忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1473]  [1472]  [1471]  [1470]  [1469]  [1468]  [1467]  [1466]  [1465]  [1464]  [1463

オーストラリアのメルボルンに住んでいるという中学生時代の同級生が居る。。。
その人は、私が暮らしている半場の人だった。
私、30歳の時に、半場に越してきて、少したった時だった。
隣のオバサンが急に亡くなった。
隣近所が集まって、これからの葬儀の話し合いをし。
家族の方の挨拶があった。
子供は皆、佐久間町から出ていって、急遽 半場に帰ってきた。
長男の挨拶につづいて、長女があいさつ。
長女は、海外の人と結婚して、今はオーストラリアに暮らしているという。
電話で英語で話している後ろ姿が印象的だった。。。
その長女が、さっきまで英語でペラペラ話していると思ったら。
挨拶では日本語で、隣近所の人にお礼を丁寧に話、顔をあげたら・・・なんと。
中学生時代の同級生だった。

その同級生はオーストラリアで病院で働いている。
旦那さんもだ。
2009年、職場の仲間を連れて佐久間に来た時がある。
そのときのブログは↓
http://hokuen.blog.shinobi.jp/%E6%9C%AA%E9%81%B8%E6%8A%9E/%E9%9B%BB%E5%AD%90%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB


Eメールで同窓会の情報も発信しているが、地球の裏側に暮らすので、ナカナカ帰っては来れないだろうな~。。。
と、思っていたら。

今日、車で彼女の家の前を走ったら、旦那さんのシバさんが・・・見えた。
目の錯覚だと思った。。。

「Long time no see」

6年ぶりの再会だ。。。

元気そうだった。
 
彼女、hitomiさんも何にも変わっていない様子(^O^)/

そうそう、お土産も頂いた。

Baker's Cottage と書いてあったぞ。
田舎のパン屋さんという意味かな~?

「麦可思」で検索してみたら↓のページが出てきた。。
http://www.thebakerscottage.com.my/mooncake.asp

中身は、こんな感じ。

 
味は、甘くて、香辛料の効いている日本のお菓子とは一味違った味だった。

私は、今、縁あって、浜松市の北の隅っこ佐久間町半場に暮らしている。
田舎に暮らしていると、なんか「井の中の蛙」でこの人生を終わってしまいそうで悲しい(/ω\)
オーストラリアか~。。。。

メルボルンか~(^O^)

人生で一回ぐらいは、行きたいナ。
海外(≧▽≦)

拍手[8回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
9 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
忍者ブログ [PR]