忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[2019]  [2018]  [2017]  [2016]  [2015]  [2014]  [2013]  [2012]  [2011]  [2010]  [2009

1070年(昭和45年)
大阪万博会場におけるライブ会場にて
戦争をしらない子どもたち

戦後25年、戦争は無かった。
そして現在も戦争のない時代が続いている。

理想主義の始まりだ。

理想主義とは、国際協調によって平和を構築しようとする国際関係論における学説を言う。国際社会における道義や倫理、国際法や国際機関を重視し、平和が万国の利益であると考えた。これに基づいて平和教育の推進、不戦条約の締結、国際連盟の創設が行われた。現実主義の対極に位置すると考えられる。
ウィキペディアから

しかし、
日本は平和で良い国かも知れない、けど。
現実問題として、近隣の国から日本の領土を責められている現実がある。
拉致被害者問題も未だ解決していない。
 

日本のトップは今、憲法改正を進めている。

もとのトップが、原子力は悪だとメデアに再登場している。

戦後半世紀以上が経った今、戦争を知らないオジイが大手を振って歩いている。
先進国日本。
自分たちは戦争を知らないまま彼の世に行くだろう。

彼の世→死者の行くとされる世界。来世。 ⇔ この世

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
若者たち へ
日本は、先の敗戦で自存自衛能力を失ってしまいました。
そのため今の日本は他力本願の平和です。

そろそろ、自分たちの平和を取り戻しても良いのではないでしょうか。

急がず慌てず・・・、果てしなく遠い道と思います。

周りの国々や内部からいろいろな圧力や妨害を受けたり、犠牲者が出たり、

それでも歯を食いしばって、次世代の日本のために!

そんなにしてまで・・・

と、思う人もいるかもしれませんがね
ともぞう 2019/02/01(Fri)19:47:37 編集
RE若者たち へ
わたしの叔父は戦争に行って亡くなりました。

城西地区慰霊祭に父親の代わりに行くようになり、その年から城西地区の慰霊祭を解散する話がありました。

忠霊塔も壊され、位牌も魂を抜きその場で焼きました(涙)

日本は平和だけど、その平和な今は、日本のために命を懸けて戦った尊い命があったことを忘れようとしています。

悲しいことですが、そんな人が年配者に多い事実があります。

平和を愛すること。日本を愛すること。

大事です。
しんしん 2019/02/02(Sat)07:38:49 編集
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
18 20 22
26 27 28 29
カウンター
忍者ブログ [PR]