忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9

日曜日の予定


何故か好きになったこのコース、去年走って気に入って今年も走ろうかと思っている。
藤枝は藤の花が綺麗だった。
初めて訪れた岡部町、観光協会の人が優しかった。
歴史街道「宇津ノ谷峠」丁寧に説明してくれた。

静岡市になった丸子宿を通過し、安部川を渡り、駿府公園、そこにある静岡県総合社会福祉会館シズウエルで静岡県骨髄バンクを推進する会の30年度総会がある。
コース
ルートラボ

2017年のブログ
2014年のブログ

拍手[3回]

PR

骨髄バンク啓発ボランティア、そんなことを初めて10年
何のためにやっているのか?
トキドキ考える。
ネットをフラフラ、出会ったpdf
提供希望者都道府県別登録者数(2018年3月末現在) (PDF 129KB)

483.879人
日本の人々の中で、こんなにも多くの人が骨髄バンクに協力してくれている。
中でも「登録者数」の中の「18歳~19歳」
秋田県 3人
岩手県 4人
山梨県 6人
富山県 8人
福井県 2人
一桁の県を挙げてみた。

自分が若かったとき、こんなことを考えただろうか?
自分さえ良ければ・・・そうおもって暮らしていたのではないだろうか?

健康で、不住な生活をしたことがなかったころは考えもしなかった、こと。
アタリマエだと思っていたことが、アタリマエにできなくなって、初めて気づく。

アリガトウ→有り難し。
滅多にないこと。
生きてることに感謝、アタリマエと考えない有り難しと考える。
58歳走るおやじ、10年前には考えられなかった。

拍手[1回]

強い人になるにはたくさん
     の挫折が必要です。
優しい人になるには
     何度もの哀しさが必要です。

この言葉は、先日行われた「さくら道国際ネイチャーラン」に参加した知り合いの投稿から知った。
様々なウルトラマラソンのコース上に選手の心を癒す言葉が書いてあることがある。

言霊
古代日本で、言葉に宿っていると信じられていた不思議な力。
苦しい場面で出会った言葉に救われて、100kのゴールを目指したことがある。

様々な言葉は、その人の考え方、自分の今の状況によって、その人の心に落ちる。

先日、お見舞いに行った、芋堀の人からのメール

このような添付ファイルがあった。

言霊の力
おそるべし。
100万回のアリガトウ
おそるべし

拍手[3回]

今、現在の自分
それは過去からの積み重ねの結果である。

『原因と結果の法則』は、目に見える物質の世界においても、目に見えない心の世界においても、つねに絶対であり、ゆらぐことがないのです」 (本文より)

今、自分がこんな状態である。
それは、自分が積み重ねてきた事の結果である。

ゴールデンウイークは

走ってきた一年間の集大成。
自分なりの走りをしたい(^O^)/

拍手[4回]

平成30年4月13日(金)
佐久間から滋賀県浜市余呉町までウルトラマラソンに行く途中の出来事です。
バンガローで飲む様々なドリンクを積み、焦る気持ちでいたのでしょうか?
静岡県側の狭い道を通り抜け、愛知県側の国道151号にはいったとたん、目の前に赤い旗が。

そう、速度取り締まりでした。

 

どうして?
そう、春の交通安全週間
自分、安全協会のメンバーで、今日、ほんとうは当番日、山ちゃんに「その日は滋賀県に行く用事があるので参加できません」と報告したのだった。
なんてこったい。。。。

手痛い授業料だナ~。

安全協会、ウルトラマラソン、その他いろいろ、今自分はそんなことを何のためにやっているのか?
イヤイヤやっていたのでは自分の為にならない。
そんなことを今回の悲しい出来事で考えた。

拍手[5回]

プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
58
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 3 5 6 7
8 11 13
15 18 19 21
24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
忍者ブログ [PR]