忍者ブログ
平成の合併が過ぎ、今私はここで暮らしている。 ほくえんの風を 身体中に感じながら。
[1702]  [1701]  [1700]  [1699]  [1698]  [1697]  [1696]  [1695]  [1694]  [1693]  [1692

北遠駅伝の思い出。。。

むかし、むかし、私がフジユニバンス水窪事業所で働いていた頃。
北遠駅伝は1月に開催だった。
コースも、今とは大分違っていた。
一区(役場前から西浦の途中島まで)
二区(途中島から池島まで)
三区(池島から途中島まで)
四区(途中島から平沢文具店前)
五区(平沢文具店から向外戸)
六区(向外戸から役場前)
だった。
私は毎回、二区だった。
どうしてかな~。

一区は、今の水窪協働センターより城西よりの警察署横に役場は有り、そこがスタート地点。
走りだして、平坦なのはバイパスのわずかな所だけ、西浦に向かって登りの連続である。
途中島まではクニャクニャの曲がり道ばかり、それも上り坂。。。
私は二区で、そんな一区を走っている人を何人も見てきた。
トップで来た選手は、ガッツポーズで次の選手にタスキ渡しをしたが。
後の選手は満身創痍で倒れ込んでいる人が多かった。

我がチーム(フジユ二バンス水窪事業所)は、その過酷な一区の選手は毎年決まっていた、それは長尾の清さん。
私は何時もその清さんからタスキをもらっていた。
二区のコースは、ここも一区に負けず劣らずに上りのコースだ。
水窪でも奥の方だから、応援もかなりまばら
自分にとってはあんきで気に入っていた。

二区だから、早く走り終わり、チームの車に乗って自分のチームを応援しに行こうと話があり。
西浦方面から小畑の商店街に行こうと話が出たとき。
商店街の応援の凄さに驚いた(*'▽')
両脇に応援する人たちが大勢いて、今にも手が触れんばかりの声援だった。

今回の北遠駅伝。。。

今回、メンバーを集めるのに苦労した。
去年まで走っていたメンバーに連絡するも、用事ができて走れない人や、身体の調子がイマイチな人。
そこで、職場でお世話になっている人に、迷惑を承知で聞いてみたら、
軽くokしてくれた。
また、遠くは長野県塩尻のラン友達にも連絡して、来てもらった。

メンバーが集まらないと走れない。
一人ひとりの協力があって、感動のゴールがある。
今回も、なんとか北遠駅伝を参加して完走することができた。
良かった良かった。
(記録とか順位は聞かないでネ。私二区からのタスキ渡しのときは最下位でした)
最後尾の車に後ろから追っかけられて走るのは初体験でした(^O^)/
ゴールのときは最後尾ではなかったョ。
三区からの選手が頑張ってくれたのだ。。。

チームメートや大会関係者の皆様。
本当に
ありがとうございました。
byしんしん

拍手[6回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
駅伝お疲れ様でした。後ろに救護車をひかえて大変でしたね。ラストは八幡若連のメンバーでした。応援は毎年たのしみでしてますが、我が家の前は4回も選手が入れ替わり通ってくれるので、応援のし甲斐があります。
吾亦紅 2017/02/13(Mon)13:51:07 編集
久しぶりです(^O^)/
吾亦紅さん
お久しぶりです。。。
最後尾で救護車の前を走るという人生初の経験をさせていただきました。
次は天龍村の梅花駅伝です。
と言っても私は監督で補欠です。
帰りの電車でビールを飲むのを楽しみにしています(^O^)/
しんしん 2017/02/15(Wed)22:21:45 編集
プロフィール
HN:
しんしん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/02/20
趣味:
走ること・空手・詩吟
自己紹介:
12市町村が合併して出来た新浜松市
そこは政令指定都市になった。
その都市の北の隅っこ山間部に佐久間町に暮らしています。
当時、合併の説明に、佐久間町の役場の職員が私の地域に説明に来た。
静岡市に合併した井川地区を例にとり
「佐久間町もイズレ井川地区のようになるでしょう」
と、他人事のように言っていた。
これから私の暮らす佐久間町はどの様になっていくのだろう。
そんな寂しい気持ちでいたころ、ウルトラマラソンを走る人に出会い、
「遠い未来を憂い悲しむより、今を楽しもう」
そんな気持ちになり、自分で北遠でマラニックを企画するようになった。

合併して10年がたった。
当時立ち上げたNPO「がんばらまいか佐久間」元佐久間町の議員が頑張っている姿を見て感動した。
9年間その活動に協力したが、理事たちの夢や希望のない言葉に失望して今は水窪のNPO「山に生きる会」に参加させてもらっている。


袖振り合うも他生の縁
こらからも、偶然でほんのささやかな出会いを大切に、人との絆を大切に、残された人生を歩んでいきたいと思う。
「お金ではなく人の出会いででっかく生きろ」
中村文昭さんYouToube
https://www.youtube.com/watch?v=3myR2kVJ3ns

”しんしん”55歳  
2015/11/25現在。。。
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3
10
14 15 16
20 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
忍者ブログ [PR]