忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

2012年4月から始まった「半場10班お花見」
今年で4回目
えっもう4回もやっているの?
そのとき書いた私のブログ「10班の お花見&コミュニテー
その中に
①「秋葉ダム桜マラソン」がある日の午後に行いたい。

②なるべく安くやりたい。

③地元、近所の人と仲良くやりたい。

そんな自分の考えをか入れ残してある。


①の「秋葉ダム桜マラソン」が終わってから花見を行いたい。
これが、来年からダメになりそうだ。

今回のその花見の宴の時に
「今年で終わりにしよう」との話が出た。

新間君は如何したいだ?
と、ふられた。

秋葉ダム桜マラソン
は毎年の私の行事、来年も再来年も走れる限り参加したい。
そう思って走ってきた。
しかし、過疎になってきた地元の唯一のコミュニテーの場は大切にしたい。
 

悩める、オジサンの決断は
「来年は走らない、桜マラソンには参加しない」
だった。

拍手[6回]

PR

 3月20日(日)
朝早く家を出て、佐久間駅から6時17分の飯田線に乗り旅は始まった(^O^)/

水窪駅に6時32分到着
今日は今年初の青崩れ越えの予定。
水窪から西浦に向けて走る(歩く)途中、大原で知り合いの家があり、朝のご挨拶。
今日は遠山郷の温泉「神楽の湯」で田中陽希さんのトークショウがあるのでとの話をする。
「そうか~気づけて行けよ、熊に合わないように(^^)/」
激励してくれた。勝手にそう思った(^O^)
少し小腹がすいた。
長尾(なごう)に丸太小屋というラーメン屋があったので、そこで味噌ラーメンを食べる。
ココの店では「丸太小屋通信」を不定期で出し北遠と南信濃村の情報発信をしているそうだ。
一人でも多くの人の集うコミュニティーの場として頑張っているお店だ。
美味しい500円の味噌ラーメンを食べ元気ハツラツ(^O^)/

青崩れ峠を目指して猛烈に歩く。
2016年初の青崩れ峠の写真。。。。。

いつ来ても雰囲気の良い峠だ、信州側から冷たい風が吹いてきている。
なんとも言えないロマンを感じる峠だ(^O^)/

ココからは信州、長野県だ。

この様な遊歩道を下っていく。
途中、しばらく修理されていない丸太橋がある。

もう渡ることはできない。
沢に水が少なかったので沢から迂回する。

遊歩道を下り林道に。

林道に出たら、右側だよ。

ココは林道だけど、落ち葉が多く、側溝が落ち葉でふさがって林道の道もだいぶ壊れている。
舗装の下の土が流れていて、コンクリートだけがかろうして残っているところもある。
 
 国道に出る前に、自宅で作ってきたお弁当で昼食。
ココからは神楽の湯まで残り6㎞ぐらいだ。
今までの歩きは走りに変えて、頑張って陽希さんのトーク会場である神楽の湯を目指す。

12時ごろゴール。
神楽の湯の入り口には、
日本二百名山グレートトラバース2 GOALの横断幕があった。

遠山郷観光協会に行くと。
今回、こんなに反響があるとは思わず。
急遽、整理券を配ることになったそうだ。
私か行ったときは、ギリギリセーフ。何とか整理券をゲットできた(#^.^#)
風呂に入り。
食堂にと思ったが、満員御礼。。。
缶ビールで我慢(≧▽≦)

予定時刻、14時会場入り。
陽樹さん登場、、、、、、。

まだ、始まったのではなく。
今回、あまりにも人が多いので急遽、隣の部屋で中継することが決まり、その設定で来て調節をしているみたいだった。
退室のときスクリーンに邪魔にならないように猫背で退室する陽希さんが印象的だった(^^)/
観光協会のしんちゃんは立ったまま歩いて行くのも、、、また面白かった(≧▽≦)

日本二百名山ひと筆書きグレートトラバース感動よありがとう。。。。
田中陽希、トークショウ。

陽希さんが、今回の二百名山走破で感じた事、テレビでは言わなかったこと、多くの事を語ってくれた。
アリの戸渡での恐怖。
途中、登山用のリックを発見し、遭難なのかと心配したこと。
陽希さんの判断で一人の登山者の命が助かったこと。
来場者は、遠山の人ばかりではなく、遠く県外からの人が多かった。
私が話した人の中には新潟・千葉・愛知・埼玉、遠くの人が多かったような気がする。
最後の質問コーナーで
千葉からの人が
「私は遠山郷の下栗の里・木沢小学校が大好きです。陽希さんは下栗の里は行きましたか?」
の質問が印象に残っている。
下栗の里のビューポイントが素晴らしいと言っていた。
遠山のファンは、私たちマラニックを走る人ばかりではないんだっと改めて思った。
また、遠山は多くの人に応援されているのだナ~っと思った。

陽希さんのトークショウが終わり、我が水窪の人を交えての写真。


私、今日の宿は「木沢小学校」
ココは「日本二百名山」のとき陽希さんが泊まったところだ。

和田地区のスーパーでお酒と夜食を仕入れ、木沢地区まで歩いて向かった。

木沢小学校にはタカネちゃんが出迎えてくれた(≧▽≦)

ジャジャジャ~ン。
木沢小学校を朝の4時半出発、私は平岡駅を目指して走る。
あたりは真っ暗だ。
道路の白線が何とか見える。
和田地区を越え、5時ごろになると空が白み始め薄明るくなってきた。
平岡駅に着いたのが6時30分。
平岡駅を6時48分の飯田線に乗り。
大嵐駅に7時09分着

今日は、水窪「山に生きる会」の
水窪100山「夏焼山・塩沢集落ウォーキング&ハイキング」
次回に続く。

拍手[4回]

「元気ですかー?!
     元気が一番、元気があれば何でもできる!」
今年の花見のチラシには
燃える闘魂アントニオ猪木の名言を引用させてもらった。

思い起こせば、2013年2月の上旬、龍山村の山の中を仲間と一緒に走っているときに
携帯に着信が来て
同じ班の人が亡くなったと知らせを受けたのだった。
その週、その人の葬儀が終わった時、同じ班の人たちが乗っているバスの中で私が
「半場十班で、お花見でも・・・やらないか」
そんなことを話した。

その年から、半場十班のお花見は続いている。

去年までは、お花見といえども4月の中旬で花は散り、花見の雰囲気ではなかった。
今年は、4月3日(日)
丁度、桜の花も咲いているころだろう。

毎年、4月の第一日曜は「秋葉ダム桜マラソン」
4月は、走るイベントが目白押し、開いている時がない。
そこで、半場十班の長老に相談し、4月の第一周の日曜日
私の勝手で、「秋葉ダム桜マラソン」が終わってからのお昼12時から準備をして13時からのお花見にしてもらったのだった。

「秋葉ダム桜マラソン」
秋葉ダム湖畔、千本桜の並木道を走る大会。
参加賞の「三角屋」のお弁当、地場産品詰合せを持って
半場十班のお花見に参加しよう。
10時スタートだから、12時の準備の時間には十分間に合う、
と思う。

今日は、その「半場10班お花見のお知らせ」チラシを書いた。
明日は、そのチラシを10班の長老に持っていき、許しが出たら回覧板で回す。

荘川桜を植えた、佐藤良二さんには叶わないが
半場多目的公園に半場十班の記念になる桜を植えたいと、密かに企んでいる(^O^)/

最後に良二さんの言葉
「この地球の上に、天の川のような美しい花の星座を つくりたい。 花を見る心がひとつになって、人々が仲よく暮らせるように」.
半場もその昔、暮らす人の差別的な言動があったそうだ。
今、はよそ者も地元もない。
その様に思うのだ。。。

拍手[5回]

昨日の昼の番組
ひるブラ
http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2016-03-09&ch=21&eid=18018&f=1801
で東栄町が紹介されたいた。

ファンデーションの原料「セリサイト」がとれる珍しい鉱山に潜入
映像では、去年、東栄町に走りに行ったとき
お昼ごはんを食べた、廃校になった小学校が映っていた。
去年のブログ
http://hokuen.blog.shinobi.jp/%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E6%98%8E%E7%A5%9E%E5%B1%B12015

東栄町には、こんな会社があるのだナ~。
三信鉱工株式会社
http://www.sanshin-mica.com/
隣の町でも知らないことが多い。

和太鼓集団市 志多ら
http://shidara.co.jp/
も、そうだ。
あれほど有名なのに、佐久間町では・・・あまり知られていない。

中山間地は同じ悩みを持っている。
もっと近場の中山間地で繋がってもいいと思うのだが。。。

県境がそれを阻んでいるのではないだろうか。。。
byしんしん

拍手[3回]

去年、六月の最初の土曜日の夕方
浦川キャンプ場で、同級生が集まって酒を飲んだ。
去年のブログ
今宵もはじまりました(^.^)/~~~in佐久間(昔のワル)

今年も同じ時期に行おうと思っている。

10年前、佐久間が浜松市に合併した時に、私たち佐久間に残っている同級生たちが佐久間中学校の同窓会を始めた。
大きな行政区の一部になり、佐久間はそこに埋もれ、過疎はますます進んでいくだろう。
しかし、決まったことはしょうがない。
そこで、同窓会の話が出た。
寂しくなっていく故郷だけど、せめて五年に一度くらいは青春時代を過ごした佐久間で賑やかに同窓会をやりたい。
そんな思いがあった。
だが、いろいろあって55歳からの同窓会は浜松市中心部での開催になった。

今宵もはじまりましたin佐久間
は、同窓会ではない。
自分が勝手に、知り合いを集めての飲み会。
浦川キャンプ場でやるのは今回二回目
これからも毎年続けていこうと思っている。
 
昨日は
二人に電話した。

健○郎にも電話した。
「キャンプ場、使うことができるの?」
そう心配してくれたけど、平○さんは帰って来てくれると伝えた。

後は地元の同級生や知り合いだ。

多くの人に集まってほしい。

そして楽しい一日であってほしい。

拍手[6回]

プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 5 6
8 10 11 13 14
15 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
忍者ブログ [PR]