忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1404]  [1403]  [1402]  [1401]  [1400]  [1399]  [1398]  [1397]  [1396]  [1395]  [1394

原田橋が崩壊して、その橋を日々の生活に利用していた地元住民は生活に困っている。
そんな佐久間町が、困っている状況をTBSのテレビ「噂の東京マガジン」で放送された。
噂の現場
http://www.tbs.co.jp/uwasa/genba/

その日は仕事だったので録画をして、仕事から帰ってきて観た。
知り合いの人がインタビューされてテレビに出ていた。
原田橋の架け替え工事の話し合いの事は、佐久間町内の噂で聞いてはいたが、こんなことだったのか~。
浜松市側とすれば、人口3千人くらいの小さな町にそんな多くの予算はつけられない。
難しい問題だ。
  


平成の合併があり、
 佐久間町の役場の職員が我が地域に佐久間町が浜松市に合併を決めた経過を説明しに来たとき
静岡市に合併した井川地区の現状を説明し
「やがて佐久間町も、このようになるでしょう」
と話して帰っていった。
今まさに、その職員が説明したようなになったということだ。
大きな市に合併することは、小さなところは相手にされなくなる・・・・・と。

上の写真は、平成の合併で飯田市に吸収された遠山郷をマラニックしているときに撮った写真だ。
飯田市に合併した遠山郷の「和田・小嵐バイパス」の説明だ。
国が進めている三遠南信道、遠山郷の人たちは地域の人で話し合い、
三遠南信道路が地域を通り過ぎる高速道路ではよくないと、遠山郷を貫くバイパスの建設と一緒にしたのだ。

また、その遠山郷は、飯田市に合併するときには、だた合併したのではない。
その前に、合併反対派の人と、賛成派の人との選挙があったと聞く。
そして、合併に賛成した人が勝利し、合併したと聞く。
 


2月25日に書いたブログ
原田橋・・・その後
今、自分はここに暮らしている。
自分の暮らしているところは大事だ、しかし、佐久間町は浜松市になった。
北遠という、一つの緑豊かな郷という考えで行ったほうが良いと思う。
三遠南信道も、川合で国道に下り、佐久間町の中部地区・半場地区・佐久間地区をバイパスで結び、峰トンネルを抜け、城西・水窪と走り青崩れトンネルに入るのが良いのでなないかと思うのです。
また、そういう話を、一部の上の方だけで話すのではなく、多くの人が参加して、ココの未来を話し合うのです。

先日放送された「噂の東京マガジン」を観て。
3月2日(月)
一人で青崩峠を越え、遠山郷・天龍村をマラニックして、こんなことを感じたのであった(^O^)

byしんしん


PS
「噂の東京マガジン」では、~特別募集~→あなたの疑問、身近なニュース、ホットな情報、笑い、怒り、悩みなど、テレビで紹介したい出来事。何でも、お寄せ下さい。ディレクターが飛び上がる情報をお待ちしています。
と、メールで募集をしている。
誰かが、原田橋の問題をメールしたのであろう。
・・・・誰だろう?
また、この「噂の東京マガジン」は噂の!東京マガジン ★2 がある。
掲示板2チャンネルだ。
http://hayabusa2.2ch.net/test/read.cgi/livetbs/1425183131
匿名で言いたい放題呟いている。
ココの佐久間町の人ではないかとの投稿も見受けられる。
匿名・・・恐るべし(≧▽≦)

拍手[7回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
忍者ブログ [PR]