忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[777]  [776]  [775]  [774]  [773]  [772]  [771]  [770]  [769]  [768]  [767

2010年から「がんばらまいか佐久間」ではそばのオーナー制度を始めた。
ぞばのオーナ制度とは↓
http://www.npo-sakuma.net/subpageH.html
浦川の上市場地区に900坪の耕作地を借り受け、地域おこし活動委員会・女性活動委員会と連携し始まった。
このそばのオーナー制度を行うために新たな委員会「交流住居モデル事業検討委員会」がこの時に出来たのだ。
私は誰に誘われたのか、当時からこの事業に参加している。

この「交流住居モデル事業検討委員会」は、どうしてできたのだろう。
ある人が、こんな事業がどうだろう???っと提案し、がんばらまいか佐久間の理事会に掛け理事の人に承認してもらい事業が誕生したのだろう。

私は、ただの活動委員、理事たちが承認した活動を手伝うだけだ。

佐久間町が浜松市に合併して7年・・・NPOがんばらまいか佐久間が出来て7年、これからもこの地域に暮らし続けて行こうと思っている私は、微力ではあるがこの活動を手伝っていこうと思っている。

佐久間だけではなく、浜松市に合併し過疎が益々進んだ山間部の暮らしのために。

PS
「NPOがんばらまいか佐久間」活動委員の私は、この活動をボランティア活動として行っています。
ボランティアとは↓
http://www1.tst.ne.jp/wakaba/guide/bora/bora1.htm
最近のこの活動の動きを見ると、参加してくれる人がいないから・・・手当を・・云々・・と言う話が出ていることに疑問を感じます。

byしんしん(^^v

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 12 14 15
18 19 20
23 26 27 28 29
30
カウンター
忍者ブログ [PR]