忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9

水窪
NPO法人「山に生きる会」
から
第30回 常民大学合同研究会 の案内が来たので行ってみた。

と き 平成28年11月12日(土)
ところ 浜松市佐久間町 
    「佐久間歴史と民話の郷会館」小ホール
 
主催 常民大学合同研究会運営委員会
   於波良岐常民学舎(群馬)
   立川柳田国男を読む会(東京)
   鎌倉柳田学舎(神奈川県)
   花巻常民談話会(岩手県)
   遠山常民大学(長野県)
   飯田柳田国男研究会(長野)
   遠州常民文化談話会(静岡)

講演 磐田市
   浜松市

研究主題◆常民大学と地域文化
ー後藤民族思想史の検証と発展ー

 
柳田国男が、昭和初期に書いた名著『都市と農村』のなかで、次のように述べていることを改めて考えてみたいものである。
「それぞれ人又は一家が、世の流行と宣伝とから独立して、各自の生計に合わせて如何なる暮らし方をしようかきめてかかる風が起こればそれでよいのである。
この風習さえ一般になれば、第一次には都市の支配を免れ、すなわち地方分権の基礎はなるのである」
(引用は現代表記)
 生活に追われ、時間に制約されるころが、食生活をも貧しくしていく。
 働くために時間を制約されることが、さらにまたさまざまな精神の喪失をさせていく。
 たとえば、古いいい意味での文化伝承を営み伝えてきた年中行儀や冠婚葬祭の儀礼が姿を消しつつあり、簡略化と都市化が進んでいる。
 以下省略

常民とは
民俗伝承を保持している人々を指す民俗学用語で、最初に使用したのは柳田國男である。「庶民」の意味に近いが定義は一定しない(柳田自身も明確な定義を示さないままであった)。
概要
現在一般的には使われないが、元来は「山人」に対する「里人」を意味する言葉であった。日本の民俗学の創始者の一人、柳田は、初期の研究においては村などに定住せず山々を巡り歩いた山人を研究していたが、彼ら山人に対して一般の町村に住む人々を指す意味で「常民」を使用した。
しかし、柳田の研究の対象が里人に移るに至って、この言葉の用法は変わっていった。
ウィキペディアから引用

この研究会の中で最初に
近畿大学名誉教授・文化功労者
野本寛一先生の記念講演があった。
「この国を方途をさぐるー山のムラで学んだことからー」
われわれ一人ひとりの主体性をどうするか、一人ひとりが主人公で考えなければならない。行政が悪い政治が悪いそんなこと言っててもはじまらない、自分はどうだなのだ。だからどうするんだ。というふうに考えなければならない。

昨日は一日、このような研究会を聴く機会に恵まれた。

多くの人の考え方がある。

今日は、これから
ジュビロ磐田メモリアルマラソン
ハーフだ。

マラソンの半分の21.0975キロメートルを走る。
走る人にも多くの人がいる。

行政が悪い政治が悪いそんなこと言っててもはじまらない。
ただ一生懸命、走るだけ。
ただ一所懸命、ココで暮らすだけ。
 byしんしん

拍手[2回]

PR

「開脚」( ゚Д゚)

泉先生、大阪出身のヨガインストラクター。

どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法

「ベターッと開脚」

そんな本に出合った。

今年中に、56歳の身体に鞭打って
ベターッと開脚できるように頑張ってみよう(*^^)v

byしんしん

拍手[4回]

10月23日(日)は、静岡県浜松市の山の奥(水窪町)の、そのまた山奥、静岡県境(兵越峠)で
峠の国盗り綱引き合戦
が、おこなわれる。

静岡県浜松市の山奥(水窪町)の若い衆と
長野県飯田市の山奥(遠山郷)の若い衆の
静岡と長野の県境をかけての大一番。。。

ヨイショ、ヨイショ。。。
遠山郷HP
峠の国盗り綱引き合戦
(切なる祈りをユーモアに託して真剣勝負)

ヨイショ、ヨイショ。。。
三遠南信自動車道、早期完成!!
ヨイショ、ヨイショ。。。
青崩トンネル、早期開通!!
ヨイショ、ヨイショ。。。
国道152号線、早期改良!!
ヨイショ、ヨイショ。。。
早くしないと
ヨイショ、ヨイショ。。。
住む人が居なくなりそうだ!!
ヨイショ、ヨイショ。。。
早く、速く、道路整備進めて!!
ヨイショ、ヨイショ。。。
浜松・飯田・豊橋の市長さん
宜しくお願い。
ヨイショ、ヨイショ。。。

本当に、ココ田舎に暮らす人々は
切なる思いがあるのです。
こんなところに暮らしていていいものだろうか?
隣の人は浜北に引っ越した!!
そんな日常が続いています。
佐久間町に暮らす自分は、やはり原田橋の問題があります。
迂回路である山道も今は通行止めの状態です。
目と鼻の先の働く場所に、大回りの道(浜北周り)しか通えない状態が、こらからも3年間続けなければいけないのです。
だから
便利の良い、街へと引っ越す人が多いのです。
地元の人も「しょんないワイ」と言うのです。
だから
三遠南信自動車道、早期完成!!
青崩トンネル、早期開通!!
国道152号線、早期改良!!
原田橋の早期完成!!

宜しくお願いします(^O^)/
byしんしん

 

拍手[5回]

日本で二番目に大きくなった浜松市
浜松市天竜区水窪
少し行けば長野県
そんな所にある、西浦 田楽の里
http://www.at-s.com/news/article/local/west/59714.html

土曜日は、そこで「飲み会」

メンバーは
しんしん
ヒロボー
ナオミ
ノブユキ
kazukawa
よっぴー
うっちゃん
ヤヨイ
マユミ
テツヤ
トモゾウさんは仕事の関係で泊まれるかクレッションだと連絡が来た。

なんのメンバーかというと
走る人。
超長距離を走る人。
次の日
10月23日(日)
北遠(ほくえん)では
峠の国盗り綱引き合戦
が静岡県浜松市と長野県飯田市の県境である。

それを走って応援に行こうではないかと、集まった仲間だ。
去年は残念ながら遠州軍は負けてしまった(涙)
今年はどうなるだろうか?

ま、地域の交流の一環から始まったイベント
地元の若者が頑張る姿を見学するのも良いものだ(^O^)/

遠くから来た、街から訪れた、そんな人たちも
其々の考え方で、思いで、地元に残った若者の頑張りを見てくれるだろう。

遠州ガンバレ!!
信州マケルナ!!

拍手[7回]


今日の話題は
プロ野球広島東洋カープの黒田博樹投手が、今季限りでの引退を表明した。
の、ことだ。


20014年12月29日
私の書いたブログ
黒田投手が広島に帰ってくる。

世の中には様々な人がいる。
年俸20億円にのぼるメジャーの巨額オファーを蹴り、古巣広島東洋カープに帰ってきた黒田。

リーグ優勝を決め、
日本シリーズを最後にユニホームを脱ぐことを決めた黒田。

男気を感じずにはいられない。

きー君だ。こっぺだ。

俺たちの同級生にも男気のあるやつは、多い。。。

拍手[7回]

プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 12 14 15
18 19 20
23 26 27 29
30
カウンター
忍者ブログ [PR]