忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1098]  [1097]  [1096]  [1095]  [1094]  [1093]  [1092]  [1091]  [1090]  [1089]  [1088

ブログ・・・そんなことしてなんになるだいや。

そのように言われ、何も言えなかった・・・が。

今は、NPOの会合での出来事を備忘録として残したい。。。。と言おうと思う。

2012年夏だったけかな~。
交流居住モデル事業検討委員会の話し合いのときに、城西の○氏さんが言い出した。

○氏:「このNPOも高齢化してきて、これからどのようになっていくのか? 事務局の河○さんもいつまでもここにいてくれるか分からない」

そこで、いろいろな人の話が出た後、

河○:「家内との話し合いで、70歳まではといっている」

そんな話が出た。本人から。
そこで

私 :「河○さんは何歳ですか?」

河○:「67歳です。まだ3年あります」

そんな話を聞いて、浦川の追○さんが

追○:「すぐ後継者を探さなければ・・・三年なんてすぐだ!!」

そんな話が出た。
私は、三年か~、三年我慢すれば良いのか・・と密かに思っていた。

そんな話から一年後、佐久間の水車のところで交通事故が起きた。
NPOの事務の人だとうわさに聞いて、知り合いの○場さんに電話した。
乗っていた軽の箱バンはクチャクチャで車を見ると乗っていた人はダメではないかというほどの事故だったらしい。

そんな時、2013年秋
交流居住モデル事業検討委員会があった。

そこでも○氏さんが話し出した。

○氏:「事務局の河○さんの容態はどうですか?城西のほうでは噂がすごいが」

そこで、いろいろな噂話が出て、その話を割って、理事長の○田さんが話した。

和○:「車はクチャクチャですが、本人は至っ元気です」と話した。
そして
和○:「車を見ると大怪我みたいだが、奇跡的に助かった」とも言っていた。
また
和○:「これは佐久間にもっと居れということで、まだまだ佐久間います」と最後に言っていた。

私は、思った。
理事長は河○さんにず~っと佐久間にいてほしいのだと。

2013年10月22日
交流居住モデル事業検討委員会(この日書いたブログ
この会合のとき、私は言った。

私:「夏にNHKのテレビで放送された「金とく SKE48の未来教室~過疎高齢化を考えます」を見たが、東栄町は若者ががんばっている、佐久間は高齢者ががんばっている、そんな番組だった。高齢者だけではこの地域はダメになる、東栄町や水窪みたいに佐久間も若い人を呼ぶようにしてほしい」と。

しかし、この答えは、ブログで書いたように、「こんなところ若い人が来るわけがないじゃんかいね~」「だったらあんたが連れて来い」そんな事を言われた。

次の日、私は中部のある理事の人の家を訪れ、個人的に昨日の会合の話をした。

今は、フェスタ佐久間の前で忙しいので、それが終わってからだと言われた。

11月12日(火)
また、その家を訪れたら、、、、。

NPOの理事長が、観光協会の人と、地元の市議会議員の人とで、今後のNPOのことを話し合っていると言われたそうだ。

そうか~。
重い尻がようやくあがったか~。
こんなとき、こんな自分がとやかく動いてはよくない、しばらく黙っていたほうがいい・・・と、
その家を後にした。

佐久間は、観光協会やNPOなど、いろいろな団体が多すぎる。
今こそ、NPOと観光協会は一緒なって、ひとつの佐久間町になってほしいものだ。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 12 14 15
18 19 20
23 26 27 28 29
30
カウンター
忍者ブログ [PR]