忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8

水窪町
山深い、その町は、その昔、宿場町として栄えた町だ。
1994年、三遠南信自動車道の一部として草木トンネルが開通し、これから山の時代がやって来ると期待した時もあった。
平成の合併があり、当時の浜松市長が「クラスター型」の新浜松市を目指すと言ったのも束の間、次の選挙で新市長なと時には
「コンパクトシティ」田舎は田舎なりの・・・・・。

西渡(にしど)から水窪までの国道152号線は、相月バイパスはできたものの、他の所は拡幅する兆しがない。
人のうわさでは「原田橋の大きな工事で予算がそっちの持ってかれた」そんな声を聴く。

そんな旧水窪町の木は栃の木
そこに暮らして来た人々は、昔から栃の木を大切にしていた。
 
水窪の名木

今、水窪には栃の実を使ったお菓子を売っている店が二軒ある。
小松屋と八幡屋
小松屋のトチモチは甘く。八幡屋のトチモチは栃本来の苦みがする。

水窪の言葉で「トチを切るバカ、植えるバカ」ということを聞いたことがある。
非常食としての栃の木は貴重で切るのは愚かなことですが、実がなるまで時間がかかるので植えて待つのは馬鹿げたことという意味。

今、現在、技術の発展は目覚ましい。
近い将来、車が自動で走るようになると言われている。
中央車線や側道の車線に反応してそこを越えない様に真っ直ぐに走るようにするという。
西渡から水窪までの国道はマダマダ二車線もおぼつかない所々落石も発生しようかと思われるところもある。
浜松市では有事の時のドローンでの災害物資を搬送を考えている。
 

この様な環境下では、いっそのこと町に出ようか、そんな風な考えがあっても不思議ではない。

水窪の言葉で「トチを切るバカ、植えるバカ」ということを聞いたことがある。
そんな水窪の山の中に栃の木の老木が方々に残っている。

今自分のやっていることは馬鹿げたことかもしれない。
しかし、世の中、賢い人もモチロン大事だが、こんなバカも少しは役に立っているのではと、最近思うようになった。
 
多くの人に、水窪、知ってもらいたい。。。

小松屋
https://5028seika.com/
八幡屋
https://yawatayaseikaho.jimdo.com/menu/tochimochi/

拍手[3回]

PR

日本ではお酒などを飲みに行ったときワリカンにするという文化がある。
「お勘定いくら」「ぽん割にして一人いくらづつネ」
飲むのが、集まるのが好きな人が音頭を取って、気の合った仲間を集めて飲み会を開催する。

そんな時に、こんな声も聞こえたりする。
「ウーロン茶しか飲んでいないのにワリカン?」
ワリカン、平等のようで平等ではないワリカン。

みんなが同じにすることは難しい。
同じようにすることはできるかもしれない。

先日、私が行ったマラニックも、このワリカンを基本としている。


ボランティアとして駆けつけてくれる人、そんな人にどんな感謝を表せればいいのだろうか?


みんなが同じように楽しむのがベスト。
儲けたとか損したとか関係ない、マラニックの世界。
ボランティアに来てもらい思いやりを頂いたならば、その思いやりの心を次の人に投げ返す。

ワリカン、平等のようで平等ではないワリカン。

次のマラニックは中田島砂丘に建設中の防潮堤を見学しながらの砂丘マラニック。
終わってからの(酒)は遠鉄ビアバイキング。

マラニックとは?

ひとつの企画が終わって、自分なりに納得すればそれでイイ。

ワリカンを基本として、来年の夢街道90㎞
         どの様にしようかと今から思案している(^O^)/


 

拍手[4回]

6月13日は「いいみょうがの日」。1年を通じて栽培が盛んな「高知県産のみょうが」をより広くPRするために、ミョウガの全国1位の産地である高知県の高知県園芸農業協同組合連合会が制定し、日本記念日協会が認定した。

日付は、「いい1みょうが3」という語呂合わせから、6月13日とした。

ミョウガを食べると「物忘れがする」「バカになる」・・・とか。

これは全くの迷信。

どうして、そんなことを言われるようになったのか?
それは、お釈迦様の弟子の周梨槃特(しゅりはんとく)という人物に由来している。

この周梨槃特は、双子で、摩訶槃特(まかはんとく)という兄がいた。
  兄の摩訶槃特は、とても賢く、お釈迦差様の教えをすぐに理解できた。
  しかし、弟の周梨槃特は、自分の名前も忘れてしまうほどの愚かな者だった。

 こんな弟に兄は、お釈迦様の弟子にはなれないのだから、家に帰るようにすすめる。
  ところが、弟は、お釈迦様のそばにいたかったのです。
  弟は、お釈迦様に愚かな自分のことをすべて話した。

 すると、お釈迦様は、1本のホウキを渡して…
 「塵をはらい、垢をのぞかん…この言葉を思いながら一生懸命に掃除を続けなさい。」とだけ教えた。
  それから、雨の日も風の強い日も毎日毎日一生懸命に掃除を続けた。

 いつしか周梨槃特は、『自分の心の塵をはらってみがいていくこと。そうすれば自分の心にたまった欲という垢をとりのぞけるのだ。それが大切なことなのだ…』と気づく。
  お釈迦様は、「たとえ愚かであっても自分が愚かであると知ることは、自分のことを賢いと思いこんでいる愚かな人より、本当の賢い人なのだ」と言って、周梨槃特(しゅりはんとく)の心をほめた。
  周梨槃特は、お釈迦様の教えがわかる本当の賢い人となった。 
  人は誰でも、「愚か」と思われるより「賢い」と思われたいものである。
  学校の成績が良くなりたいと思うし、社会に出て出世したいとも思う。損をするよりは、得をして暮らしたいと願う。
  そのために努力することは大切だと思う。確かに欲なのかも知れない。
  ただ、自分以外の「何か」や「誰か」と比べることの愚かさや、他人を否定することはあってはならないだろう。

これが茗荷の逸話であり、周梨槃特(しゅりはんとく)は、のちに茗荷和尚と呼ばれるようになった。

 夏の暑い時期にそうめんの薬味としての茗荷は格別である。脇役として存在感がある。
  亡くなった周梨槃特の墓にいくと、見慣れない草が生えていた・・・それが今に伝わる茗荷である。
hiroのお部屋さんんから引用

今朝のテレビ朝日『グッド!モーニング』の『林先生のことば検定』での情報。
愚か者の自分、これからの生き方の参考になった。
脇役でもチョットした存在感があること、
ひとつのことに一生懸命に生きること(^O^)/

拍手[4回]

道の駅遠山郷、そこにある温泉「かぐらの湯」に着いたのがお昼。
そこで温泉につかり、ビールを飲み、休憩室で仮眠して、遠山郷を16時に出発するバスに乗って帰ろうと思っていたが、
15時には目が覚めたので、平岡の駅まで10㎞歩き走りをしようと、遠山を後にした。
平岡駅に着いたのが14時半。
平岡駅にはふれあいステーション「龍泉閣」がありその施設の中に温泉「龍泉の湯」がある。

月曜日の夕方、16時半。
二回目の温泉。
誰も入っていないかと思っていたら、先客が一人、居た。
お風呂セット持参の先客なので、地元の人ではないかと尋ねてみた。
 私:「地元の人ですか」
先客:「地元ではない、工事の仕事で来ている」
 私:「県道1号線、天竜川沿いの道路かな」
先客:「そう、その仕事も終わり次は静岡市に行く」
 私:「その道路、県道1号線の道路、開通予定は」
先客:「詳しくは分らないが、今年中には片側通行出来るようにしたいみたいだ」
 私:「そか~」・・・来年のリバーサイドは迂回路ではなくなるゾ~。
先客:「あんたは何処から」
 私:「佐久間町から走ってきた。約52㎞」
先客:「・・・、何歳」
 私:「57歳」
先客:「健康的でイイネ~」
 私:「あんたの齢は」
先客:「41歳」
 私:「家族は」
先客:「独身」

高知県出身だという、その彼は、今の仕事につき色々なところの現場をまわて今、ココ平岡の現場にいる。
静かで、こういうところの方が落ち着いていい場所だと言っていた。

温泉があるから最高だ。
とも言っていた。

兄貴が結婚して、孫を親に見せた時、親が本当にうれしそうな顔をしていた。
とも、言っていた。

先客:「お孫さんは、いますか」
 私:「いるにはいるが、たまにしか会うことができない」

高知県出身だという、その先客は。
言葉数の少ない二枚目のいい男。偶然に温泉で出会った。
そして少しの会話をした。

二人の老人が浴槽に入ってきた。
その先客は「お先に」と出ていった。

高知県出身の先客、その後ろ姿に、私は坂本竜馬の生まれかわりと出会ったように感じた。

拍手[9回]

今回 
第三回目になりました。
今宵もはじまりました(^O^)/~~~in佐久間 
そんな飲み会は
去年より2名増え、今回は9名の参加。
女子が居なかったのがチョット寂しい。。。
 
写真は去年の

もっと残念だったのが、デジカメを持っていくのを忘れた事。。。
ダモンデ、今年は集合写真が無い。


参加者の中に水窪の人がいた。
FBでは繋がりがありコメント送ったり返したりの仲だった。
今回、酒飲んで話すのは初めて、毒舌の話は新鮮だった。
昨日は酒飲んで、かなりヘベレケだったけど、そんな仲間の話した内容が衝撃だったから、思い出しながらここに残しておこうと思う。

「佐久間の奴はバカだワイヤ!」
「中高一貫なんて調子のよい言葉にだまされて」
「みてみ~。分校になって今に廃校になって県立の高校が無くなったら、どうするダイヤ!」
「中学生はどこ行くダ~」
「浜松市が、こんなでっかい建物、買わすかいや」
「佐久間は子供たちの落としどころを考えっこないやってるでダメだゾ~

まさに目から鱗だった。
たしかにその通り。
私も当時を振り返り。中高一貫なんてことは対症療法でしかないと思っていた。
頭が痛いのに、その原因を見つけづに痛み止めだけで治療した、そんなもんだ。
そんな根本の治療を起こったって患者(町)は、やがて死が迫って来るのだ。
ガビ~ン( ノД`)

龍山の浜松市立の中小学校も、ネットや他の人の話では浜松市から廃校を進めたのではないという。
保護者の方と市側が話し合いを重ね、苦渋の選択で廃校になったと聞く。
地域住民は「学校が無くなると地域が無くなる」と反対しても、保護者は「少ない人数での教育は子供の将来のために」と廃校への道に進む。
城西小学校も同じだと聞く。
「出てった人に帰ってきてもらうか?」そんな意見も出たという。
 

第1回 今宵もはじまりました(^-^)/~~~ni佐久間
第2回 今宵もはじまりました(^-^)/~~~ni佐久間
第3回 今宵もはじまりました(^-^)/~~~ni佐久間

観音寺が全国に起こした小さなブーム
今宵もはじまりました(^-^)/~~~

佐久間町は今、スナックも昼間ご飯を食べるところも何にも無い所になりました。
浦川キャンプ場では二次会に行ける場所があるけど佐久間には無い。
   
それでも空には満天の星空が輝いている。
来年も再来年も続けていこうと思っています。
この企画。
毎年この場所で、この日にまた、お会いしましょう。。。
宜しくネ~(^O^)/~~~


 

拍手[7回]

プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11
14 15 16 17 18
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
忍者ブログ [PR]