忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1297]  [1296]  [1295]  [1294]  [1293]  [1292]  [1291]  [1290]  [1289]  [1288]  [1287

NPOの会合でNPOの活動の事を話しているときに。
ある、理事の人が、
「シンマ君もブログを書いていて・・・・」
そのようなことを言った。
他の理事が
「そんなものパソコンで批判的なことを言っているだけでしょ!」
と言った人もいた。
NPOがんばらまいか佐久間には12名の理事がいる。
様々な人がいる。分かってくれる人、批判的な人、活動には顔も出さなく・・・名前だけ理事な人。

2013年10月11日に私の書いたブログ。
「緑のふるさと協力隊」

二年前、佐久間町には高橋君という「ふるさと協力隊」が来た
高橋君とは、一緒に竜頭山に登ったりし、話したりした。
高橋君は北海道生まれ、東京で働いていて自分の働く意味、都会の雑踏の中での暮らしに疑問を感じていたという。
そんな時に「NPO地球緑化センター」の募集に出会い、応募して佐久間町に来たそうだ。
高橋君は頭もよく、性格もよく、佐久間町のいろいな人の話を聞き町に馴染もうとしていた。


2013年の秋、事務の人が交通事故に遭い、今まで話しずらかったことを聞いてみた。
「佐久間町にも若い人を雇うことを考えてほしい」
そんな時に、他の多くの人から
「こんなところに若い人が来るわけがないジャンカイネ~」
と言われ悲しくなった。

その夜、高橋君を派遣した地球緑化センターのホームページを見てメールを送った。
そして次の夕方、地球緑化センターの理事長と言われる人から電話があった。
「佐久間町は浜松市だから、、、難しいところがある、、、と」
「来年から浜松市は浜松市独自の地域おこしをやる」とも言っていた。

そしてその年の終わりに佐久間に地域おこし協力隊が来ると新聞に記載されました。
「地域おこし協力隊」2014年2月28日


「備忘録なう。 」2013年11月14日
自分が今、ブログを書いている意味、他の理事が言ったあの言葉。
「そんなものパソコンで批判的なことを言っているだけでしょ!」
私の場合、自分の過去を振り返るときにこのツールはいいと思っている。
あの時、自分はこんなことを感じていたんだな~、とか。
そう備忘録として。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3
10
14 15 16
20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
忍者ブログ [PR]