忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8

ICT(Information and Communication Technology)は「情報通信技術」の略です。
Information  → 情報
Communication → コミュニケーション
Technology   → 技術

ところが最近、IOTなる言葉がNTTのコマシャルで流れ出した。
何ぞや?
ググってみた!(^^)!

IoTとは「Internet of Things」の略称で、「モノのインターネット」と訳されます。IoTは、PCやスマートフォンなどの従来型の通信機器を除いた、ありとあらゆる「モノ」がインターネットとつながる仕組みや技術のことを指します。

IoTという言葉を初めて使ったのは、無線IDタグやセンサーを研究したケビン・アシュトン氏だといわれています。無線IDタグは、内蔵されたICチップに記憶された情報を、無線通信によってデータの読み込み・登録・削除・更新などを行う自動認識システムのことです。
ウィキペディアから引用
 

NTT西日本のHP
https://www.ntt-west.co.jp/ad/company/iot_cm.html
地域の様々なものがネットに繋がっていて中央で一括に管理されていく。
水道水も、ゴミ集客所も、バス停も、教育現場も。
 
来週
水窪のNPO山に生きる会の新年会がある。
地域のこと将来のことを考えながら新年の宴に参加し酒を飲みかわしたい。
Information and Communication Technology
ITCを利用して繋がる世界、IOT世の中はどんどん進化していく。
中央から遠く離れた地域はおいてきぼりを余儀なくされるのか?
ICT・IOTを利用して、中央から離れた地域で、、、なにかできないか山の活動を広げられないか。


ほんとうに大切なことは、より便利になることではなく、山・故郷、今まで育まれた地域を守ること。続けること。貫くこと。
 Information and Communication Technology
情報・コミュニケーション・技術
朝から為になった。

拍手[4回]

PR

加藤 一二三(かとう ひふみ)1940年1月1日生まれ、福岡県嘉麻市(旧嘉穂郡稲築村)出身。
日本の将棋棋士。
1954年に史上最年少棋士・史上初の中学生棋士となる。
最近テレビでよく見かけ面白い将棋の御爺さん、そんな感じで思っていた。
ひふみん


今日
たまたま
眼に留まった2016年2月号の「到知」
特集 一生一事一貫
 にひふみんこと加藤一二三のインタビューの記事があった。
続けると、勝負の奥にある感動が摑める
将棋の道一筋に歩んで六十二年。最年少のプロデビューを果たした加藤一二三九段は、名人位をはじめ数々のタイトルを獲得し、七十六歳のいまもなお現役の棋士として活躍を続けている。歴代最多の中で貫いてきた勝負師としての心の持ち方とは。

興味深い内容の中で、特に思ったのがひふみんがクリスチャンだったこと。
勝負師に必要な 
   ゆとりと怯まないこと
のなかの
人間は誰でも幸せを求めて努力をします。
中略
最近好きな言葉があって
「人は神様から愛されているから存在する」
「人は無から存在に呼び出された」
人間は必要があって呼び出されたわけだから、呼び出した神様がほったらかしにするはずがない(笑)

日曜日、飯田線で豊橋に向かうとき、出会った御爺さん。
クリスチャンだと言っていたナ~。
そういえば、なんか似ている。
一生一事一貫
貫いているところもソックリだ。

日曜日、あの爺さんと出会ったことも。
今日、「到知」ひふみんの記事に出会ったことも。
だだの偶然では無いような気がする。
神様から与えられた魂を失わない限り絶望は無い。これが私の信念です。
ひふみん言っている。

拍手[6回]

山から下って
 浜松市浜北のプレ葉ウォークへお買い物。
お昼ごはんで寄ったお店が「とろ麦
お店で出てきたお茶、湯呑に書いてあった
人生の修行
苦しいこともあるだろう
言いたいこともあるだろう

不満のこともあるだろう

腹のたつこともあるだろう
泣きたいこともあるだろう

 これらをじっとこしらえてゆくのが
人生の修行である

日本の海軍軍人である山本五十六の名言である。
前回書いた流水先を争わず天竜川リバーサイドマラニック225㎞の二日間そのままである。
超長距離であるマラニックはまさにその境地である。
人生の修行

山本五十六の名言には思い出がある。
それは
2013年10月24日の私の書いたブログにトドさんが応援メールを送ってくれたこと。
ヒロボーさんに励まされたこと。
ブログ→「そんなことを書いて何になるだいや」
 

「他人を気にするほど、心配になる。
  他人に感謝するほど、幸せになる。」

「難が無いのは「無難」な人生
  難があるのは「ありがたい」人生」

「できるかできないかではなく
       やるかやらないか」

「幸せだから笑うんじゃなくて
   笑うから幸せなんだと思う」

皆さん本年も夢街道90㎞ 宜しくお願いします(^O^)/
今年も笑顔あるマラニックになるようにガンバリます。
夢街道90㎞修行の道程を楽しみましょう(^O^)/
byしんしん

拍手[5回]

「流水不争先」流水は先を争わず。
去年のゴールデンウイーク五月三日、天竜川を源流である諏訪湖の釜口水門北側の岡谷湖畔公園から天竜川の河口(竜洋海洋公園レストハウス”しおさい竜洋”なぎさ広場)を目指して走った。
第2回天竜川リバーサイドマラニック225㎞+13.35㎞=238.35㎞
二日間のマラニックだった。

 

右に左に天竜川の川の流れとともに歩みを進めた。
伊那市・駒ケ根市・宮田村・飯田市、天竜狭に来たときには真夜中だった。
ココからは天竜川から離れ山間部に、県道1号線の崖崩れのための迂回路に、新野峠に始まってアップダウンの連続だった。
最後の峠を越え富山村にでて天竜川に佐久間ダム湖に、時間的体力的に無理だと思い富山村のレストステーションはパスした。
ダム湖岸の多くのトンネルを潜り佐久間ダムに着いたのが二日目の夜中。ダムからの4っつのトンネルを抜けると佐久間町の町明りが迎えてくれた。

余りにも眠かったので佐久間駅で仮眠をとろうと立ち寄ると先客がいた。
疲労困憊・満身創痍、駅で体を休め西渡バス停からバスで移動しようと心に決めた。

5月5日の朝4時佐久間駅を出発し西渡バス停に向かった。
西渡バス停を7時10分のバスに揺られ西鹿島駅へ。まだ時間はある、そう思っていたがココからの天竜川河川敷の20㎞はとてつもなく遠く過酷な道程、いくつもの橋の下をくぐりやっとで辿り着いた太平洋。

「流水不争先」流水は先を争わず。
30歳で走りはじめ、少しでも早く走りたい、そんな気持ちもあった。そんな時期もあった。

今は違う。
周りの景色を楽しみながらマイペースでのマラニックを楽しみたいと思っている。

流水先を争わず。
今年も走る天竜川リバーサイドマラニック225㎞
川の流れに身を任せ自然体で、目的地をめざしてユックリと。
 
私の修行

流水先を争わず
攀念痴(はんねんち)を持たない。 

拍手[3回]

平成30年
元旦
地元の氏神様に初詣に行ってきた。

半場「大日神社
縁あってココに越してきて30年たった。
何時しかココのお祭りで神楽舞をやるようになった。

大切にしていきたい地元

平成30年1月2日
毎年恒例の初詣ラン
新城運動公園を朝8時に出発して愛知県北設楽郡田峯にある田峯観音までの往復約42㎞の初詣ランに行ってきたのだった。

 

今回、ペースが速かったのか12時前には田峯観音の駐車場に到着した。
用意してきたお賽銭を手に参拝の列に並び手を合わせ新年のあいさつ、自分なりの願を祈った。
家内安全、全世界が平静な世でありますように(合掌)
横にあった大黒様にも(合掌)

参拝が終わり、甘酒サービスに、冷えた身体に染み渡る温かい甘酒。
駐車場に戻り、売店を覗き毎年買っていたナンバンをと思ったが、、、無かった。
ガックシ。
大根と白菜を買った。

復路
新城運動公園までも快調に走り、運動公園に着いたのが2時半。

家に帰り、田峯で買った大根と白菜をヌカズケに漬け込んだ。
コース↓
 https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=2add37d6231243de7b8b907b9d572ee0

去年のブログ
初詣ラン2017

拍手[3回]

プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
58
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
5 7
12 13 14 15 17
18 20 22 23 24
25 26 27 28
カウンター
忍者ブログ [PR]