忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1891]  [1890]  [1889]  [1888]  [1887]  [1886]  [1885]  [1884]  [1883]  [1882]  [1881

海抜0メートルから日本一の山富士山(3776m)までを目指そうというマラニック(マラソン&ピクニック)
凄いのは
富士山頂(3776m)剣ヶ峰を極めてから、もと来た海抜0メートルまで帰って来ること。
帰りの五合目からの真夏の走り歩きは厳しい厳しい道程である。
人はそれを
ゼロ富士という。

今年は、そのゼロ富士を走らないことに決めた。
DNSすることに、決めた。

環境省のホームページで0泊2日の弾丸登山を危惧している。
ゼロ富士は海抜0メートルから3776mまでの往復を丸一日(24時間)かけてのマラニックだ。
普通の人では考えられない事かもしれない。
しかし考えてほしい。
今の便利な世の中に暮らしている人に、これからの日本を先進国の行く先を、考えている人に。
車の社会になり、今でこそ五合目からの登山が不通とされてはいるが、先人の富士山詣ではみな自分の足で頂を目指したのだ。

末法の時代
末法というのは、仏の在世から遠く隔たったため、教法が次第に微細・瑣末になり、僧侶が戒律を修めず、争いばかりを起こして邪見がはびこり、釈迦の仏教がその効力をなくしてしまう時期とされるウィキペディアから
自分のことは棚に上げ、人のことばかりを指摘する時代と解釈する。
そんな時だからこそ、
ゼロ富士は、自分にとっての修行と考える。

富士山世界遺産の決定 2013年
富士山頂往復マラニックは 今年で16回目になる。
毎年、夏 何人かの兵が富士山頂を目指し、海抜0メートルに帰って来る。

今年は、その兵の一人ではないが、遠く富士山の見えない佐久間町から
有徳の国、富士の国の静岡県民の一人として応援している。

拍手[11回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ありがとうございます。
今年はDNSで残念です。
これからも続けますので・・・来年挑戦してください。
今年も
あと5日です。
みんな楽しんで、無事終わって欲しい。
ヒロボー 2018/07/29(Sun)08:49:15 編集
ヒロボーさんへ
スイマセンでした。

様々な事が片付きしだい来年に向けてのトレーニングを開始します。

三方よし
ランナーよし、呼びかけ人よし、地域よし
走る人がいるから大会が出来る。
呼びかけ人が骨を折ってくれるから、このような素晴らしい挑戦ができる。
多くの人が来てくれるから地域が賑やかになる。
しんしん 2018/07/29(Sun)11:27:47 編集
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
18 20 22
26 27 28 29
カウンター
忍者ブログ [PR]