忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1607]  [1606]  [1605]  [1604]  [1603]  [1602]  [1601]  [1600]  [1599]  [1598]  [1597


先生礼をせられてから、無言のまま「啓発禄 橋本景岳」と板書される。そして・・・・。

こんな書き出しから始まった、今日の勉強会。
「啓発禄 橋本景岳(佐内)」
1834年4月19日生まれ。 1859年11月1日、安政の大獄によって26歳でその短い生涯を閉じた橋本景岳(左内)
その、佐内が15歳の時に書いた『啓発禄』 「志のない人間は魂のない虫と同じで、何時までたっても発展することは絶無」

人と禽獣と異なるゆえん
以前「人間と生まれて」という題目で話「人身うけがたし」という言葉について話、このうけがたい人身をうけたということの真に喜ぶべきゆえんは何か?
禽獣、牛馬や犬猫とは違う人間とは何か?
その様な話。
 


「志のない人間は魂のない虫と同じで、何時までたっても発展することは絶無」
走って酒飲んで楽しい
それだけではいけない。

私の志は何ですか?
平成の合併があり、私の暮らす北遠(佐久間・水窪・龍山)は浜松市になった。
山間部は益々過疎のなっていくだろうこと誰が見ても明らかだった。
そんな時、ウルトラマラソンをマラニック走る人に出会い、自分もこの土地でマラニックを行い、過疎で寂しくなっていくところでも
自分は楽しく面白く暮らしていこう。
そんな風に思った。

8月20日
中部の地割れ花火を見に行こうラン
42㎞
8月27日28日
浜松縦断マラニック
往復120㎞
多くの人に、浜松市の広さを実感してほしい。
そして、最終的には
ウルトラマラソンをマラニックを走る人たちが増え
私が呼びかけなくても其々のチームや走る仲間で、北遠に走って遊びに来るようになればいいと思う。
そして、今は車優先の道路も、トラックも車も自転車も走る人も、お互いが譲り合って走れるように、


先進国、日本
これからどうなる。
益々発展し、車は自動運転、お金さえあれば何でもできる世の中。
より便利さを求め、過疎地を去っていく輩の多いこと、そんな流れを
ショウガナイ
そんな一言で済ます。大人。禽獣。
 

生きることは走ること
走ることは生きること
でも、それだけではダメだ。
志を持って進んでいかなければ。
にんげんだもの
byしんしん


 

拍手[12回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
59
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カウンター
忍者ブログ [PR]