忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1334]  [1333]  [1332]  [1331]  [1330]  [1329]  [1328]  [1327]  [1326]  [1325]  [1324

大嵐駅から中部天竜駅まで、自分の足で走ってみたい。
私の素朴な考えだ。

素朴=単純で発達していないこと。

しかし、その道は、狭いトンネルが多く危険な道程だ!!

佐久間町から佐久間ダムに上っていき、佐久間ダムの堰堤を渡ると愛知県。
トンネルはダム側から
うなぎだる隧道
http://www.geocities.jp/p_road12/aichi_tn/ap_unagidaru.htm
丸山(まるやま)隧道
http://www.geocities.jp/p_road12/aichi_tn/ap_maruyama_r1.htm
松島(まつしま)隧道
http://www.geocities.jp/p_road12/aichi_tn/ap_matushima.htm
 松の平隧道
http://www.geocities.jp/p_road12/aichi_tn/ap_matunodaira.htm
湯の島隧道
http://www.geocities.jp/p_road12/aichi_tn/ap_yunosima.htm
分地トンネル
http://www.geocities.jp/p_road12/aichi_tn/ap_bunti.htm
一の代隧道
http://www.geocities.jp/p_road12/aichi_tn/ap_ichinosiro.htm
瀧原隧道
http://www.geocities.jp/p_road12/aichi_tn/ap_takihara.htm
萬丈隧道
http://www.geocities.jp/p_road12/aichi_tn/ap_banjyou.htm
滝原山隧道
http://www.geocities.jp/p_road12/aichi_tn/ap_takiharayama.htm
一本杉トンネル
http://www.geocities.jp/p_road12/aichi_tn/ap_ipponsugi.htm
 下山中トンネル
http://www.geocities.jp/p_road12/aichi_tn/ap_shimoyamanaka.htm
芦沢隧道
http://www.geocities.jp/p_road12/aichi_tn/ap_ashizawa.htm
細畑隧道
http://www.geocities.jp/p_road12/aichi_tn/ap_hosobata.htm
佐太隧道
http://www.geocities.jp/p_road12/aichi_tn/ap_sata.htm
と、15個ものトンネルがある。
リンクは「一二屋」さんからお借りしました。

車や自転車・オートバイでこのトンネルは走っているが、狭くて危ないトンネルだ。
歩道もなく狭いうえ平日は浚渫工事のダンプカーが頻繁に往来しており徒歩での通行は危険すぎます。
そんな危険すぎるトンネルの動画を見つけました。
佐久間ダム側から
「うなぎだる隧道」「丸山隧道」「松島隧道」



想像してください、こんなところに人が走っていることを、普通人ならびっくりすると思います。
車の運転手からすれば、ずいぶん迷惑な話だ~、、と。
まして、この道は平日に分地まで浚渫工事のダンプカーが頻繁通る、その人たちは仕事でこの道を使っている。そんな人に迷惑にならないようにするには・・・日曜日にしか人は走れないと思う。



私が
まだ、オートバイの免許しか持っていないころ、このトンネルをバイク(DT250)で走ったことがある。
なんと、トンネルを抜けたらライトが切れ、帰りは真っ暗なトンネルを無灯火で走ってきたことがある、、、。
狭く真っ暗で、とても怖い思いをした (^^;)

私は佐久間に帰ってきて消防団に入った、そんな時に、
土曜のテレビの番組(女の60分)で、日本海から太平洋まで走る企画があり、
女性芸能人がこの道を歩いたのを覚えている。
それぞれ歩く区間を決め、最後の人が富山村を出発しダムのトンネルを抜け、佐久間町を歩き、天竜川の河口について、その芸能人が日本海の水を太平洋に注ぎ込んでいた。
私は消防の入退団式で佐久間中学校にいた時だった。

また、40歳前の若き頃「とよはし・とみやまサイクルマラソン」で二回ぐらい自転車でこのトンネルを抜けたことがある。

このサイクルマラソンは、毎年夏開催、
トラックの走らないお盆休みを使用しての開催になったのだろう。

日曜日、トラックの走らないときに、この計画を決行しようかと、、、今、考え中である(^O^)

田舎で暮らしている素朴な人間の考えること(^.^)/~~~

拍手[6回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
とみやまサイクルマラソン
とみやまサイクルマラソン。なつかしいね~確か豊橋公園スタートゴールの180kmでしたよね。佐久間ダム過ぎてからスネークドーロで気持ち良かったな~。今もやってるのかな?
ともぞう 2014/11/25(Tue)22:33:51 編集
懐かしい(^O^)
今は「とよはしとよねサイクルマラソン」になったみたいですよ(^O^)
距離も160㎞。
日本一のミニ村「富山村」そこまで行くサイクルマラソン懐かしいですネ。
途中、佐久間のエイド、、、今は空き家になっています。
伊藤さんの別荘の近くです。
佐久間は空き家が増え続けています(^O^)/
ともどうさんも、、、、一軒どうですか????
しんしん 2014/11/25(Tue)23:09:34 編集
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
18 20 22
23 24 25 26 27 28 29
カウンター
忍者ブログ [PR]