忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[2137]  [2136]  [2135]  [2134]  [2133]  [2132]  [2131]  [2130]  [2129]  [2128]  [2127

2005年(平成17年)11月に出版された本『国家の品格』書名の「品格」は、2006年(平成18年)の新語・流行語大賞を受賞した。

その後「品格ブーム」で坂東眞理子著『女性の品格』(PHP新書)は300万部以上を売り上げ、ドラマ『ハケンの品格』は平均視聴率20.1%を記録した。他に『会社の-』『日本人の-』『自分の-』『親の-』『男の-』『遊びの-』など次々と発売された。

この本は、藤原が講演で述べた内容を基礎にした本である。そのため、文体は口語調で、「妻を筆頭に殴りたい女性はたくさんいます」、「(什の掟は)最後の七つ目以外は納得できます」といったユーモアが効いたものになっている。西洋、特にアメリカの「論理万能主義」を批判し「だめなものはだめ」と主張。グローバリズムなどを真っ向から否定し、自国の伝統や美意識などを重んじることを説いた。

世界で唯一の「情緒と形の文明」を持つ日本の“国家の品格”を取り戻すことを書いた。本文中には前著のタイトルでもある「祖国とは国語」と言う言葉が複数箇所で用いられている。

什の掟
一、年長者の言ふことに背いてはなりませぬ
二、年長者には御辞儀をしなければなりませぬ
三、虚言を言ふ事はなりませぬ
四、卑怯な振舞をしてはなりませぬ
五、弱い者をいぢめてはなりませぬ
六、戸外で物を食べてはなりませぬ
七、戸外で婦人と言葉を交えてはなりませぬ

ならぬことはならぬものです
ウィキペディアから。

2005年(平成17年)11月に出版された本『国家の品格』
2005年(平成17年)7月佐久間町は浜松市に合併した。
合併する前、佐久間町の役場の職員は住民に浜松市への合併の経緯を説明に来た。
静岡市に合併した井川地区の公共施設を整備してくれなくなった状態の写真を住民に見せ説明した。
そして
「佐久間町も何れこうなるでしょう」
といって合併の説明は終わった。
 

その静岡市で、リニアのトンネルが静岡県の北の隅っこを通り、大井川の水量が減ると大問題だと大騒ぎをしている。
井川地区は静岡市に合併し、どうなったのだろう?
浜松市は、浜松市に合併した佐久間町は、年々人口が減り学校の生徒が減り、小中学校の統廃合が問題になっている。

四つの愛
情緒には四つの愛が基本だと。
「家族愛」
「郷土愛」
「祖国愛」
この三つの愛が、しっかり固まった後で、最後に
「人類愛」
だと言っている。

家族とは
「まちむらリレーション市民交流会議」
2018年二月に行った
・熊本大学名誉教授 徳野貞雄
・静岡文化芸術大学 船戸修一
・浜松市市民協働・地域政策課 北嶋秀明
この時の徳野教授の家族の話し。
家族とは、行政が言う家族は一緒に暮して居るだけど、本当の家族はとの話だった、と今振り返っている。
単身赴任で一緒には暮して居ない夫は、それは家族ではないのですか?
嫁に行った娘は家族ではないのですか?
等々。
もっと言うと、可愛いペット、死んでいった親も、家族だと言っていた。
そんな家族を愛すること「家族愛」それを第一に持つこと。

来年は2020年は、東京オリンピックの年だ。
四つの愛

「家族愛」
「郷土愛」
「祖国愛」
「人類愛」
あふれる東京オリンピックを望んでいる。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
59
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 3 4
6 7 9 10 11 12
13 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
忍者ブログ [PR]