忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[2140]  [2139]  [2138]  [2137]  [2136]  [2135]  [2134]  [2133]  [2132]  [2131]  [2130

人間学を学ぶ月刊誌chichi到知
記載している内容は素晴らしい、自分の心にズドンと響く内容が多い。分かっているけど本読む時間が無いし、とか悩んでいるとき、昔の到知を開いてみた。2016年3月号、そこの《巻頭の言葉》ウシオ電機会長牛尾治郎『清規と陋規』を読み返していた。
清規(せいき)とは表向きの道徳。陋規(ろうき)とは裏の道徳だそうだ。
陋規、裏の道徳、????今の人には分らないかもしれない。
それは大泥棒ネズミ小僧治郎吉がお金持ちの屋敷から盗みを働き庶民に、その金をばらまいた。
またヤクザの世界にも義理と人情の世界があった。
悪の世界にも、それなりの道徳があったという話しだった。

そんな昔の2016年3月号の到知p34に「日米資本主義の父が願ったもの」渋沢栄一とフランクリンとの記事が目に留まり目を通した。
日本の渋沢栄一と米国のベンジャミン・フランクリンは資本主義の父といわれ共通点が多いと斎藤孝明治大学教授が、その二人を語った内容だ。
生まれた国も生きた時代も異なる二人の精神的基盤となったもの、行動原理は何だったのか。また、二人の願った社会とはどんなものだったのか。
アメリカの独立宣言は1776年、ベンジャミン・フランクリン70歳のとき。イギリスと戦って独立し、アメリカ合衆国という国が生まれ、その中でフランクリン、は経済はもちろん社会貢献という面でも中心的な役割をした。
渋沢栄一は明治維新という日本の独立の渦中の中で、天下国家を論じるだけではなく経済をもって国の柱としなければいけないと考えた人です。
二人の心を支えた『論語』と『聖書』
士農工商、商業は卑しいものと言われていた時代から生きた渋沢栄一は経済発展で卑しい人にならぬよう『論語』道徳の心を持っていた。

日本に、素晴らしい人がいるのだナ~。そんなことを思ってネットで検索してみた。
「渋沢栄一」
するとなんと!
2024年度前半に日本の紙幣の図柄が変わり一万円札の肖像画が、渋沢栄一になると4月9日に発表したとあった(ビックリ)

日本!!素晴らしい。。。
自分!!アンテナ低い(涙)

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
18 20 22
23 24 25 26 27 28 29
カウンター
忍者ブログ [PR]