忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1549]  [1548]  [1547]  [1546]  [1545]  [1544]  [1543]  [1542]  [1541]  [1540]  [1539


「志学」
孔子が学問求道のプロセスをのべられた最初の一句
「我れ十有五にして学に志す」
論語
http://www2.odn.ne.jp/~nihongodeasobo/jugemu/rongo.htm

孔子は15歳にして、すでに大学の道を志した。

大学の道とは、
わが身を修めることを中心としつつ、ついには天下国家をも治めるに至る人間の歩み
孔子はすでに十五歳の若さで、ご自身んの一生を見通して、修業の第一歩を踏み出された。
自分の生涯の道を「修己知人」の大道ありとせられたわけであります。
修己知人(しゅうこちじん)
自身の知識を高めて、精神を磨き、徳を積んでから世の中を正しく治めること。
自身の修養に励み、高く積んだ徳で人々を感化して、世の中を平和に正しく治めることをいう
 
森信三先生が師範学校の教壇で孔子の志を話してから生徒に
まさに師範学校として国民に貢献し、大しては民族の前途に対して一つの寄与をするだけの決心がなくてはならぬはずですが、どうも諸君たちは、まだこの点に関して確たる信念を持たないように見えるのです。
と述べた。

とにかく諸君!!
この人生は二度とないのです。
真の志を打ち立てるところに始まるわけであります。
すなわちまた真の志学に始まると言ってよいでしょう。

一人ひとり、この”修身教授録”第七講「志学」を読み、終わってから個人こじん感じたことを発表した。
 
論語、なんてわかんないよ~。
こんな人間だったんよ(^O^)

それでも、始めることに遅すぎるということは無い。
今からでも、自分にできる範囲で、ガンバル。

拍手[5回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忘れ物(#^.^#)
な、なな・なんと。
デジカメを忘れてしまった(/ω\)トホホ
走っている時、トイレをもよおし。
ムーハウスの玄関が開いたとき、トイレに駆け込み
デジカメが落ちるといけないので、背もたれの棚においたとき
”こんなチョットしたところに置くと忘れそう”
そう思ったんだけど。
ヤッパリ忘れた(/ω\)

母親も痴呆になったから、私も心配(^O^)/
しんしん 2016/03/19(Sat)20:34:41 編集
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
忍者ブログ [PR]