忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[2186]  [2185]  [2184]  [2183]  [2182]  [2181]  [2180]  [2179]  [2178]  [2177]  [2176

私: 「日本は素晴らしい国だ、私は海外は行ったことは無いが沢木耕太郎「深夜特急」を読んでそのように思った」と尋ねたら、ある人が。

H: 「そうだよ、日本はどこに行ってもコンビニはあるし」

勉強会「良寛戒語」

 
しんしん皿洗い。

修身教授録、今回は「忍耐」「自修の人」
先生、忍耐には分ければふたつあると言う。一つが「堪忍」もう一つが「隠忍」
堪忍袋の緒が切れる そんなコトワザがある。もうこれ以上我慢できなくて怒りが爆発する。こと。
そんなコトワザが頭をよぎったのか、今回は皿洗いをした(笑)

自修の人、自修とは自分で身を修めること。人から教えを受けないで、自分で学問を身につけること。
真に自己をつくるものは、自分以外には無い。自分を鍛え、自分というものを、一個の人格までに築き上げていくのは、自分しかいない、ということだ。と。
本ではエレベーターに乗らずに階段を駆けあがって目的地に着いたことを例えにしている、一種の愉快さが沸くと。
富士山頂往復マラニックに田子の浦から自分の脚で山頂に辿り着き、またもと来た道を田子の浦港を目指す。何と馬鹿げたマラニックなのか。それでもそれを完走することに何らかの意味を考えている自分、自分を鍛え、自分というものを、一個の人格までに築き上げていくのは、自分だと挑戦している。もう一人の自分と語り合いながら目的地を目指している。

 

先の会話、Hさんは元警察官だそうだ。やっと定年を迎え現役の事件の思い出を語ってくれた。
国民の生命,身体および財産を保護するため,実力行使を含む一定の法執行権限をもち,犯罪の予防,鎮圧および捜査,被疑者の逮捕,交通の取締りその他公共の安全と秩序の維持にあたることを職務とするのが警察官である。身分は地方公務員。
そんな警察官も、日本の良さを便利で良い国と解釈しているようだ。
「そうだよ、日本は治安は良いし」
私としては、その様に答えてほしかった(笑)

 

便利ではなくても、人々が仲睦まじく希望をもって暮していける田舎、その様な佐久間町になっていくようにと思っている。

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
59
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カウンター
忍者ブログ [PR]