忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

アニメ映画。
ジブリ、千と千尋の神隠しを昔、家族で観た。
千尋が迷い込んだ世界、美味しそうなものをムシャムシャ食っている二人がいつの間にか豚になった。
そんなシーンが衝撃的だった。


千尋(子ども)豚になった二人(大人)


産まれてきて、育ち、大きくなって世間を知って、世の中の酸いも甘いも噛み分けて、経済一辺倒の先進国の歯車に噛みあって廻っているうちに、豚になっていくのだろうか。
お酒もホドホドがよい。

拍手[2回]

PR

半場に越してきて、家族で新城のユニーへ買い物
日用品、買い置きの食料等々。。。

 

ユニーの駐車場で車の運転席に座り、まだ買い物に行っている子供たちを車中で待っているとき。
そのとき、後ろの席に座っている母(まだ元気だった母)が
母:「丸ごとバナナ食うか~
と言ってきた。
そんな、食わない、いらない、と言い返した。
運転席で雑誌を読んでいたら、アマーイ香りが、後ろで母が丸ごとバナナを食べていた。
私:「カロリー取り過ぎだぞ~」
母:「昔、食えんかったで今食う~」
 
 丸ごとバナナをまるさら食べちゃた。
カロリー取り過ぎー。
まだ60歳代だった母、食べるのが好きだった母
 


今年の6月で92歳

拍手[4回]

夜中、NHKの放送で・・・・・。
その番組は若者と中高年の対談形式のかたちでの内容だった。

バブルがはじけて、これからの日本どうなる!!!
そんな内容だったと思う。
今思うと、その若者と中高年は(団塊世代と団塊ジュニア世代)での討論だったのではないだろうかと思う。

私は、この団塊世代と団塊ジュニア世代の真ん中ぐらいの世代である。
こんな内容の放送は好んで観る。
若い世代は、就職難 フリーターやニートなどの問題がある。自分の将来のことに悩んでいる若者の意見があった。
こらからどうなるのだろう。と自分も思った。

番組も最後の方になり。
今の中高年の定年退職している人のあるシーンがテレビで放映された。
それは豪華客船で世界一周の旅にでる日本の中高年の姿である。
夜はダンスパーティー、昼はクルーズ、世界の主要な港にいくゴウジャスな旅のビデオだった。
そのビデオが終わり、其々の立場から意見が出て、最後に団塊世代の女性の言葉が、私の脳裏から離れない。
「わたしたちは戦後 苦労をしてきて今まで働いてきた。自分御金で旅に行って何が悪い」

これからの自分の生き方、自分の自由になるお金の使い方を考えている。
自分の自由に使えるお金の範囲で走りを楽しんでいこうと思っている。
自分の為だけでなく、走る仲間が楽しんでくれて自分も楽しもうと考えている。

夜中、NHKの放送で・・・・・。
その番組は若者と中高年の対談形式のかたちでの内容だった。
団塊世代と団塊ジュニア世代の討論会という形だった。

拍手[2回]

浜松に佐久間から走って行ってきた。
帰りは浜松駅から豊橋、豊橋駅から飯田線で中部天竜まで行くことになる。
同じ浜松市なのに、いったん愛知県に出て飯田線に乗り静岡県の浜松市に行くことになる。
なんと不便なところでしょう(笑)
もう笑うしかない(泣)
 
毎回言っているが、、、、、。
浜松駅~中部天竜駅 1940円
浜松駅~豊橋駅    670円
豊橋駅~中部天竜駅 1140円 計1810円
もったいないので分けて買った。
1940円-1810円=130円儲けた。
 
浜松でミリオネア(百万長者。大金持ち)の講演を聴いたのだけど、いや聴いたからこそ130円分ケチった(笑)
今回の貯蓄口座(わくわく未来のために)は講師に登坂 一幸さんを呼んでの講座だった。
登坂GrowRichホールディングス株式会社 代表取締役 
ファイナンシャルプランナー
経営コンサルタント

現在、貯蓄アドバイザー・セミナー講師として教育委員会、行政(県や市)や企業からの講演依頼を受け、講演活動で全国各地でひっぱりだこ。
ご自身もゼロから億の富を築いた資産形成の天才!
そのノウハウもおしみなく大公開。
見るからに「えびす顔」の先生です!

そんなパンフレットで紹介され行くようになった。
ラジオ番組でも、若い時お金のことで大変苦労した人だったみたいだったので興味があった。

講演で言っていたことを簡単に説明すると、コツコツと貯蓄しなさい。
一攫千金を夢見ない事。お金を貯めるには世界でのお金の動きに関心を持ち今あるお金を減らさないように考える。
自分でわからなければ相談に乗りますョ。
そんな感じだった。
左腕にはめていた金の時計が気になった。
 

億という金を持っていて、外車も数台持っていて、すごい人だが、お話の中で浜松はガソリンが安いという話が面白かった。
浜松市に来たらハイオクが148円。長野ではハイオクが170円と言っていた。
また、昔郵便局の利息がいい話をして、今は0.01パーセントと安いそれに税金が着く。
今は郵便局に預けば良いとそんなゆ~ちょことを言っていられない。
と軽いジョークまで飛ばしてくれた(笑)
とっても面白い、また役に立つ講演だった。
興味のある方は↓
夢を叶えるライフプラン
クリック
 
話しは本題に
缶ビールを二本買って17時57分の水窪行の飯田線に乗り込んだ。
中部天竜駅まで約二時間の長旅だ。
しばらくすると海外の方が同じ席に来たので酔った勢いで話しかけた。
私「どこまで行きますか」
彼「東新町」
私「お国は?」
彼「ペルー」
と、東新町駅までは、その彼と話、暇をつぶせた。
年齢は21歳。小学校一年生の時日本に来たと言っていた。
ちかじか故郷ペルーに帰り、レストランを開くと夢を語ってくれた。
写真撮っていいですか?
OK
と、答えてくれたのでパチリ。
 
わたしは何歳に見えますか?
そんな質問に、
さてここで問題です。
そのペルーの彼は、このオッサンを何歳と答えたでしょうか?

拍手[6回]

朝、5時22分自宅を出発した。
まだ薄暗いので懐中電灯で足元を照らしながら走りはじめた。
あ、ここも浜松市なので正確には浜松市の和地山にある友達の店舗に行ってきたってのが正解だ。
大輪に6時半、ここから国道を離れまっすぐに走る。瀬尻橋のバリケードの所には7時少し前、警備員が打合せの最中だった。
これからの道路は迂回路となっているので下平山に行こうと思っていたが、人力での浜松行 体力がそんなには無いのでまっすぐ行くことにした。

しばらくすると浜松方面から上って来る車に出会う。
対岸に崖崩れの現場が見える。
下の沢の吊り橋を渡り国道に行く。
せっかく国道が崩れ、いつもはトラックの往来で人や自転車が走るのは危険な国道、こんなチャンスは無いそう思い152号線を走ることにした。
国道152号線(青谷ポケットパーク)から秋葉ダムまでのコースは初体験だ。

旧龍山中学校前を走り、寺田さんのCreek Soundの前を走る。今話営業していないBooの前を走る。秋葉ダム湖の風を受け無人のブランコが揺れていた。
鎮魂と書かれた石碑があった。道路山側の斜面には工事の跡がある。過去斜面の崩落での犠牲者の碑ではなかろうか。

ここ、秋葉ダム西岸、瀬尻側、山が崩れやすいと下平山に行ったとき地元の人が言っていた。
自分が記憶にあるだけでも何回道路が寸断されたことか。愛知県のように立派な国道を造るようにしてもらいたいものだ。
愛知県は新たに道路を造る場合、歩道を整備しなければならない条例があるそうだ。
佐久間では新原田橋を造るときの話で、歩道を造る造らないの論争が役所側と地元住人との間であったそうだ。

せまいトンネルを抜け、八部咲の桜の花見をしながらのジョグ。しばらく行くと大嶺集落の登り口、ここからは先週走った道だ。
秋葉ダムのトンネルに入り、トンネル内の交差点を左折し西川の商店街を走った。
 
秋葉トンネルを抜け。横山トンネルを抜けた。
横山小学校の校庭の桜が満開だった。
船明ダム湖ではボートの高校総体が開催されていた。
道の駅花桃の里から夢の吊り橋を渡り船明ダムへ。
ローソンで朝ヌードル。

遠鉄の西鹿島駅に到着、11時の赤電で助信まで行く。電車は便利だ。
助信(スケノブ)スケベのノブさんが居たのでこのような地名になたのか?
検索してみた。
助信と言う名前の刀鍛冶や武士がこの周辺に土着したからと言う人名説がある。
だ、そうだ。
 

助信駅から友人の店舗がある和地山まで走る。店舗に着いたのが12時ちょうど。
6時間38分の長い旅だった。

拍手[2回]

プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
58
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 3 5 6 7
8 11 13
15 18 19 21
24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
忍者ブログ [PR]