忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1597]  [1596]  [1595]  [1594]  [1593]  [1592]  [1591]  [1590]  [1589]  [1588]  [1587

修身教授録は森信三先生が戦前の師範学校で修身の授業を行っている様子を書いたもの。
勉強会では、その本を読み、森信三先生は、教師の道を志す生徒に何を伝えたかったのか、年齢も違う性別も職業も違う人たちが森町の三倉の別荘「ムーハウス」に集まり侃々諤々と話し合っている。
同志の集まり。
萩田さんのマラニックでよく出会う仲間が参加する勉強会だ。
 
その勉強会で、気になる話があったので、ココに記しておきたいと思います。

休憩のとき、このような話が出た。
小笠山トレイルランの問題だ。
国の管理している小笠山で、管理者が大会の規制をかけているという話だ。
どうにかその問題をクリアして、様々な管理者からの難題を答えて、大会の存続に苦労しているという話。
また、「そこまでしてやることが良いのか」そんな話だった。

私は、そこまでやらせたくないのなら、素直に辞めるべきだと思った。
が、口には出さななかった。

また、富士山一周マラニックの話が出た。
地域住民から朝早くランナーの騒ぎ声を発端に騒動になった話だ。
非を認めた呼びかけ人に、被害を被った人の心の動揺も治まって、次の大会にも顔を出してくれるとの約束をしてくれた。新しい仲間が出来たと嬉しく思った。

そんな時に、ある人が。
「そんな問題は軽いもの、ランナーが死んでしまったら、こんなもんではない」
と。

また、萩田さんに、こんなことをやっていると、いつか必ずそんな日が来る。
とも言っていた。

私は背筋に冷たいものを感じた。

萩田さんは、承諾書を残してある。
といったものの
その人は
「その人が死ねば、近親者から裁判を起こされたら、何も言うことは出来ない」
と、言った。
萩田さんは、これからは近親者からの署名も書いてもらう。
と、言った。

富士山頂往復マラニック
などは、200名以上のランナーが集まり、もう私は見たことのない人までがいる。

たしかに走っていて危ない、そんなこともある。あった。

だけど、私は思った。
ある人が言った言葉。
こんなことやっていたら、いつか必ずそんな日が来る。
それは、あまりにも醜い言葉だと思った。
また、そうは思って居ても口に出さないことも同じことだ。

そう思ったら、そうならないように考えるのが同志ではないかと思う。

同志→「こころざしや主義・主張を同じくする人」

走る人が、一人ひとり、注意し合いマナーを守って、目標であるゴールを目指す。
このマラニックに参加する人は同志でなけれないけない。
走るだけではなく、主義や主張も。

大人の遠足(マラニック)
それなりの人が参加するような、大会になって欲しい。
自己責任を、それなりに重く感じてくれる人。
ワガママでない人の参加。

拍手[8回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
刎頸の友
昔は、この人の為なら、たとえ火の中水の中
そんな言葉があったのに。
今は死語になったのか。
私より齢を重ねた人に、自分かって、他人事に通す。
その様な人が多くなったように感じるのは、自分だけだろうか(≧▽≦)
しんしん 2016/06/19(Sun)20:58:44 編集
責任の所在
私の呼びかけ大会で
参加したランナーが死んでしまったら・・・
交通事故、転んで、お風呂に入ってから、心不全で
それは起こりうること
私の力では防ぎようがない
それでも
私は責任を負わねばならないのか
安い参加費で・・・

責任の所在は?

自己責任で片づけていいのか?

答えは見つからない。
ヒロボー 2016/06/22(Wed)10:27:09 編集
ヒロボーさんへ
答えを見つけましょうよ。

一人で考えるより、二人三人と集まれば、きっといい知恵が出てくると思います。
しんしん 2016/06/30(Thu)06:51:12 編集
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
18 20 22
26 27 28 29
カウンター
忍者ブログ [PR]