忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1979]  [1978]  [1977]  [1976]  [1975]  [1974]  [1973]  [1972]  [1971]  [1970]  [1969

天竜浜名湖鉄道(天浜線)が湖西の知波田駅に到着、○藤さんと○野さんはこのまま列車に揺られ忘年会会場に行くそうだ。
わたしは知波田駅から湖西市鷲津を目指す。
○田さんの指名したコースどおり(入出方面のコース)に行くと忘年会には間に合わないので国道301号のショートカットで湖西市鷲津を目指す。
青年時代車でよく走った道だ。

花の山ゴルフセンターがある。ビボーンテニスクラブがある。湖西中学校がある。
前方から爆音を轟かせてピンクのオートバイの集団が来る。
日ノ岡の坂を下り、東海興産があったところだ。昔富士鐵工所で働いていたとき夜勤明けは何時もココ東海興産で愛車を洗車したもんだ。
喫茶店「ピノキオ」のところを脇道に、しばらく行くとブルーとグリーンのマラニックの人の後ろ姿が見えてきた。
下さんとサクラさんだ!
やっと追いついた。┐(´д`)┌ヤレヤレ
と思ったが。
ガンバってネ
の言葉で鷲津駅を目指しまた走りはじめた。
お~。鷲津駅だ
例の歌だ。
わーしづのええきを南ゆき~♪。ドンドン歩くと見えてくる。
ゆこ~。ゆこ~。フジテッコーへ~フジテッコいいとこ良いところ~。
なんとかオマンマ食えるとこ~。。。
ここ ゆこ~。ゆこ~の所、左手は腰、右手を突き上げる。

先輩に、こんなふうに教えてもらったッケ。

湖西高校の正門前を走り次の突き当り。右だっけ?左だっけ?
何回も走っているが、間違えて左に行った。
直ぐ間違えにきづき、右方向に行く。
二人連れのマダムに道を尋ねる。
「湖西のイオンは如何いくの?」
丁寧に
「真っ直ぐ行って高架の陸橋の所を左に行くと見えてくるョ」
と答えてくれた。
「あそこの交差点を左に曲がって突き当りを右に曲がっても行けるラ~」
なれなれしく。言ってしまった。
「そうそう、そっちでも行ける。詳しいジャン」
「ありがとうございます。感謝です」
そう言って頭を下げてマダムを後にした。
マダム: 「ガンバて~」
なんか嬉しかった。

湖西のイオンの横を通り過ぎ、遠くに黄色いジャンパーが、友さんだ。
二人で走っていたら、前方にヒロボーさんだ。

新居の関所でヒロボーさんが写真を撮ってくれた。
「ダーっとやって足を開いて」
と、言ったのでやってみた。
何だろう?
後で聴いたら、朝ドラのヒロインのやるポーズだそうだ。
上手く撮れたかな~?
知っていたらもっとダーっとやったのに。

財布を落とした話をした。
「お騒がせしました。無事に見つかりました」と。
ヒロボーさんも何回も落としたと言っていた。
そのためズボンのポケットにマジックテープで蓋ができるようにしたと。
ヒロボーさんの工夫を凝らしたハーフパンツを見せてくれた。

新居駅を過ぎるとゴールである弁天島はもうすぐだ。

今年も2018年もいろいろな事があったナ~。

富士山頂往復には参加できなかったこと。

地割れ花火マラニック
佳江さんは荷物を一杯さげて参加してくれた。

浜松縦断マラニック。
復路のときに自動販売機で500mlのペットボトルを買って、飲みきれないからと佳江さんは私に差し出した。
えっと思ったが何食わぬ顔で(我慢して)飲んでしまった。

チャレンジマラニックin遠山郷。
ノルデックウォーキングの前にみんなで遠山郷に十月桜を植樹したっけ。

植樹が終わってから、遠山の御蕎麦屋で昼ごはん。
村木さん身体のケアーをしてもらっていたネ。

浜名湖一周100㎞
佳江さんの待つ知波田のエイドに着いたときは満身創痍だった。
やはり最後まで走れず鷲津駅で電車に乗った。
オマケにゴールでは脱水で足が攣って散々だった。

「新間さんは偉いネ~」と、良く言ってくれた佳江さん。
褒められると調子に乗る私は、そんな言葉が嬉しかった。

浜名湖の三番の橋を渡り、遠くに弁天島の橋が見えてくる。
ヒロボーさんに残り一キロの距離表示を教えてもらう。
二番の橋を渡り、弁天島の駐車場に入り、ホテルの裏玄関から入ろうとしたらヒロボーさんがゼロ地点まで行こう。っと、誘われ二人でゼロ地点の印にタッチした。

おわり

拍手[12回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
忍者ブログ [PR]