忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1610]  [1609]  [1608]  [1607]  [1606]  [1605]  [1604]  [1603]  [1602]  [1601]  [1600

マラニックといえば、
山口100萩往還マラニック大会
http://www.hagi-o-kan.com/
でしょ。。。。

歴史街道 萩往還
「萩往還」とは、慶長9年(1604)毛利輝元が萩城築城後に山陰と山陽を結ぶ参勤交代道として開いた道です。城下町萩(萩市)と瀬戸内の港三田尻(防府市)をほぼ直線で結ぶ全長約53kmのこの街道は、庶民にとっても重要な交通路となり、また幕末には維新の志士達が江戸や京へと往来し歴史的にも重要な役割を果たしました。
かつての道沿いには、藩主一行の宿泊所や休憩所となった御茶屋や駕籠建場など様々な施設が置かれ、また一里塚・往還松のような旅人のための道標も設けられており、今でもその面影を一部にとどめています。

こうして重要な交通路として明治中頃まで300年にわたり栄えていた萩往還ですが、山越えの険しい道であるが故いつしか姿を消してゆき、一部は廃道となっていました。
しかし、この貴重な古道や史跡を後世へ伝えようと、昭和56年から63年にかけ沿線の市町村が中心となって保存整備を行い、歴史の道「萩往還」として復元されました。
 平成元年には国の史跡に指定、さらに平成8年には文化庁から「歴史の道百選」に選定されました。
萩往還マラニック大会HPから引用
 

また、10年前から、私が参加している
チャレンジマラニックin遠山郷
も、マラニック
渓流釣りが好きな神奈川県の若者が、少子高齢化で悩む遠山郷の村を何とかしようと思ったときに、マラニックを神奈川で企画・主催している最○寺さんに出会い、遠山郷でのマラニックが始まった。
最○寺さんが言うには
「都会でマラニックを企画して、人数が増えていくと、マナーの悪い人が目立ってきた」
また
「マラニックは、このように自然に囲まれ、その地域の人と触れ合い、楽しく走るのがイイ」
その様に言っていた。

また、昨日ブログで紹介した(ヒロボーさんラジオ生出演。。。 )ヒロボーさんのマラニック

私は
1月の
湖西連峰トレイルラン
5月の
ぐるっと富士山一周 100 kmウルトラ・マラニック
7月の
石巻山登山マラソン
8月の
富士山頂往復マラニック
10月の
ぐるっと浜名湖一周エンジョイ・マラニック
12月の
浜名湖半周忘年ラン
に参加している。

また、また、また
わたしが企画・主催しているのも・・・ある。
そのラジオで紹介された
マラニックの達人
ヒロボーさんに助言されながら行っている。
6月には私のマラニックの一つ

が、無事に終わった。

心配なのは、事故がないこと。
もし大きな事故が起き、企画・主催している人に責任を取られたらどうなるのか。
前、同志→「こころざしや主義・主張を同じくする人」 この様なブログを書いた。

だけど
心配していては、なにかあったら大変だ!!
そう思ってばかりいては前には進めない。


山口100萩往還マラニック大会
は、後2年
平成元年から始まった歴史ある大会は30回で最後とするそうだ
http://www.hagi-o-kan.com/archives/1398

ヒロボーさんがやっているような
マラニック
個人で自己責任で、スタートからゴールまで管理されていないマラニック
最低限のルール・マナーを守るマラニック
そんな時代が来るような気がする。。。
byしんしん

拍手[8回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3
10
14 15 16
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
忍者ブログ [PR]