忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[2136]  [2135]  [2134]  [2133]  [2132]  [2131]  [2130]  [2129]  [2128]  [2127]  [2126

第四章
 万物流転、情報不変
万物流転→ この世にあるあらゆるものは、絶え間なく変化してやまないということ。
不変 →  変わらないこと。また、そのさま。
情報不変 養老先生は人は常に変わっている。情報は変わらない、情報不変なのだと。
それが、現代の人々はあべこべに感じているのだと。
説いている。

森信三先生が戦前の師範学校での生徒を前にして講義した記録「修身教授録」
先生のその記録は、半世紀以上たった今も人々の心に光を点している。
一冊の本、そこに込められている情報は不変。生涯、変わらない。

「知る」と「死ぬ」
養老先生は、学生たちに、勉強するという行為の意味を、こう伝えている。
「知るということは根本的にはガンの告知だ」と。
「君たちだってガンになるときがある。ガンになって、治療法がなくて、あと半年の命だよと言われることがある。そうしたら、あそこで咲いている桜が違って見えるだろう」と話しているという。

様々な本を読み、知らない世界の誰かの心を知った、知らないでも良かったのかもしれないと思った事も少なくもあった。
が、違うのだ。
知るということは、養老先生が「バカの壁」の最後で書いてある
人生は崖登りだと思っているといっている。
必死に崖を登り、少しでも高い所に行けば低い所よりも違う世界が見えるだろうと。

「わかる」という言葉の語源は、「分ける」ことです。
昔、頭の病気は分らなかった。頭が痛いと死んでいった人は、脳卒中だった。
今は脳卒中は大きく脳出血・脳梗塞・くも膜下出血に分類されている。
まだまだ分ってきて分けられるだろう。

養老先生は医学博士、解剖学者。
人間の脳の働きで、欲望のことも書いてあった。
人々は何故争うのか?
「バカの壁」があり、他を思いやる気持ちの前に立ちふさがるからだと。

拍手[5回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
59
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 3 4
6 7 9 10 11 12
13 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
忍者ブログ [PR]