忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[801]  [800]  [799]  [798]  [797]  [796]  [795]  [794]  [792]  [791]  [790

11月の上旬、お昼休み静岡新聞を見ていると、水窪で ツィーター(Tweeter)の講習会を行うとの記事を発見。
参加希望者は冨○川へとあり携帯番号が記載されてあった。

草々、冨○川さんへ連絡、しかし電話に出てくれなかった。
ショートメールで参加したい旨を連絡したら。
数日たって
「お名前、住所、電話番号、メールアドレス、懇親会(21:15より、昌留にて、会費千円)への参加・不参加を教えて頂きますか?」
と返信されてきた。

わお~。
懇親会、嬉しいでなないか。
しかし・・・・水窪で飲んでしまうと佐久間まで帰ってくる術がない。

職場に、酒を飲まないツィーター・フェースブック・mixiの詳しい人がいるのでその人を誘ってみた。

一緒に行ってくれるそうだ、ラッキー!!

そんなことで、昨日、その○木さんと二人で佐久間から水窪のツィーター(Tweeter)講習会へと出かけたのであった。

会場に着くと、受付で自分の名前を探し丸を付け様としたのだが、私の名前と○木さんの所に「NPOがんばらまいか佐久間」と書いているではないか。
何故だろう???
と、思っていると。

今回このツィーター(Tweeter)講習会の企画をしたと言う「NPO法人まちづくりネットワークWILL」の人が来て名刺を差し出しお話をしてきたのだった。

なんか私たち「NPOがんばらまいか佐久間」を代表してきたみたいな感じでした。

が・今、この場を借りて言いますが、「NPOがんばらまいか佐久間」とは何も関係ないです。
ただ、個人的に酒の匂いがしたから水窪まで来たのですョ(^^)

いや、もう一つの目的があった。
来年の梅花駅伝のメンバーを探しに来たのだ。

走る事が好きな私は、佐久間に住み毎年、佐久間駅伝や北遠駅伝に参加している。
その北遠での駅伝、私が29歳で佐久間に帰ってきたときは、もっとにぎやかだった。
北遠駅伝で、西浦の方から小畑の町に入ってくるときなど沢山の応援の人がいたのを覚えている。

それが今は、大分寂しくなってきた。

去年、水窪より奥の天竜村の駅伝(梅花駅伝)が140チーム募集していることを知り、あんな山奥でどんな風に駅伝をやっているのか気になり申し込みをしようとネットを見たら間に合わずに断念した苦い経験があるのだ。

そこでこの、ツィーター(Tweeter)講習会に来て、駅伝メンバーを探そうと思ったのだ。

講習会に参加している、若そうな人に声掛け、○澤さん、袴○さん、冨○川さん、道○さん。

今年こそ、梅花駅伝に参加できそうだ。

次回につづく。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
忍者ブログ [PR]