忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1153]  [1152]  [1151]  [1150]  [1149]  [1148]  [1147]  [1146]  [1145]  [1144]  [1143


去年から今年にかけて読んだ本「永遠の0」

私はこの本で、太平洋戦争のこと零戦「特攻隊」のこともそうだが、それよりも、そのことを知るようになって変わっていく現代を生きる若者姉弟の生き方が変わっていく様子に感動した。

姉ははじめ仕事の関係で知り会ったジャーナリスト高山に心を惹かれていた、
高山は「特攻はテロリストと同じ行為」だと言っていた。
その姉もまた、同じように思っていたのだが、
特攻とは、特攻の真実、祖父の生き方を知るにつれて考え方が変わってくる。

そして、若いときに好きだった、今は田舎で町工場をやっている藤木さんの元に行くことに行くことに決めた。

大好きな人と結婚しないと、おじいしゃんに怒られちゃうわ

との言葉が最後にあった。

そんな本「永遠の0」なので、ふつうに簡単に映画を観に行くのは嫌だったので、佐久間から浜北サンストまで自分の足で走って観に行くようにしたのだ。

原作を読み、映画を観て、これからの自分の生き方を考えていきたい・・・・・そのような思いがあるのだ。

 

映画の方は、ゼロ戦、空母、実にリアルによくできた映像だった。

日本人もアメリカ人も多くの犠牲を出した太平洋戦争、60年前に現実に起こった真実の出来事。

特攻はテロリストと同じ行為」との話は、合コンで現代の若者が話す設定になっていた。
新聞記者の高山の話はなくなっていた。

多くの人に観てもらい、今の日本、これからの自分の住む国のことについて少しでも考えてほしいと思った映画であった。

幸せになる一番の方法は「今」を幸せに思うこと
走ることが自分の趣味と言える、今の世の中は平和な世の中。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
回転
海軍の零戦の影に隠れてしまいあまり目立たない回転を題材にした横山秀夫の「出口のない海」という小説も読んでいて泣けてきました。

零戦は脱出口があり故障の場合自分で出られるが回転は一度入れば自分では何があろうと脱出できない。
これは大変な覚悟が訓練のときから必要となります。

現代ではこんな武器を考え、創り出したときかもう負け戦を意識せざるを得ないでしょうが当時の思想教育ではなんの疑問も浮かばなかったのでしょうね。

現在の安部政権は議席を取り過ぎてしまい独走しかねない状況で怖い!
kazukawa 2014/01/11(Sat)17:46:59 編集
kazukawa さんへ
コメントありがとう。

出口のない海 見ました。
回天、ウィキペディアで読みました。

「特攻は最高の名誉だ神になれる」

まだ、20歳代の若者が日本という国のために命をささげた、そんなときがあった。

今、私は53歳。
とても楽しく人生を謳歌しています。

これも、そんな過去の上に成り立っていると思っています。

今の平和な時代がこれからも続きますよう、阿部政権が独走しないように見守りましょう。

私たちの願いは世界平和。
走ることは、平和な世の中だからこその趣味。
萩田さんのマラニックに、海外の人も参加してくれるような大会になるといいな~。

しんしん 2014/01/11(Sat)19:23:13 編集
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11
14 15 16 17 18
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
忍者ブログ [PR]