忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[599]  [598]  [597]  [596]  [595]  [594]  [593]  [592]  [591]  [590]  [589

今月の25日(日)に行う、浜松市制100周年事業のときに佐久間町の元気な高齢者夫婦の写真を撮ってきてほしい・・・。

そんな役目を頂いた私は、夏の肺炎にも負けず城西の活動委員○氏さんの所に顔を出したのだった。

○氏さんは用事があり代わりの活動委員の人を紹介されて、伺った高齢者夫婦は○野さん○田さん○原さん。

次の日は野田に行き、次の日は地元、中部と半場を周った。

西渡地区は活動委員○井さんと、西渡地区は山間の地区、車での移動も大変な地区だ○本さんの家は車を置いて歩いて行かなけれまならない、大きい荷物は急傾斜地に設置されたモノレールで運ぶらしい。

○本さんの写真はモノレールに乗った二人を写してきた。

照○さんの家は、急斜面に建てられた懸造(かけづくり)の家だ、そう京都の清水寺のような家なのだ。

地下に降りる階段があり、初めて入った私は興味津々だった。

次の日曜日、また○井さんと待ち合わせ、鮎釣・福沢・和泉・瀬戸と周った。

瀬戸の福○さんの奥さんは私の元住んでいた横吹の隣のオジサンの妹だそうだ。

福沢の長○川さんの奥さんは「あんた見たことがある」なんて言ってくれた。

鮎釣の藤○さんは帰るときにピーマンを持ってきてくれた。

和泉の横○さんは竜頭山をバックに写真を撮った。

私が今回写真を撮ったのは30組、他は別の活動委員が行くそうだ。

今回、何かの縁で出会った佐久間の高齢者夫婦、深く刻まれた皺での笑顔が何とも哀愁を感じるのであった。

今日は、そんな夫婦に残暑お見舞いを書いていた、

残暑お見舞い申し上げます。

先日、「NPOがんばらまいか佐久間」での佐久間元気な高齢者写真撮影 ありがとうございまいました。
この写真は、9月25日(日)上市場で開催される「浜松市制100周年事業」そばの白花で記載しますので、是非見に来てください。

                                                                                  2011年 初秋

長生き万歳、佐久間万歳(^^V

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3
10
14 15 16
20 25
26 27 28 29 30
カウンター
忍者ブログ [PR]