忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11

10時10分。
しんしん、裸足で名古屋の街へと走り出した(^^)
10月のしまだ大井川マラソンを走った後はワラーチで走ってばかりだったので久しぶりの裸足だ。
心配はしていたが、ゆっくり走ればいいだろうと思った。
一緒にはスタートした仲間は知らぬ間に遠くに消えた。

スタート地点には名古屋市長川村さんが手を振っていた。

愛知県知事大村さんも身を乗り上げてランナーを見送っていた。

ラン友に声かけられた。

道路に出ると、足元が荒く、ユックリユックリ走る、誰に抜かれても自分のペースを守ってユックリ。

大通りに出れば路面もよくなり、走りやすくなるだろうと思った。
が、ががが。
大通りに出ても路面状態は、それほどよくはなかった。
道路を確認しながら、ゴツゴツしていない所を探しながら走っていく。
白線の上は走りやすかった(^^)

ユックリ走って行くと、前方に鯱男(しゃちほこおとこ)発見。


「裸足ですネ」と声を掛けられた。
「がんばって!!」と抜いた後ろ姿は。
 
おしり丸出し(^^)

サル発見!!

お猿さんの胸には「がんばろ日本!」のシール。

RUN FOR JAPAN JAAF震災復興プロジェクト~みんなのこころのたすきリレー~
JAAF(公益財団法人 日本陸上競技連盟)
ランナーも震災復興も頑張ろう。
ゼッケンの袋の中にこのシールも入っていたのだ。

他のランナーにも。

応援も名古屋は多くの人が出ている。


天使が走っている。

はいチーズ(^^)

スパイダーマン・・・かな?

イエーイ。

こんな感じの三人ジョガーも。

そんな感じで写真を捕りながら走っていると。
さっき知り合った おサルさんが来て
「写真を撮りましょうか」と、、、。
カメラを預け、、、はいピース(^^)

ラン友、大応援団!!

よーやく来ました。
21㎞地点。


ゴールが見えてきた。

ゴールして振り返る。
今、走って来た方を振り返り、軽く会釈。
無事に走ることができました。
感謝!!

ボランティアの人にお願いし、写真を撮ってもらう。

走り終わると、バナナとウイロウその他飲み物。
荷物を引き取りに行き、着替え。
足の裏・・・チェック。

かかとに少し、水ぶくれ。
足の裏がヒリヒリ、でも見た目は大丈夫。
靴を履いて、靴のありがたさを感じる(^^)

1時間57分ぐらいかナ?
自分なりに納得。
ここ記録証は後日郵送らしい。

しんしん裸足でハーフマラソン(21.0975キロ)を走る。
裸足でのマラソンは去年の10月のフル(しまだ大井川)以来だ。

何故裸足で走るのか、、、答えは無い。
走ってみたかった。
ただそれだけ。

フルマラソンを走り、ウルトラマラソンに出合い。
一昨年、初めての100㎞マラソン「チャレンジ富士五湖」に参加した時に、ワラーチで走っている人を見かけた。
世の中には様々な人がいる。
そう思った。

そんな人に出合い、感じてきた。
今置かれた状況の中で、どう生きるか、今の暮らしに「ありがたさ」を感じ希望を持って前進していく。


今日の裸足ラン、名古屋シティマラソンはとっても心に残るマラソン大会だった。


ありがとう。
感謝!!

拍手[0回]

PR

去年は知り合いの女性ランナーの応援で始めて行った名古屋ウィメンズマラソン、今年は私、同時に開催される名古屋シティマラソンのハーフに参加した。

先ずは、facebookの仲間「ラン友」の朝エイ!!に合流。
多くの仲間が集まっていた、一年ぶりに会う仲間と写真。


 ひろせんせいと。



集合写真


ヤッパリくまもんTシャツ来てる!!


ここで、女性ランナーは一足先にナゴヤドームに行きスタートの準備、
私たちハーフ組は一時間遅れ。

ここで知り合った森さんと一緒に行動。
田舎者は・・・人の多さにドギマギ!!

ドームの観客席で着替え、よ~~っし、今日は裸足で走るど・・・・・。
荷物を入れる袋に、シューズも入れた。

着替えを荷物預けのトラックに積み込む、も~~これで逃げられない。
裸足でハーフを走るしかない(^^)

裸足で、荷物預け付近をウロウロしている、天気は良くなり上半身はあったか・・・でも足がツメタイ。
そんな会場で見つけた仮装ランナー。

荷物預けのトラックの向こうに女子ランナーがスタートを待っている長い列、その様子がトラックの間のすきまから見れる。
9時10分名古屋ウイメンズマラソン、ランナーがスタートし少し経つとトラックが走り出した。

バリケードを解除され、われわれ名古屋シティマラノンを走るものは、それぞれのスタート地点に並ぶ。
私はF

裸足ということで、色々な人に声を掛けられる。
Q、痛くありませんか?
Q、いつも裸足ですか?
Q、足の裏はどうなっているの?
などなど。

今回、私は裸足でのマラソンは二回目。
去年の10月「しまだ大井川マラソン」を走っている。
その時のブログ「ほくえんの風」
 しまだ大井川マラソン・・・しんしん裸足で42・195km


ここは名古屋の街の中を走るので、多分 車が走るところだから・・・走りやすいのでは、、、ないかな?
と思って、裸足を決意。

それと、私が掛けてているタスキ
骨髄バンクに協力してください
このPRにもなるのでは・・・そんな思いもあったのです(^^)

スタート前、名古屋市長の声が聞こえる、「みんなガンバってチョ!!」

裸足で走ると、足の裏から数々の刺激が来る。
冷たさ、温かさ、痛いときもあるし気持ちよく走れる時もある。
目・鼻・耳・手足の感覚、全てを使って名古屋の街を楽しもうと今回の裸足。
どうなることやら。

つづく。

拍手[1回]

去年までは、駿府マラソン(ハーフ)だったのだが、今年はフルマラソンになった。
名称も「静岡マラソン」と改名した。
私は、今回参加はしなかったが、テレビで観ていてやっぱり静岡マラソン・・・走ってみたかったな~。
動画を検索したら、静岡マラソンのダイジェストがあった↓

駿府マラソンの時は何度か走ったことがる、コースも町の中を走ったり、海辺の用宗港までの風光明媚なコース設定であった。
今回の静岡マラソンも、久能山など、コース設定も静岡の名所を走るようになっていると聞く。
本当は、快晴で富士山に見守られながら走りたかっただろうが、今回はあいにくの雨降り。
それでも、第一回だけあったみんなそれぞれに楽しんだことだろう。
知り合いが参加したので、写真を お借りした(^^)

静岡のランナー楽しそうです(^^)

 

拍手[1回]

ここの大会は、今回で6回目の参加になる、今日の森町、残念ながら小雨模様。
毎年、休憩所になる「森町文化会館」のある一角が私たちの集まる場所がある。
いつもその場所に、佐久間中学校の時の同級生がいるのだが・・・・・・今日は居なかった。
携帯で連絡をしたら、インフルエンザ・・・・だそうだ。
折角だから、去年の写真を(^^)


マラソン大会も、おおく参加していると仲間も多く、今日はうっちゃんと一緒に荷物をまとめた。
なっちも一緒に記念写真(^^)

たまたま、隣の人と話をしていたら、
70歳以上の大先輩。
今、参加者名簿を見たらチーム名「浜松A走会」
私のラン友が、その人と一緒のツァーでホノルルマラソンに行ったそう。
まさに友達の友達は知り合い・・・・そんな感じだ(^^)


私の初マラソンは、「磐田・大藤マラソン」最後ぼろぼろになって当時60歳の人と一緒にゴールした。
その人も「浜松A走会」・・・・なんか繋がりを感じます。


小雨降る中、今日はワラーチでスタート地点の人ごみに紛れ込む。
カメラはポシェットに。

ワラーチだからユックリゆっくり歩みを進める。
三度笠の石松、ヒロ君だ!!

しばらくヒロ君と、話をしながら走る。
第二次世界大戦の話、なかなか重い話だ。
「こんな走る事を趣味といえるような世の中、そのような歴史があり、今の平和な世の中があるのだ」

そろそろ折り返し、先頭のランナーが走ってくる。
知っている人も、すれ違う。


ワラーチは、鼻緒がずれて、少し違和感があったけど、少しずつスピードも上げていく。

うっちゃん発見、ナッチは水分補給をしていた。

しばらくすると、二人目の次郎長。
雨に三度笠が濡れ、大変そうだった。

毎年だが、ここ森町ロードは袋井高校の野球部が走っている。
一年生だろうか、ペース配分がわからず歩いている子もいた。
今は苦しいが、今日の走りが、今の努力が、これからの人生に大いに糧になるだろう。
ガンバレ!!とエールを送り追い抜いた。(^^)

自分なりに頑張った今日の森町、よいよゴールだ。
1時間48分17秒 第134位

ゴールして、甘酒サービスにより甘酒をもらう。
冷えた体に・・・う~たまらん。

「森町文化会館」に戻って、ワラーチを取ると、両足の鼻緒が当たるところに大豆だいのマメができていた。

ワラーチ、私は特別に走り方を聞いたわけではない、このような走りをしていいものか?
悩むところだ。
話によるとワラーチ講習会もあると言う。
いつか専門の人に聞いてみたいと思う。

拍手[0回]

 


フルマラソン、32回目

32回目のフルは、袋井クラウンメロンマラソン、今流行のワラーチで完走した。

30回まではシューズを履いての42.195㎞

31回は裸足で、しまだ大井川マラソンを走った。

裸足と今回のワラーチでのフルマラソン。

走った後、脚に張りを感じるところは・・・・・ふくらはぎ

シューズを履いてのフルマラソンで、いつも感じるのは、フトモモへのダメージ。

もちろん、どちらも脚全体が疲労しているのだが・・・。

裸足とワラーチでは、ふくろはぎ のダメージを多く感じるのだ。

足の裏・・・は、どうだろう?

左足の、親指と人差し指の間、、、人差し指の根本、、、このところに水ぶくれができている。

ワラーチのひもが擦れてできたのだろう。


私が考えるに、
シューズを履いてのマラソンは、かかと着地になり、身体を支えるフトモモに負担が多くかかているのではないか。

裸足、ワラーチでのマラソンでは、つまさき付近の着地になり、着地の時に膝を曲げ脚全体での着地になり、シューズを履いていた時よりふくらはぎに負担がかかったのではないだろうか?


今年の夏から裸足でのランニングを練習に取り入れた。

最近、ワラーチも使い出した。

このような試みで少しは自分の走りが変わっていく。

こらから、どのようになっていくのか楽しみだ。

ワクワク♪o(^o^o)(o^o^)oワクワク♪


 

拍手[0回]

プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
忍者ブログ [PR]