忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[873]  [871]  [869]  [868]  [867]  [864]  [862]  [861]  [860]  [859]  [858
今日は、ここ北遠の歴史ある駅伝大会、北遠駅伝の日である。

今年から開催日が変更され、走る仲間の間では参加できないとの話を聞き、チーム数が集まるのか心配していた・・・けれど、今年もいつもと同じくらいの42チームのメンバー登録があった。

私は、今回は監督兼補欠、家を出る前から・・・もしかしたら・・・急遽走る事になるかもしれたいと思い、走る準備はしていったのだが、メンバーが集まり監督で応援で選手のサポートに回った(内心ほっとした)。

チーム名は「さくまRC」佐久間のランニングチームのメンバーだけでチームをと考えてのだが、足りないので高校生二人の応援を頼んだ。



控室で、選手と記念撮影

この中の二人は現役高校三年生、どちらも大学に行くため数日後には佐久間を去っていく、今回の北遠駅伝がいい思い出になればと願っている。



開会式は、水窪文化会館の大ホールの中、椅子に座っての式になるので選手もラクチンダだ。

一区の選手が、スタート前の時、事件が・・・コース途中の水窪バイパス上にある吊り橋が壊れてしまい、水窪バイパスが通行不可能になってしまった。

急遽、一区のコース変更の話になった。

詳しいことは明日の新聞に載るだろう。



正午、42チームの一区の選手が出発

私は今回監督なので、一区の走者を見送って、近道をして四区中継所に行き選手の位置を確認、またスタート地点に行き二区のタスキ渡しを見る。

急いで、四区中継所に向かうが「さくまRC」の選手はもう行ってしまった。

四区中継所でお汁粉とトン汁をもらって選手を待つ、ここ北遠駅伝は、それぞれの中継所でこのようなサービスがある。他の駅伝ではないサービスだ。

四区中継所で、タスキ渡しを確認し、しばらくは何もない、ゴール地点に行きアンカーの選手が帰ってくるのを待っている。

このように北遠駅伝は、応援する人が楽しめる大会だ。

しばらくすると、一位のチーム(スポーツタウンメイセイ)がやってきた。



事務局でトップの選手のゴールの写真を撮り忘れたそうで、選手は二度目のゴールをした(この写真は二度目のゴール)

わがチームは42チーム中27位だそうだ。

今回、監督という事で内心ホットして家を出た。

駅伝となると、無理しなくて良いといわれるが、それなりに頑張ってしまうからだ。

しかし今回、監督だけで終わった北遠駅伝、帰ってきて家でビールを飲んだが・・・・・やっぱり走ってからのビールの方が旨い!と感じる私であった。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
お疲れ様でした。お天気がよくて何よりでした。家の前では、1区、2区、4区、6区と4回も応援できるので、早くお昼を食べて、近所の皆で応援しました。小正月の行事だったのが、変更になって心配しましたが、絶好のお天気に恵まれました。アクシデントはありましたが皆さん走れたようで何よりでした。やっぱりトップクラスの人は、走り方が違いますね、見とれてしまいました。
それぞれ、頑張っていて応援も楽しかったです。
ご苦労様でした。
けいこさん 2013/02/10(Sun)22:21:27 編集
けいこさんへ
けいこさん初め水窪体協・水窪のみなさん、ありがとうございました。
おかげで楽しく走れました(私は監督だったが)。
来週は天龍村の梅花駅伝に「さくまRC」走ってきます。
人口1800人の小さな村で、どのように運営しているのか視察をかねての駅伝です。
飯田線での帰りのビールが楽しみです(^^;
しんしん 2013/02/11(Mon)09:48:31 編集
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 12 14 15
18 19 20
23 26 27 29
30
カウンター
忍者ブログ [PR]