忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[2189]  [2188]  [2187]  [2186]  [2185]  [2184]  [2183]  [2182]  [2181]  [2180]  [2179

「いま、なんじ?」「とちじ~」
青崩峠~兵越峠までの遊歩道、とおき小屋で休憩中、サクラさんからラインで写真が届いた。
峠の国盗り綱引き合戦の会場に着き東京都知事に会ったと写真が送られてきたのだ。

今回、走るメンバーは
山草人さん・ヒロボーさん・kazukawaさん・ヨウ子さん・クミちゃん・スミちゃん・ヤヨイさん・それと私しんしん8名
こんな写真を見て。

山草人:「都知事が来ている、何故?」

その存在を知っている人はわかってはいたのだけど、山草人さんは

山草人:「それにしても、似ている」と感心していた。

八幡カオル、日本のピン芸人。本名、八幡 薫( やはた かおる)。女性。出身地水窪。

会場に着いて、みんなで、その都知事と写真を撮った。

朝7時、私たちは飯田線水窪駅下の国盗りの駐車場から走ってきたのだ。
青崩峠を目指して。
そこまでは坂道ばかり、西浦(にしうれ)最後の池島(いけじま)そこからは兵越峠と青崩峠の分岐を青崩峠を目指した。
峠の国盗り綱引き合戦のボランティア、水窪の人たちが駐車場の仕事をしている。
ガンモさんが居た。
最後尾を走っていた自分は仲間を追いかけていた。
急な坂道、前を行く人は歩き始める。
サバ地蔵、はや太郎の墓、足神神社で走るメンバー全員が集まる。
霊験新たかな湧水を飲む。
足神神社にヒロボーさんが代表でお賽銭を祀ってくれた、これからの峠の国盗りマラニックの安全を祈った。
青崩峠には群馬から来たというハイカーがいた。田中陽樹のブログを観たという、そのハイカーは山ヒルが多くいる、そのように連想している青崩峠だと語っていた。
青崩峠から兵越峠に向かう遊歩道がある、そこを私たちは行く。
尾根沿いのその道は、青崩れからだと急登が続く、これでもかこれでもか、階段の上りばかりだ。
最初の小屋で休憩、そこからは尾根沿いの紅葉が素晴らしいトレイルの道、とおき小屋を過ぎしばらく行くと峠の国盗り綱引き合戦のざわっめきが聞こえてくる。

ステージの真ん中にサクラさんが場所を取ってくれてある。そこで綱引きを観戦した。どっちもガンバレ!!
結果は一回戦、遠州、二回戦、ものいいが着く。引き直しとなった。次も引き分け。
選手が精根尽きるまで引くと言う。カワイソウ。
平岡駅を15時45分の電車に間に合わなくなるので、結果がわからないまま兵越峠を後にした。

遠山郷まで坂ばかり、下り坂を駆け下る。今年の紅葉はまだ早いのか色付いていない。

峠の綱引きの結果が出たのか、マイクロバスが下ってくる。太鼓の子供たちが走っている私たちを応援してくれる「ガンバレ~♪」
なんか、恥ずかしいような嬉しいような。

下り終わると、遠山郷のバイパス、広い道を橋を渡ると、ランナーも協力した植林した桜の花がある。
トモドウさんの桜の花は満開だった。

遠山郷の神樂の湯をゴールとする人が数人。

私は平岡駅を目指す。

山草人さんスミちゃんも。

この二人に着いていくのが大変だった(泣)

やっと着いた平岡駅、15時15分。

昨日の峠の国盗り前夜祭、そこから始まった今回の企画、朝7時に国盗りスタート。

今年も平岡駅まで来ることができた。

飯田線にゆられ、水窪駅に着き、急な階段を下り、吊り橋を渡り、バイパスを歩き、駐車場に、国盗りの水車の前で写真、
 
ありがとうございました。

感謝です~。。。。。

前夜祭のメンバーは
山草人さん・ヒロボーさん・kazukawaさん・下さん・サクラさん・ヨウ子さん・クミちゃん・ヤヨイさん・それと私しんしん
海の幸、刺身、美味しかったです。

拍手[10回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
この
峠の綱引きマラニックは最高です。
前夜祭がいい
青崩れ峠から兵越峠までのトレイルコースがいい。
遠州と信州の綱引き合戦がいい
毎年やらまいか!
ヒロボー 2019/10/28(Mon)20:55:56 編集
ヒロボーさんへ
ありがとうございました。
来年も宜しくお願いします⤵️
しんしん 2019/10/30(Wed)06:53:39 編集
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2 4
5 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
忍者ブログ [PR]