忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1585]  [1584]  [1583]  [1582]  [1581]  [1580]  [1579]  [1578]  [1577]  [1576]  [1575

5月20日(金)に
水窪のNPO法人山に生きる会の打ち合わせがあると連絡が来たが
その日はあいにく
「ぐるっと富士山一周ウルトラマラニック」
の日だった。
 先日、その
山に生きる会
の、今年の活動計画書が送られてきた。
その中に
特定非営利活動法人山に生きる会 趣旨書
が、あったのでこのブログに残しておきたいと思います。


     特定非営利活動法人山に生きる会 趣旨書


浜松市北部に位置する水窪地域において私たちは、「故郷」の恵み多き自然、風土との共存の中で、自らの生命と生活を支え、誇れる「故郷」の自然、伝統文化、伝承芸能を引き継いできました。
  しかし、高齢化の進行や都市部への転居など、時代とともに人々の生活の形態が変化し、中間山地に住む人々の、「故郷」を想う気持ちもだんだんと薄れていく状況になっています。この中山間地域を元気にするためには、この「故郷」の資源を活かし、そこに生活する「住民」と「行政」が一体となって「新しい風」を吹かし活動することが不可欠だと考えます。

 そこで、私たちは、「故郷」の自然、伝統文化、伝承芸能で、交流する「まちづくり」を推進すること、そして、「故郷」を『愛する心』『誇りに思う心』を育て地域の活計化を図ることを目的とした特定非営利活動法人を設立します。


申請までの経過
平成21年 4月 任意団体 山に生きる会設立
平成22年 3月 特定非営利活動法人化のための勉強会開催
平成22年 12月  発起人会開催
平成23年 6月 設立総会開催

平成23年 6月29日
          特定非営利活動法人  山に生きる会
          静岡県浜松市天竜区水窪町奥領家●●●番地の●
                   設立代表者 ●● ●

水窪のNPO山に生きる会は
この様に、強い故郷を想う気持ちの人が多く頑張っている。
設立代表者である理事長から、今年度から新しい理事長になった。
先人の思いを繋げる活動になっている。

熱い思いは、人から人へ繋がっている。

拍手[9回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
18 20 22
26 27 28 29
カウンター
忍者ブログ [PR]