忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1599]  [1598]  [1597]  [1596]  [1595]  [1594]  [1593]  [1592]  [1591]  [1590]  [1589


私のマラニック
夢街道90㎞
が、もうすぐだ。
今回、第6回目。
第一回目は20人の参加だった。
そのとき走った仲間は、私のホームページにしまってある。
それが↓
 http://run2.ina-ka.com/yumekaidou/sionomiti.htm

どうして、こんな事、始めたんだろう。
どうして、こんなに夢中になっているのだろう。

その一つに。
私の生まれ育った村がある。
その村は横吹(よこぶき)、今56歳になる私は、29歳の時に
その村から引っ越した。
横吹は山の中腹にある村で、どこの村でも村道が開通している時代に、その村は村道を造ることができなかった。
村人の中での揉め事が多い村だったから。
貧乏な村だったから。
様々な問題をはらんでいただろう。

少ないが先祖の残した財産もあるからと
父親は佐久間を出ることは望まなかった。

引っ越した先は、数年前母親が同じ横吹の人の紹介で購入した半場の家だった。
半場と言えば佐久間ダムのおひざ元。
まだまだ、ダムの恩恵があり豊かな便利な地域だった、当時
子育てをして、幼稚園も小学校も中学校も近くに合って、恵まれていた。
が、近くが故に、子どもたちは贅沢に育ったともいえる。
ニャン(≧▽≦)
 

半場の消防団でお酒を飲む機会があり、地元を出ていく人を憂いていると
(当時の自分、横吹から考えると恵まれている地域を出ていく人の気持ちがわからなかった)
「新間クンも横吹を出ていったではないか」
と一括されたことがある。

そう、そんな言葉が、私を突き動かしていると感じる。

バンク(≧▽≦)

横吹、限界集落。
今、ギヨンドのケー兄も子供の所へ引き取られたという。
残っているのは
ワゼ・オウド・シンモウの三軒だけだ。
どの家も高齢者たちだ。

何時かは、なくなるのかもしれない横吹、しかし、最後まで見届けるのが、今の自分にできる事だと信じて
夢街道90㎞
続けていこうと思っている。
byしんしん

拍手[10回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
6/24 いよいよ明日ですね!
よろしくお願いします。 ゆっくり・楽しく仲間と共に走りきりたいと思っています。
gaku 2016/06/23(Thu)20:49:13 編集
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
忍者ブログ [PR]