忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[2110]  [2109]  [2108]  [2107]  [2106]  [2105]  [2104]  [2103]  [2102]  [2101]  [2100

毎年、5月の最終日曜日は竜頭山スーパーM(Mとはマラニックのこと)
今回の仲間は
シゲみつさん
クニさん
ウッチャン
トモゾウさん
山草人さん
ヒロボーさん
カワイさん
しんしん
サポートに
ツバモトさん
計9名で竜頭山を佐久間や水窪の大自然を走り旅で大いに楽しんできた。
コースは ↓
 
朝7時に集合、7時15分に平和登山口から竜頭山に入山、登山ポストに入山届けを記入した。
7時15分、私他7名
竜頭山山頂→山住神社→向市場→城西→切開→横吹→西渡、予定
今、水窪では遭難者がいるという、山ブーム、健康志向で走ったり歩いたり山間部に遊びにきてくれるのも有り難いのだが、事故があると地元のボランティアもそれに携わらなければいけない。
山に生きる会のメンバーも、その捜索に参加しているという。
山間部に暮らす者の一人として(悩)

竜頭山の登山道途中の分岐からは、杣小屋コースに進む、山頂手前、展望台横のツツジは蕾だった。
遠くの山並みを、目を凝らしてみていると、うっすら富士山らしきシルエットが見えた。
誰もかれも、その富士山が見えるという。
あれは、本物なのか?
それとも・・・。

竜頭山山頂を通過し、ほうずき平からほうずき平第二駐車場へ、私は迷わず、ツバモトさんの車に乗せてもらった。
山住神社の横の茶屋でヤマメ?の丸焼きを食べた。美味しかった。
そこからも車で移動、佳江さん栃の木を探しに行く。
佳江さんを写真に撮った栃の木は、栃の木ではなく、ホウの木だった。

「この木は違うよ」
そんな話もあったが、この木だと今、写真を見て思う。
去年の今頃は、楽しく走っていた。
アタリマエに来ると思っていた、未来は、アタリマエでなない。
この、竜頭山スーパーMも、今年で13回目、佐久間町が合併して走り始めた自分が居た。
数々の思い出がある。
自分は今、調子が悪い、しかし、そこからは走り始めた。
布滝、そこからまた車に乗った(笑)
 
切開で、夢街道の看板
そこからカワイさんと歩く、途中から車に乗る。

最後のエイドから、歩く、瀬戸から朝登った竜頭山がその全容を現す。
わたしの故郷の山、竜頭山(1351m)
ゴールである西渡に到着16時30分
ありがとうございました。
有り難い。事だ。

山住神社でいただいた令和元年の御朱印

来年再来年と続けて押してもらおうと思っている。
継続は力なり

最後に平和登山口にいってきて、登山ノートに無事に帰ってきましたと書いてきた。
ありがとうございました。
竜頭山。。。
写真は昔の写真。
この写真のヨッピーさんの横目で笑う姿が好きだ(*^^)v

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
18 20 22
26 27 28 29
カウンター
忍者ブログ [PR]