忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100

人は、色々の人や物事等に出会い、影響され変わっていく。

私が、青春の歌に出会ったのは、遠山郷マラニック同窓会の時だ。

木造校舎 木沢小学校で地元の木沢活性化委員の人たちと御酒を飲んで、二次会へ、和田村のスナック「マイム・マイム」に行った。

しこたま飲んで、カラオケを歌い、御酒を飲んでいない人の車で帰る話になって・・・、私が乗ったのは白い軽で4人乗っていた。

その中の一人、木沢の地元の人が「三次会に行こう~」と言って、連れて行ってもらったスナック、ボックス席に座ってカラオケの本を見たりして・・・。

「トイレに行ってくる」と席を立ち、トイレで用をしていると、目の前の壁に・・・その詩「青春とは人生のある期間を言うのではなく・・・・・・・」が書いてあったのだ。

席に帰ってきて、私は「青春のとは・・・」と口走ってしまった。

隣の、年配の人が「そのサムエル・ウルマンの詩、いいね~、私の大好きな詩だ・・・」とえらい感動して、私に話してくれた。

私は、その詩を知ったのは、そのスナックのトイレが初めて。後から調べてみると、かなり有名の詩らしい。

沢山の著名人立ちが、座右の銘にしているみたいだ。

次の日、その年配の人から、青春の歌のコピーをもらい、木沢小学校から下栗方面にマラニックに出かけたのであった。

その後、私は朝ランの時に「青春とは・・・・」っと口ずさみながら走るようになり。

私もこの「青春の歌」を座右の銘にしている。

「青春の歌」 
青春とは人生のある期間ではなく
心の持ち方をいう。
バラの面差し、くれないの唇、しなやかな手足ではなく
たくましい意志、ゆたかな想像力、もえる情熱をさす。
青春とは人生の深い泉の清新さをいう。

青春とは臆病さを退ける勇気
やすきにつく気持ちを振り捨てる冒険心を意味する。
ときには、20歳の青年よりも60歳の人に青春がある。
年を重ねただけで人は老いない。
理想を失うときはじめて老いる。
歳月は皮膚にしわを増すが、熱情を失えば心はしぼむ。
苦悩、恐怖、失望により気力は地にはい精神は芥(あくた)になる。

60歳であろうと16歳であろうと人の胸には
驚異にひかれる心、おさな児のような未知への探求心
人生への興味の歓喜がある。
君にも我にも見えざる駅逓が心にある。
人から神から美、希望、よろこび、勇気、力の
霊感を受ける限り君は若い。

霊感が絶え、精神が皮肉の雪におおわれ
悲嘆の氷にとざされるとき
20歳だろうと人は老いる。
頭を高く上げ希望の波をとらえるかぎり
80歳であろうと人は青春の中にいる

   
                       
 サムエル・ウルマン


 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
素敵な詩です
 どんな時にも希望を持ち続けていきたいと思います。
がんもどき 2009/12/08(Tue)09:40:20 編集
re素敵な詩です
たとえ、老眼になろうとも、歯が悪くなろうとも、頭が薄くなろうとも、走るのが遅くなろうとも、頭を高く上げ希望の波をとらえて行こう(*^^)v
しんしん 2009/12/08(Tue)16:42:24 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
忍者ブログ [PR]