民。
田舎の暮らし。
もっとインフラを東栄町・遠山郷のように整備してほしい。
道路もネット環境も。。。
 
田舎に残っている者、負け組みではないョ。
切磋琢磨して、この環境で楽しく生きていこう(^O^)/

 byしんしん

拍手[4回]

特別養護老人ホーム
さくまの里
の、敬老会だった。

ひと言の挨拶を、ということで、それなりに上がった
ドキドキ

あいさつ文の中の
皆様は、激動の昭和の時代を乗り越えてられ、こんにちの日本の発展にご尽力されました。
皆様の御労苦に少しでも報いるために、家族会として贈り物です。

昭和の時代は
そう、戦争があった。
今日、表彰された人たちは、戦争が終わり、日本が焼け野原で、なんにもない時代を生きてきたんだ
百田尚樹の「永遠の0」を読んだ。
 百田尚樹の「海賊とよばれた男」を読んだ。


 わたしは
昭和35年、城西地区の横吹(よこぶき)で生まれ育った。
当時は、子どもたちもたくさんいて賑やかだった。

湖西市に働きに出て、新居町で家族に恵まれ
29歳の春、横吹に帰ってきた。

次の年
村道が自分の家まで来るのは不可能な村を捨て
半場に引っ越した。
平成一年の春

自分の暮らすところは
城西地区から佐久間地区になった。

今日の
さくまの里
敬老会
城西地区の女性団体が銭太鼓を披露してくれた。

小さなときお世話になっていた人の顔が輝いて見えた。

モチロン
ラウンジ富美  チーママの熱唱にも
感動した(^O^)/

初めて参加した敬老会
昭和の時代が去り、今は平成の時代。
何時までも、この平和な世界が続くように、今を生きる人たちは便利ばかりを求めるのではなく、
立ち止まり、ちょっと不便だけど楽しい。温かい世界。
に、 進んでいこう。そのようにしなければ。。。
 
佐久間にはコンビニは無いけど、そんな温かさがある地域だ(#^.^#)
byしんしん

拍手[9回]

プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 12 14 15
18 19 20
23 26 27 29
30
カウンター
忍者ブログ [PR]