忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8

今年も水窪町「お食事処・みさくぼ地場産品売り場」国盗り から走って青崩れ峠へ目指し
青崩れ峠から遊歩道を兵越峠に向かった。
峠の国盗り綱引き合戦

初めて峠の国盗り綱引き合戦を観たのが平成26年(第28回大会)

こんな山奥に浜松市・飯田市・豊橋市の市長が来てくださり大会前に口上

選手もやる気が出てくる。

私たちの走って応援を合言葉に始まったマラニックも今回で3回目。
26年(第28回)遠州勝利
27年(第29回)信州勝利
28年(第30回)信州勝利
 
長野県の小さな町「遠山郷」
静岡県の小さな町「水窪町」
お互いの商工会の若者がお互いの交流にと始めたイベントが、今、多くの話題を背負っている。

今、山村は、中山間地は、働くところが少なくなり、人々が都会へと流れていく現実に直面している。
今、田舎では様々な工夫で生き残りをかけて地域の存続をかけている。
その一つ
国盗り綱引き合戦

  
「勝った負けたも時の運」
秋も深まり、山村は中間山地の山々は色とりどりに変わっていく、多くの人に遊びにきてほしい。

走りに来てほしい。。。

拍手[5回]

PR

遠山郷でマラニックが始まった。
関東から関西から東海から、都会から来るランナーが遠山郷にきて感動していた。
朝靄の山々、沸き立つ霧に、立ち止まって写真を撮っていた。
 

遠山郷と言えば、日本のチロル「下栗の里」
斜面集落、そんな集落を見るスポットがある。
下栗の里ビューポイント。

自分は、そんな斜面集落「横吹」で暮らしていた。
そんな暮らしが懐かしく感じた。

そんな斜面集落を集めた動画に出会った。

遠山郷も良いけど、北遠も、、、。
そんな思いから。
2000年の冬、名古屋の菊地さんに、一緒に走ってもらった、この道。
浜松駅から遠山郷までの90㎞
夢街道90㎞
今、その地図を書いたTシャツ作ろうとメーカーに依頼している。
デザインは↓

どんな感じになるだろうか?

日本で二番目に大きな市
政令指定都市浜松市
その北の隅っこ「北遠」
浜松市になったことで衰退の一途を歩んでいる。
働くところが無くなり子供を持つ世帯は住まなくなり。
学校は廃校になっていく。

しかし、多くの人がランナーが山村に訪れることにより、なにかが変わるかもしれない。
人は夢だと笑うかもしれない。
それでも走り続ければ、、、きっと。
なにかが変わる。
そう思い。
夢街道90㎞
来年も再来年も
塩の道・信州街道を北へ進み青崩峠を越え、遠山郷へ走り旅をしよう。

拍手[14回]

ググって出てきた動画

うっちゃんよっぴー
が映っていた。。。

水窪祭り仮装名物
「みたくもない芸者」
先日、浜松ギャラリーモール(ソラモ)での公演を最後にするとの声が聞こえてきたので
それもググって見た。

始めて見たが、笑かす。


10月15日は
「フジユニバンス水窪事業所同窓会」だ。

ふうてんの寅さん は今、放浪の旅に出て、今回は出席できないそうだ。
浜松市の一番北の果て水窪町には芸達者の人が多いナ~。
どうしてだろか(#^.^#)

拍手[6回]

今年
チャレンジマラニックin遠山郷
は9月25日になった。
水窪祭りの一週間後。
チャレンジマラニックin遠山郷水窪祭り
毎年、この二つのイベントは重なったのだが、今年は違った。
去年のブログ
遠山郷に行く前に。。。

今年は夜の水窪祭りを見に行ってきた。

本町の屋台が水窪郵便局の駐車場に横づけ。
大里の方から小畑の屋台が来る。

ダンダンと近づいてくる。お囃子の調子が速くなる。
屋台を引く人、ブレーキをかける人、お囃子の笛・太鼓
それぞれの人がその持ち場で屋台を動かしている。祭りを支えている。


水窪に、こんなに人がいたのか、っと思うほどの人が祭りで屋台を捜査している。
知らない人が多い。
 

寺田さんに、昔の話を聞いた。
「地区で余裕のある人が、神様を祀り、それを地域がみんなでやるようになってきた。心のよりどころだった。」
「水窪では、その氏神様をお宮にお迎えに行き、街に下して祭りが始まった」
 
本町の区長と写真

この世の中の
絶対 不変の真理。
 「人は必ず死ぬ」
 「今のこの瞬間こそが自分の人生」
 「自分の人生は自分でしか生きられない」
 
自分は横吹に生まれ、今 半場で暮らしている。
己の人生、自分色に染めココで生きる。
「かごに乗る人、かつぐ人、そのまたわらじを作る人」
それぞれの人にそれぞれの役割があるのだから。

拍手[5回]

池の平・白神街道

今年から8月11日が山の日
山に関する団体が山の事を知ってもらいたくて
できた
国民の祝日山の日
この祝日についてもっと詳しく知りたい人は日本山岳会HPへ
「山の日」特別プロジェクト
また、如何して8月11日にちなったのか?、8月12日が候補に挙がっていたそうだが、その日は昭和60年にジャンボジェット機が墜落した大きな事故があった日、だから次の日になったとの話もあるという。
遠い昔の話を思い出した。その日私は青森県の兄夫婦が暮らす八戸のヤマハの社宅に父母とお邪魔している時だった。
その年は東北でも熱い暑い時だった。

話を元に戻し。
水窪山に生きる会「池の平」と「白神街道」ウォーキング
昔、水窪にまだ飯田線が通ってなかったころ、水窪に暮らす人たちは、この「白神街道」を通って天竜川沿いに通る三信鉄道「白神駅」に通った道のウォーキング。
途中、あの「幻の池」池の平がある。
ウォーキング、白垣街道
大嵐駅までは、夏焼隧道がある。
水窪総合体育館(8時集合)→池の平登山道入口→池の平峠→池の平→十四曲り→白神→夏焼隧道→JR大嵐駅(16時04分)ー飯田線ー向市場駅(16時14分)
この様な予定での道程である。

会長の挨拶から始まり、体操をして、参加者の皆さんとともに白神街道に向けて出発。
池の平登山口で、登山計画書を出した。

ここから白神街道、みんなユックリ登山を開始、、、、これからの厳しい道のりがあるとも知らず(#^.^#)

私も知らなかった。。。

途中、の振り返り坂
遠くむこうに、高根条が見える。

池の平峠に到着。

○宮さん
浜松から来たそうだ。
話してみると、私が横吹で暮らしているころの隣のオジサンが浜松に住んでいる、今、間○さんは、その人と知り合いだそうだ。
友達の友達は皆友達だ(^O^)/

池の平に到着
集合写真

ここに、7年に一回周期で水が沸く、なんと不思議なところだろうか。
水が無い時は、本当にただのスギ林。
知っている人でないと分らないところだ。

池の平から少し行ったところで昼食。
30分くらい休憩して、後は白神駅を目指して下山。
下りだから楽なもんだ、そのように思っていたものの。
それが大変。

こんな感じ。

詳細は控えておく。

いろいろあって、やっと出た。
夏焼隧道

○宮さんとツーショット。。。

今まで暑かったが、隧道の中は涼しく快適だった。

JR大嵐駅に16時に到着。
なんとか無事に到着。

飯田線で向市場まで。
事務局の人は、
電車内に残っている人は居なっかと心配していた。
「アンジャないな~」
徒歩で、水窪総合体育館まで
全員無事に帰ってきた。

8月11日山の日
丸一日をかけて、自分なりに、山の事、自分が暮らしている北遠(ほくえん)のこと。
考えることができた。
水窪山に生きる会
ありがとうございました。。。
帰りに元禄のモツを買って、佐久間への家路を急いだ。
早く帰って今晩はモツを肴にビールだ。
byしんしん

拍手[8回]

プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3
10
14 15 16
20 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
忍者ブログ [PR]