忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

腰痛は、人間が二本足で起立し、歩行するようになって以来宿命づけられた病気だと言われます。
腰痛が起こるのはなぜか、腰や背中の仕組み、動きを見ながら考えていきます。
私たち人間は、母親の胎内にいるときには手足を曲げ、背中を丸めた姿勢をしています。脊柱(背骨)も丸まっています。
しかし、生まれて3~4か月もたつと、首のところが前に曲がってきます。ちょうど”くびがすわる”という状態で、うつぶせにすると両手で突っ張ってくびを持ち上げることができるようになります。
5~6ケ月には寝返りが、7~8カ月ごろにはお座りやはいはいできるようになりますが、このころになると、こんどは腰のところも前に曲がってきます。
横から見ると脊椎は、首が前、背中が後ろ、腰が前というS字型のカーブを描きます。
一年ごろ二本足で立って歩けるようになると、この形はいっそうはっきりしてきます。
つまり、私たち人間の脊椎は、まっすぐな柱を立てたようなものではなく、上半身を支えると同時に曲げたり伸ばしたり、ひねったりという自在な動きにうまく対応できるよう、S字形のしなやかな柱の構造をしているのです。
そのS字形の脊椎が、骨盤の上に積み上げられた24個の椎骨、その中の腰椎(ようつい)は5つの骨が椎間板をはさみ連なっています。

腰痛は、椎間板の老化が腰痛の原因だったり、筋肉の低下が原因だったり、筋肉のバランスが悪く腰痛になったりするそうだ。

私は3月の半ばごろから、腰痛が出てきた。

2月に森町ロード(ハーフ)浜松マラソン(ハーフ)と走り3月にも駿府のハーフと走って無理したからかな~。

私も50歳代、これからも走り続けたいのなら、走るだけではなく腹筋やその他の筋肉トレーニングもやっていかないと。

 

拍手[0回]

PR

脳の血管の様子や、脳内の異常を発見するために、今日は脳ドックに出かけた。

物覚えは悪いし、50歳になったし、若年性アルツハイマーっていう病気もあるし。

予約の一時間前に病院に到着、待合室で写真をパチリ(^^)
IMG_1182.JPG




MRI撮影のための注意を言われる、「心臓のペースメーカーや体内部に金属が入っていませんか?」
7年前くも膜下出血でクリッピング手術をやった私の体には脳内にクリップが入っている。
せっかく来たのに、今日は出来ないのかな~。

受付の女の人は、困った顔をして「先生に聞いてみます」と言っただけだった。

順番が回ってきて、診察着に着替えて二階に行き、問診。

普段の生活の話をする。
「去年の目標は、運動を続けると間食をしない。ですがどうですか?」
「運動はバッチリ続けています」「間食はよくするかな・・・」
「点数で言うとどのくらいですか?」
「95点です<(`^´)>エッヘン」


次は、身長と体重。

よいよ、MRIだ。

先生が「クリップのところは画像には写りませんがいいですか?」
今更、「それならいいです」とも言えないから「いいですよ」と言った。

耳栓をして、MRIの前にあるベットに横になる。
先生「どうしても、怖い場合はこのボタンを押してください」と言って握らせてくれたボタン・・・これから狭い所に行くんだ・・・・・。

ず~っと目を閉じていた、ガ・ガ・ガ・・・カシャカシャカシャ・・・ブンブンブン・・・耳栓をしていても聞こえる・・自分の心臓の音も聞こえる、ドクンドクンドクン・・・・・。

最後の方は、寝ていたようだ、ベットがスライドしたのに気付き目が覚めた。

先生「帰りに画像を焼いたCD-Rを差し上げます」

先生「結果は一週間以内に郵送します」

受付で会計を済まし、ダダになる車の駐車券に代えてもらい、車の置いてある立体駐車場の屋上に行き、写真を撮った。

遠くにアクトタワーが見えていた。

IMG_1183.JPG

 


家に帰ってパソコンで自分の脳内を見た。
ちょっと素人には解りにくい、もっとリアルにカラー写真にならないかな~(^^)

 

拍手[0回]

昨年の9月、初めて大腸内視鏡検査を行ない、ビラン・ポリープなどの検査をし来年もう一度検査した方が良いと言われた。

あれから一年、今日また去年の様に2リットルの洗腸剤を前に同じ席に座って、看護師さんの大腸内視鏡検査前の説明を聞いているのだった。
 

3時間後、洗腸剤を飲みほしたが、まだ少し便が混じる、もう10回ぐらい通っただろうか・・・トイレ。

色は疲れたときに出るオシッコのような色、その中に便が少しはいる。

13回目、和式のトイレで済まして確認すると・・・何にも出ていない。

色も大分無色になってきた。

検査着に着替え、検査室へ。

▽〇◆☆■●▽〇◆☆■●▽〇◆☆■●

◆☆■●▽〇◆☆■●▽〇◆☆■●▽〇

何時間かかっただろうか、ベットに横になった私はユックリ起きあがって、先生の説明を聞くために先生の前の椅子に座った。
3.jpg






ae2a92e4.jpg785f2f04.jpg




先生「ビランが見られつ所の組織を取って検査に回しておきます」

先生「一年前の所は変化ないです・・大丈夫でしょう」

私は「ありがとうございます」と頭を下げて検査室を出た。

検査はとっくに終わっているのだけど、おなかの調子が悪い、まだ何か入っているような? 同じ検査をして待合室で知りった人がトイレでガスをすれば少しは楽になるよ!と教えてくれたので・・・。

早速、トイレに向かい長い屁をこいてきたら幾分楽になった。

今回の会計9920円

 

 

拍手[0回]

8月の始め身体の調子が悪くなり、夏風邪かなと思って座った佐久間病院の待合室。

あれから一ヶ月、今日は検査日、胸のレントゲン。
どうなっているのだろう?

自分的には調子もよくなったと思って、昨日も朝ラン10km 走ったのだけど・・・ (-_-;)

なんか心配。

受付が始まり、外来診察室に移動していく。
皆それぞれ、病を持っているのだろう。

田舎の病院は、知り合い同士よく話をしている時には笑い声も。

その時に血液検査の呼び出し(^○^)
太い注射針を持った看護師さんに血を抜かれ、レントゲン室へ。


待合室で私が座っていた横に、水彩画が飾てあった。
元佐久間病院長の軽部先生が描いた浦川キャンプ場の絵画だ。

夢100プロジェクトが終わったときに
ここで慰労会をやろうかな?っと悩んでいたときに見つけた・・・・。

そんなときに、私の受付番号が掲示板に・・・・よいよ(^o^;)

「ま~いいでしょう」p*

「血液検査の結果も良いし」

「レントゲンの胸の影も無くなってるし」

やった~(^_^)/
遠山マラニックはガンバルそ(^.^)

会計3460円を収め佐久間病院を後にした、しんしんであった(^-^;

拍手[0回]

若いころ、まだ独身の頃、湖西の工場で働いていたころ。

風邪をひいて寮で一人 寝込んだことがある。

熱が出て、汗をかいて、食欲もないのだが、お粥を作ってくれる人はいなく、寮の食堂での食事をするしかなかった。

何日たっただろうか、調子が良くなり、汗をかいた布団を干そうと その布団を上げたら畳まで濡れていた。

体調管理が悪いのか、若いころから風邪をよくひいていたような気がする。

結婚して、長女が生まれたときにタバコを止め、今の地に引っ越してきたときに長男が生まれた、そしてその年の春に走り始めた。

走り始めた理由は、佐久間駅伝に参加するため、それと健康な体になりたい風邪をひかないようになりたい。

初め、数キロしか走れない身体が、10kmマラソンに参加するようになり、ハーフマラソンに、フルマラソンに参加できるようになった。

あれから幾年たただろうか、私も中年と言われる年齢になり、マラソン大会で一生懸命走るより、長い距離をリックを背負って ゆっくり走りるマラニックが健康にはよいのではないかと思うようになった。

マラニックを走るようになり、沢山のマラニックが縁で知り合った仲間ができた。

そんな仲間から「さくら道ウルトラ遠足」を知り、荘川桜の物語を知り、何時の日か御母衣ダム湖畔の荘川桜を(走って)見に行きたいと思う様になってきた。

ところが、270kmと言う距離、とても普通では考えられない。

今年6月に開催した「夢街道90km」夜の九時にスタート、車からランナーの存在が解るように反射板を付けての夜走りは、いつの日にか走りたいと思っていた「さくら道ウルトラ遠足」が私の夢にあったから。

そして、次に申し込んであった「富士山頂往復マラニック」このマラニックを完走できたなら「さくら道ウルトラ遠足」を申し込もうと思っていた。

そんな思いで、今年の6月7月は走り込みをしていた。

NPOがんばらまいか佐久間の用事、村の夏祭りの付き合い、他にも色々なことがあり忙しかったけど、夢があるから楽しめた。

しかし、体は疲れていた・・・。

何らかの菌が肺に侵入したのだ、病名は肺炎。

歯の治療もしていたので、その菌が気道からか、血液からか肺に侵入したのでは?

今年の夏は、目標としていた「富士山頂往復マラニック」を棄権せざる負えなくなってしまった。

同じ練習をすれば、みんな同じタイムで走れるわけでなない。

皆ひとりひとり、違う体を持っているのだから。

今の自分がおかれている環境に感謝し、来年の「富士山頂往復マラニック」を目標にして、自分の体とよ~く相談して明日からの生活を送って行こう。

夢・希望を持って未来に進もう。

拍手[0回]

プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 9
10 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
忍者ブログ [PR]