忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[623]  [622]  [621]  [620]  [618]  [617]  [616]  [615]  [613]  [612]  [611

兵越峠"国盗り公園"での休憩を終え、ここから今回の最大の目的地"このた"までは下り坂が続く。

今まで静岡県側の上りはずいぶん歩いたので長野県側の下りは走っていく。

調子よく走っていくと、ガサガサ・・なんだろうと周りを見渡すと・・・私の走ってくるのに気づいたのかサルの群れが遠くの木の上で私を見ている(r-_-)rジーーー

サルも一匹や二匹は良いがこんなにも沢山では気持ちの悪いものだ。

そんなサルは無視し。また調子よく下っていくと、今まで植林されたスギが多かったのだが途中 景色を遮る木を切ったところが出てくる、眼下には九十九折りの道路が、向かいの断崖絶壁の山は紅葉している。
IMG_1303.jpg




IMG_1302.jpg




この国道152号線を兵越峠から40分くらい下ったところに分岐点がある、ここを下の方に行くと今回の最大の目的地"このた"の村に出るのだ。

今年の紅葉は、例年に比べると色がハッキリしていない、暖冬・最近の異常気象のせいだろうか???

それでも"このた"の村は、何とも言えない故郷の味わいがある村だ。
IMG_1306.jpgIMG_1309.jpg




IMG_1308.jpgIMG_1310.jpg




このた"から民宿"島畑"に抜け、国道152号線に戻る。
IMG_1312.jpgIMG_1313.jpg




ここからは道の駅"遠山郷"までは3㌔だ。

152号線と418号線の合流地点のお店でパンを買う。

ここから道の駅"遠山郷"までは500㍍くらいかな(+o+)
IMG_1314.jpg


 

道の駅"遠山郷"に着いたのが11時40分。ここの観光協会(アンバマイカン)で先ほど買ったパンで昼食、少し休憩を取って12時15分に12㌔先の平岡駅を目指して、また走り始めたのだった。

またまた後半に続く。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
このたという村に
私もしんしんさんがよく行くこのたという村にぜひ行ってみたいです!水窪まで電車で行きそこから「このた」の村そして遠山郷かぐらの湯から平岡まで走るんですね、おサルさんにも会ってみたいです、次また行きますか、いっしょしてください。
うっちゃん 2011/10/31(Mon)23:05:36 編集
reこのたという村に
行きましょう。水窪駅手前の向市場駅ではどうでしょうか?ここから水窪の町を走ってから、兵越峠に挑む(^^)とか。
豊橋を6時発で向市場を8時1分の電車があります。

しんしん 2011/11/01(Tue)05:59:34 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
18 20 22
26 27 28 29
カウンター
忍者ブログ [PR]