忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[731]  [730]  [729]  [728]  [727]  [726]  [724]  [723]  [722]  [721]  [720
今年で7回目になる「佐久間・水窪スーパーマラニック」
一回目二回目といい天気に恵まれたけど、三回目四回目は曇り竜頭山頂に行ったときには霧で視界が悪く大変だった。

五回目の2010年は家で不幸があり私はサポートをした。
この年は天気も良かった。しかし竜頭山の登山の時 一人道に迷い 大変だったのを覚えている。

去年第6回2011年は、前日から雨で当日も大雨、急遽コース変更をしての開催だった。

そして、今年、天気は最高だった。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
佐久間・水窪スーパーマラニック
ありがとうございました。行こう行こう!と思ってた竜頭山やっと行けてよかったです
山頂も快晴で気持ちいい風と緑の山々竜頭山最高ですね今回サポートに廻ってくださったNさんのおかげで、気持ちいい佐久間~水窪走ることができました。ありがとうございました
うっちやん 2012/05/28(Mon)06:41:52 編集
うっちゃんへ
こちらこそありがとうございました。
みんな無事でよかった よかった(^^)
しんしん 2012/05/28(Mon)06:45:15 編集
佐久間水窪スーパーマラニック
しんしんさん、今年もお世話になりありがとうございました。竜頭山はキツイし、後半もダラダラと登りが続きしんどかったけど、最高のお天気に恵まれて、Nさんのサポートに助けられ、ゴールできました。次は夢街道、宜しくお願いします。
よっぴー 2012/05/28(Mon)20:38:43 編集
よっぴー
みなさん早かったですね~。
今のところ腰の調子はいいです(^^)

夢街道90km よろしくお願いします(^^v
しんしん 2012/05/28(Mon)20:42:36 編集
佐久間の人は温かいね
久々に、佐久間水窪を走ることが出来ました。
山の中では、人と会うことがなかったけど
水窪の街中や西渡集落では、何人かの地元の人に出会い、声をかけられました。
走っている人を見るのが珍しいのか
何処から何処へ行くのかなどいろいろ聞かれ、
また佐久間に来てほしいと言われました。
ありがたい言葉に、佐久間の人たちの温かさを感じました。
とっちー 2012/05/28(Mon)22:59:27 編集
とっちーさんへ
走る人は山では あまり見ないのですが・・・・・。
向市場~山住~野鳥の森~水窪ダム~向市場38kを走っている女の人がいると噂を聞いていました。それも一人で。
マラニックの途中、その女性に出会いビックリ(^^)
しんしん 2012/05/28(Mon)23:31:06 編集
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
忍者ブログ [PR]