忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9

ぐるっと富士山一周100㎞ウルトラ・マラニック
 の40㎞付近に上九一色村はある。
 
いや、あった。

1995年 地下鉄サリン事件があり、オウム真理教が、サリン製造の拠点にと住んでいたところ、そこが上九一色村だった。
その上九一色村も
今は、写真にも書いてあるように、富士河口湖町になっている。
上九一色村
上九一色村(かみくいしきむら)は、山梨県西八代郡にあった村。2006年(平成18年)3月1日、北部の古関・梯地区が甲府市へ、南部の精進・本栖・富士ヶ嶺地区が南都留郡富士河口湖町にそれぞれ編入されるという、全国でも珍しい市町村合併を行った。後述のオウム真理教事件によって広く知られた村だった。
ウィキペディアから引用

富士山の裾野に広がる美しい上九一色村も、今はもう無くなってしまった。
甲府市と富士河口湖町になってしまった。
山梨県には、他にまだ新しい市が増えた。
珍市。。。
甲府市

甲斐市
中央市
 山梨市
 甲州市
なぞなぞと、我が市が一番と主張している市名が並ぶ。

おもしろいのが、南アルプス市・甲斐市・甲府市・中央市に囲まれた所にある昭和町

小さな昭和町。そこにはパナソニックがあるという。

それぞれの地域が、平成の大合併時に知恵を絞って選択した結果の山梨県の合併後の地図なんだナ~。。。。

山梨県西八代郡上九一色村も住所は変わっても、雄大な富士山は直ぐそこにそびえている。
どんなに世相が変わっても、その山だけは昔のままで、あたたかく帰郷の人を迎えてくれる
 

どんなに世相が変わっても、信念を持って頑張っていこ~っと(^O^)/
しんしん

拍手[4回]

PR

ゴールデンウィーク
天竜川リバーサイドウルトラマラニック
を走っているとき、一緒に走っている人と、何気ない話をしていると、
その人は東京の人だった。

5月14日(日)
東京 浅草へ遊びに行くと言うと
「浅草に行くのなら是非、蛇骨湯に行くといい」
「ちょっと変わった、おもしろい温泉ですョ」
と教えてくれた。

早速、行ってきた。

と言っても、お連れの方が3人いるので看板の前で写真を撮っただけなのだが。

妹の子供、姪がグーグルマップで案内をしてくれ辿り着いた。
下町情緒あふれるところの様だった。

妹親子と別れ
帰りは隅田川 沿いの遊歩道を歩いてアパホテルに帰った。

拍手[3回]

2017年5月13日(土)
嫁さんの実家、青森県でジョグ11㎞
 
久しぶりに裸足ラン
も、した。
400×2
 
2017年5月15日(月)
東京浅草のアパホテルに宿泊し、翌朝、隅田川沿いにある遊歩道を走る。
昨日は見えていたスカイツリーは上半分が雲の中。
 
2017年5月16日(火)
佐久間に帰ってきた。
何時ものコースを10㎞朝ラン

佐久間部品を一周して
Runtastic GPS ランニング&ウォーキング運動記録アプリ
をストップさせた。

思い起こせば
27年前、ここ佐久間に越してきた春。
会社の仲間に「佐久間駅伝を走らないか」と声をかけてもらい。
走り始めたのが佐久間部品の周り一周。

始があり終わりがある。
走り始めた自分があり。いま、走るということで今の自分の、生きている喜びを実感している。

次の日曜日は
ぐるっと富士山一周ウルトラマラニック
100㎞
今年はどんなふうに迎えてくれるのか、、、富士山。

拍手[5回]


「平成28年度の活動を振り返って」

活動テーマの「活動の継続を意識しながら今求められている私たちの役割を再確認しよう」

1.県内9000人のドナー登録者確保のための確実な取り組み。

会としては東・中・西の献血ルームに月一回説明委員を派遣して、献血に訪れてくれる方に登録を呼びかける活動をしている。
・・・・・。


 2、造血幹細胞提供における公的支援制度導入に対する働きかけ強化
移植に伴うドナーさんの休業休暇や雇用主さんの損害を公的に、つまり税金によって賄ってもらうと言う「公的支援制度」

3、社会的な責任を自覚した活動の具体的な展開

4、組織力強化対策の展開
マンパワー不足・資金不足の状態が続いている。
広報誌で「会員募集」を呼びかけているが、なかなか新しいメンバーを得ることができない、どうすれば魅力ある活動になるのか?
テーマが多少重いものである事から、ひたすら楽しいだけでも困るということも原因していると思います。

一方確実な収入源を持たないがため、資金不足が続いています。実際会員の持ち出しに依存している部分もあるのが事実です。ここ数年「活動運用費」のやりくるで何とか・・・・・・・。

最後に
静岡県立こども病院医学図書室司書
塚田薫代さんの 講演があった。

PTG(心的外傷後の成長)

もがき・闘い・葛藤

心理的な成長

PTSD(Post Traumatic Stress Disorder :心的外傷後ストレス障害)

詳しくは↓
https://makeyousmile.info/media/2693/


様々な本の紹介も。

会が終わり。
静岡駅ビル内で慰労会。

新幹線・飯田線を利用して佐久間に帰ってきた。

拍手[4回]

に、行ってきました(^O^)/

場所は静岡県静岡市 駿府公園近くの

静岡県総合社会福祉会館(シズウエル)

10年前、初めて行ったときには飯田線の始発の電車に揺られて参加してみた。

それが、2014年
東海道を走って静岡まで行こうと思い立ったのでした(^O^)/

日曜日は「静岡骨髄バンクを推進する会」の総会だった。2014

掛川駅から日坂峠を越え島田に出て、大井川の橋を渡ってすき家で牛丼食って、もっと頑張ろうと思ったが、チョット無理だと考えて藤枝駅から電車で静岡駅に行って総会に参加した。

今年、2017年
そいじゃ~。
今年は、菊川駅から走ろうと計画して実行した(^O^)/


藤枝駅から北上し藤枝市に合併した岡部町を通り宇津ノ谷峠を越えて静岡市に入った。
岡部町の観光協会でパンフレットをいただき、宇津ノ谷峠の説明をしてもらった。
明治のトンネル・大正のトンネル・昭和の平成のトンネルの話。
 蔦の細道の話。

チョットふっくらした観光協会の女性は、岡部町・東海道の説明を丁寧に語ってくれた。
そこの地で出会った人が、そこの地の第一印象を自分に印象付ける。
岡部町は初めて行った土地だけど、自分にとっては好印象の地域に感じた。

今回、宇津ノ谷峠で明治のトンネルに向かった、半袖のTシャツで走っていた自分に「トンネル内は寒いですョ」と若い女性が声かけてくれた。
明治のトンネルを抜け、宇津ノ谷峠地区カントリートレイル案内図の看板を背に写真を撮ってもらう。

その人の連れの女性が
「どこから走ってきたのですか?」
そう言われたので
「藤枝駅から」
と、答えた。
また、
「これから駿府公園を目指します」
と言うと。
「頑張ってください」
と笑顔で答えてくれた。

宇津ノ谷峠地区は東海道の宿場町そのままの綺麗な街並みだった。

自分は東海道を忠実に走るつもりはなかった、それぞれの街が地域がどんなになっているか、そんなことを感じたかった。

綺麗な街並みは、そこに暮らす人たちの気持ちで維持されているのだと思う。

そのまま静岡市の駿府城跡の公園に、ちょうど2時ごろ到着

さって
静岡県総合社会福祉会館(シズウエル)

に行って。
 「静岡県骨髄バンクを推進する会」の総会に参加しなければ(^O^)/

つづく。

 

拍手[2回]

プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11
14 15 16 17 18
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
忍者ブログ [PR]