忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[2185]  [2184]  [2183]  [2182]  [2181]  [2180]  [2179]  [2178]  [2177]  [2176]  [2175
第16章
ローマの休日 東ヨーロッパⅠ
第17章
果ての岬 東ヨーロッパⅡ
第18章
飛光よ、飛光よ 終焉

沢木耕太郎 深夜特急もよいよ6になった。
26歳の日本の若者が、仕事を全て辞め旅に出た話、インドのデリーからイギリスのロンドンまで、乗合いバスで行く話し。
インドに行く前の香港での話、まだ中国に返還されていない時の話しには、今の香港のデモと重なり考えさせられた。
また当時の香港の若者の様子も、なんか伝わってきた。
インドに行き、未だにカースト制度の残る世界を知る。またカースト制度にも属さないアウトカーストと呼ばれるこどもを支援する学校に行った話し、日本の若者も参加していたとの話し、最後のプレゼントの話し、そこからデリーに行き旅が始まっていく。
今回、6冊目、ヨーロッパに入って近代文明の世界、イギリスでは日本の磯崎夫婦から紹介された人との話し、日本人の女性の扱いが下手だとの話し、その点イギリス人は上手だと、笑った。
イタリアからフランス、スペイン・ポルトガル、リスボンで危なそうな人に安い食事何処を紹介してもらい「肉か魚か」と問われ魚を注文し、他愛もない会話をし「ビールを呑まないか」と誘われた、ビールはスペインならセルベッサだが、ポルトガルではセルべージャとなるらしい、店の人にセルべージャの小瓶を持ってきてもらい、そこのラベルにザグレスとあった。
イベリア半島の南西の岬、ザグレス。その同じ名前のビール。
日の登る国、日本からユーラシア大陸最西端のポルトガル、そのイベリア半島の南西の岬ザグレスを旅の終わりにしたのだった。
飛光よ 飛光よ、爾(なんじ)に一杯の酒を勧めん。
飛光とは、日月の光、それは同時に流れる時間のことである。
日曜日、朝日に照らされた浜名湖を走り出した。
そして夕刻、夕日を追いかけてゴールを目指した。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
18 20 22
26 27 28 29
カウンター
忍者ブログ [PR]