忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8

 南京・真珠湾から終戦まで戦い抜いた最後の生き証人
原田 要

滞空時間8000時間、日本が世界に誇った「零戦」を
駆って戦い交戦国から畏れられた歴代のパイロット
南京攻略、真珠湾攻撃、ミッドウェー海戦、
ガダルカナル島争奪、幾多の戦場をくぐり抜けた
著者のみが語り得る本当の戦争論!
国の誇りを守った男たちの記録
 

著者は戦後、自ら戦争の話をすることはなかったそうだ、
だが、1991年に起こった「湾岸戦争」をテレビで見ている若者が「花火のようで綺麗」「まるでテレビゲーム見たい」
そんな言葉を目の当たりにし「これはいけない!」と思ったそうだ。
また、戦争に行っただけで最前線の酷いところを知らない人たちが、口先だけの反戦を唱え、誤った戦争観を伝えていることにも違和感を覚えたそうだ。

お互いに何の恨みもない者同士が殺し合う、殺さなくては自分が殺されてしまう戦争というものを私は恨みます。戦争が金輪際なくなってほしいと切に願っています。

戦後、日本は豊かになる一方で、心は貧しくなり、人々は平和の有難さを忘れてしまいました。この平和は、ただ何もしないで転がり込んで来たものではありません。
日本のために戦った兵士たちと戦争とは関わりがない筈の女性や子供などの一般の人たちを合わせた三百万人以上ともいわれる人の犠牲の上に成り立っているのです。
とも書いて、この話は始まっていた。

戦争で戦い、敗戦で戻って来た時に、温かく迎えてくれた故郷への恩返ししようとしました。
地域のお宮さんを大切にし、村の公会堂に遊具を作ったりもした。
この故郷から、思いを伸ばし、日本も良い国になるのだと、大きな夢を見る。

今回、この本を読み、私も思った。
故郷を大切にしようと。

この平和の世の中に暮らしていれるのは、先人たちの思いがあったからなのだ。
いつか私も年を取り、走ることなどできなくなる時が来る。
そんな時に笑って入れるよう。
今は、自分のできる限りの挑戦を楽しもう。
ジャン・ジャン。
byしんしん

拍手[0回]

PR

石油元売会社「出光興産」の創業者・出光佐三(いでみつ・さぞう)と、1953年(昭和28年)にイランから石油を輸入した「日章丸事件」をモデルとした小説「海賊とよばれた男」(百田尚樹)を読みました。


国岡鐵造に金銭的な援助を行った、日田さんは東京の自宅で最期を迎えようとしたその時に自分の故郷である淡路に帰りたいと鐵造に伝えた。
誰の心の中にも故郷がある。

大切に守って行かなければならない。
佐久間町。

拍手[0回]


 
YouTubeで色々検索していると、戦争関係の動画がよくあらわれる。
キャッシュが影響しているのかな~。

パソコンが、忘れるな!自国の過去を!
と、言っているのかな~。

 

今、冬季オリンピックが始まろうとしている。
今の平和は、このようは過去があるから成り立っているのだ。

過去を知って、未来を考えよう。

拍手[1回]

この本を読み、次は映画を観に行こうと思う。

太平洋戦争、
たくさんのYouTbeでの動画を観た。

その中の一つ
特攻

悲しい過去がある。
この戦争で、多くの若い人が亡くなった。

多くの犠牲の中に、今の世がある。

拍手[0回]

神風特攻隊、昔、私も父親から聞いていて知ってはいたが、、、、。

この話は、今を生きる若い姉弟が、自分のほんとうの祖父が特攻隊で戦争で亡くなったことを知り、その祖父のことを当時の戦友に聴きに行く、そして祖父の実像を調べ始めた。
そして、始その姉はジャーナリストとして、この話を基にライターとしての自分を磨きたいとの思いもあった。

その若い姉は、特攻隊のことを「テロリスト」と言った。
「彼らのしたことはニューヨークの貿易センタービルに突っ込んだ人たちと同じ」とも。

私は違う・・・と思った。
が、今の若者には、生まれたときから平和な便利な世の中しか知らない人にはそのように写るのかもしれないとも思った。

そして話は、戦友の話から太平洋戦争の話になっていく。

祖父の戦友から聴いた、祖父の当時26歳のころの話から解ってきた祖父の実像、若い姉弟の考え方が少しずつ変わっていく。

教科書には載っていない太平洋戦争の話。

53歳の私は、高度成長時代に生きた。
小学生のころは、年々便利な世の中なっていった。
そして、村を捨て、町に出てきて、もっともっと、と便利を追い続けてきた。

そんな時代を追いかけてきて、忘れた物があった。

「永遠の0」は太平洋戦争を生きた人の物語は、そんな今を生きる人々に忘れ物を思い出してくれる物語だった。

それは、親への感謝であり、妻への愛情であり、子供への孫への希望でもあった。

百田尚樹の「永遠の0」を読み終わったころ、時計を見たら、、もう時計は12時を過ぎていた。

感動することは、心のビタミンだ。
次は、サンストに映画を見に行こう。

拍手[0回]

プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
27 28 29 30
カウンター
忍者ブログ [PR]