忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38

裸同然の身体で、消防署員のタンカーに乗って下りてくる母、生きていた。
訳のわからないことを言っている。

病院で診察してもらい、警察に事情聴取、家に帰った。

その年の秋、近くの特養から電話、特養への入所の順番が来た。

自分では判断できず、父に相談した。

もう、我慢の限界、特養のお世話になることを家族で決断した。

2007年11月27日 母は特別養護老人ホーム 「佐久間の里」へ住所を移した。

母の部屋が決まり、そこからの景色を、写真に写した。
http://run2.ina-ka.com/www3/Untitled4.html

7年前、私が NHK学園に入学した頃から、何時の日かこんな日が来るのではないっと思っていた。
NHK学園を卒業し、専攻科(社会福祉学科)に入学し、介護福祉士を目指す時には、あと二年、頑張ってほしいと思っていた。

もう特養にきて、2年なろうとしている。

最近の診断で、脳の委縮が進んでいると説明があった。

ひとりごとが多くなる。
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
景色
 病室からの景色を見ると、佐久間病院に隣接した施設でしょうか。
 いろんな出来事があったんですね。
がんもどき 2009/08/28(Fri)07:08:28 編集
re景色
ありがとうございます。
自分のHPは、自分の思い出を残すために、数年前から始めました。
それと、私も年をとってきたから、ボケ予防もあるかな(^◇^)
しんしん 2009/08/28(Fri)19:25:17 編集
無題
昨日は久しぶりに帰省した娘と、「水窪の里」に入居している母に会いにいってきました。少しのびた髪をカットしてきました、ついでにいつもお世話になっている前の部屋のおばさんの髪も少しカット。母はこの5月からの入居です。93歳になりました、介護ホームが近いので、週一くらいで顔を見にいけます。母とは結婚以来もう38年の付き合いです、いろんなことがありましたが、今は穏やかに過ごしていてくれて安心してます。
行く道とは思いながら、、、辛いこですね。
吾亦紅 2009/08/29(Sat)22:05:13 編集
re無題
今 団塊の世代が定年を迎え、これから介護を必要とする人口が増えてくるという。
介護職は、大変な仕事なのに、低賃金だと聞く。
今年、その介護職を求めて、東南アジアの人が、日本に来る。
時代は変化しているのだ。

しんしん 2009/08/30(Sun)16:32:05 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
忍者ブログ [PR]